Fairy Tail

自分の演技をすることに集中した


タイトルは予選を一位通過した直後の千葉健太選手のコメントより。

   

お写真は朝日新聞さんからお借りしました。平行棒のバブサー!高さ&飛距離&優雅さ!
目を見張る美しい捌きでした。身体つきもシニアらしくなってきてキレッ切れでしたね。

ゆかでは短い助走で後4回ひねり!フワッとした高さ&着地。あん馬でブスナリ、吊り輪で中水平。
体線の美しさに惚れボレ。全種目とにかく頼もしい内容でした。

鹿島氏も期待「内村に近いオールラウンダー」 ↓コピペして読んでください

http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/04/08/kiji/20170408s00067000129000c.html

NHKの解説をされていた鹿島さんの後輩(清風高→順大)あん馬が得意なところも一緒ですね。
演技スタイルも似ています。複数の関係者の方からお話を伺うと試技会では常にトップの得点で
調子の良さが際立っていたようです。一位通過も想定内だったのかもしれませんね。

吊り輪はまだこれからですが他5種目、苦手がなく減点の少ない安定した演技が持ち味。
場内速報の順位はⅡ班内では常に上位にあって唯一の86点台。驚かされました。

今大会、種目別トライアルの平行棒に出場した清風中の北園選手のように、早くからあん馬で
全日本のポディウムに登場してて、小学生??のようだった身長&体型の頃から観てきたので
ここまで大きく成長された姿が本当に感慨深いです。

決勝は初の1組、初のTV。初めてづくしで緊張も見え隠れしてましたが崩れる事なく粘ってて
でも平行棒の前振りハーフでまさかの落下。普段ならミスなどしないワザに落とし穴が…

順位は後退してしまいましたがまだまだ!上位は狙える位置です。好調をこのままキープして
勢いそのままNHK杯で再度輝いて欲しいですね。

つづく。。。

COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)