Fairy Tail

ロンドン世陸。。。


2年に一度の世界選手権、終わってしまいましたね…。まさかの結末、ありえないシナリオで。

大会前にこんな予想をしたら笑って一蹴されるくらい、突きつけられた厳しい現実に加え
日本陸上界に山積みされた課題、そして王者ボルトの切ない最期にはホロリとさせられました。

色々な競技でこころ躍る展開、世界最高峰のトラック&フィールド&ロード種目に一喜一憂した
10日間でした。織田さん&中井さんの、陸上を愛して止まない高値安定なナビゲーション。

そして、解説される先生方の的確な言葉の選択や技術的&精神面から各選手を讃える評価には
何度も頷かされました。特に投擲種目の小山先生!関カレや日本選手権でも毎年お馴染みでして
本当に色々な意味で勉強になります。今年から中距離種目担当になった横田さんも、ついこの間まで
現役だったのでレース中の心境の移り変わりなど、独特な解説で今後も楽しみです。
短距離種目の朝原さん、四継が決勝進出した直後の「あ~、ヨカッタ・・・」はまさしくファン目線^^

それにしても世界のトップレベルを目の当たりにして、スプリント系は何とか食らいつけたけれど
400Mから10000Mのトラック種目、フィールド種目は予選突破どころか同じスタートラインに立つ
だけで精いっぱいな日本勢。中国はフィールド内で頑張っていましたね。日本も室伏さんのような
存在感のあるスター選手の出現が待たれます。どこ行っちゃった?な若手選手、頑張れ!

50Km競歩のW表彰台はお見事でした!が、その後の20Kmがもうひとつで残念。
お家芸だったマラソンもアフリカ勢に大きく水を開けられ、選考レースの在り方に何度も疑問符がつく
昨今の長距離界。ポテンシャルの高い選手はたくさんいるのに歯痒い現実が悲しい。。。

今大会、女子の三障でのハプニングを乗り越えた表彰台&男子10000Mのファラー包囲網が一番
印象に残りました。特に10000M!長距離ファンとしてあのようなレースを日本選手権で観てみたい!
きっと観ていた現役選手も憧れたであろう、超高速&ドラマティックな展開!切なる願いです。

2年に一度の世陸。2019年はカタールのドーハで開催されます。翌年に控えた東京五輪の前哨戦。
今現在芽吹いている新しい力に期待します、地元五輪で活躍できる足掛かりとなりますように。

選手及び関係者の皆さま、応援された陸上ファンの皆さま、お疲れさまでした。

COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)