Fairy Tail

2016全日本団体選手権、6-3-3制の恐ろしさ!


  aflo_qdwa_161113_0002 (1280x853) 協会HPより

男子団体戦、観戦して来ました。

いや~~~、凄かったです^^Ⅰ班のジュニア選手がシニア顔負けの演技で存在感を示し
Ⅱ班に至っては、ローテが変わる度に順位が僅差でコロコロ入れ替わる熾烈な争い!

予選をなくしてシード扱いも無し。出場チームを増やして2班に分かれての一発勝負。
世界王者が欠場ということで複数のオリンピアンはいるけれど、アドバンテージがほぼ無くなった
コナミ。どこのチームにも優勝の可能性がありました。

明暗を分けたのはやはり大過失ひとつの差だったように思います。

一番の驚きは朝日生命3位入賞(^^)

今シーズン、筑波大から榊原選手、順大から市瀬選手が入部したことで、一枚足りない種目が
バックアップされ各選手が適材適所に配置され、ほぼノーミスの6種目。

特に最終種目の吊り輪では市瀬長野岡村という15点近くを望める選手が実力を
目いっぱい発揮!44.900得点を上げて徳洲会を逆転!コナミと同点3位表彰台へ。

朝日は鉄棒の得点も全チームの1位で(44.800)足を引っ張る種目がなく、エースの山本翔一選手が
地味ながらも、ポイントとなる種目で確実に高得点をGetしたのが効きました。年齢を重ねるごとに
進化している演技内容、努力の賜物ですね。いつ観ても美しい体線は器具の上で異彩を放っています。

本当に、大健闘な試合内容でした。素晴らしい!!改めて、銅メダル獲得おめでとうございます。

優勝順天堂大学!4年ぶりの全日本団体金メダルで感慨もひとしおです。
世選代表メンバーはいるけれど、オリンピアンは誰もいない学生チーム。

4年前は凌平選手が1年生で、ロンドンを経験して急成長!笙吾選手と共にメンバーを引っ張って
常勝コナミに真っ向勝負!勝ち切った試合は今でも強烈に印象に残っています。

今年もオールラウンダーの早坂選手を中心とした若いチームで。4年生は得意の一種目を
任されて後輩を鼓舞。スタートのゆかで一人、躓いてしまいましたが他2人がきっちりまとめる。
インカレでは我慢の種目だったあん馬と吊り輪を最高のカタチで凌いでラストの鉄棒まで突っ走る!

選手、少々取りこぼした種目があり責任を感じてか得点掲示を待っている間は半泣き状態で必死に
お祈り。。。気持ちわかるわ~。オーラス日体大の健三選手の床得点が出たところで日本体育大学の
名前の横に(2)が映し出されて順大優勝が決定!瞬間、歓喜の円陣でした~~~おめでとう!

2位日体大とは僅か0.050点差!終わってみればなんと
1.100点の間に5チームがひしめく大混戦

たら。れば。

言い出したらキリがありませんが戦前の予想通り、どこにも優勝のチャンスがあったことは間違いない。
0.1点の重み。大過失ひとつの悔しさ。この試合を経験してまた、新たな目標ができた事と思います。

全ての選手&関係者を讃えます!体操ニッポンだからこそ最高レベルで演じられた激戦の団体戦。
感動をありがとうございました。オフシーズンになりますが、暫くこの余韻に浸っていられそう^^
終わったばかりだけど今から来秋の全日団体がホント、待ち遠しいです♪

そういえば、代々木で開催される体操の大会はしばらくお休みですね。来年の主要大会は
東体と高崎アリーナで行われます。体操競技の聖地、代々木で再び試合が開催される時にまた
新戦力がたくさんお目見えしている事を、心より祈っております。

団体戦の感想、もう少し書きますよ~。

COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)