Fairy Tail

2018種目別選手権@高崎

行ってきました^^2年ぶりの種目別を観戦しに猛暑に近い群馬県高崎へ

選手の皆さま、ファン及び関係者の皆さま、熱い闘いの2日間お疲れさまでした。
会場でお会いできた皆様、ありがとうございました。感謝!です。

いや~、色々と想定外のドラマ盛りだくさん&終了翌日、まさかのニュースにビックリ
対象の選手や所属先も複雑な気分でしょうね…。

第18回アジア競技大会日本代表選考資料作成において、手順ミスによるチーム得点算出の説明資料

pdfが開きます

世界選の残り3名の選考は種目別の予選決勝まで含めた5試合なのに、アジア代表選考は
N杯までの3試合のみ対象って、もうそこで「何で?」
アジアだって種目別あるでしょうに?と思うのが普通。誰か教えて。。。

まあAA代表がN杯上位2名、アジアは世界選入りを除くN杯順位の上から3名。
微妙に違う分、選考方法を変えたのか…。なかなか難しい。

平行棒が終了してラストの鉄棒決勝エントリーの選手が場内へ入って来た時、
たまたま本部席に居た寿思監督を見たら頭、抱えてました^^;

各種目の選手入場時、毎回席から立ち上がって迎えていたのに、鉄棒の時は
手元の資料に目が行き、それどころじゃなかったのかもしれない。
最後の5人目は谷川兄弟の争いだったそうなので、翔選手の当落が出た直後か?

萱選手があん馬の演技が全部終了した時からガッツポーズを何度も見せつけ、笑顔で
退場して行ったのも翔くんが失敗した事で自身の貢献ポイントを把握していたのか?

ポディウム上だけでなく会場内、色々なシーンを見ていると後で納得する事が多い。
生観戦、別な部分の醍醐味ですね。

また時間を作りながら振り返りたいと思います。

一番印象に残ったのは跳馬のワン・ツーを獲った大学生コンビ!!!

米倉英信選手のロペスハーフと長谷川瑞樹選手のヤン・ハクソン!!!Dスコア6.0
凄すぎました~~。お二人とも高校時代からロペスもヨーⅡも楽々と跳んでて。。。
大学に入って更に進化!米倉くんには是非共世界の舞台で成功させてヨネクラを!

ただ、予選の着地で怪我リタイアした選手達の事を想うと・・・たいした事なければいいのですが。
跳馬のアクシデントは本当にやっかいです。どうぞくれぐれもお気をつけて。

COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)