Fairy Tail

雨の中の決戦…


2日間、雨に見舞われた瑞穂でしたが最終日はお天気になりそうですね。

先ずは男子10000Mでショッキングな光景
設楽啓太選手が半分も行かない段階で周回遅れとなってしまう。
母校の東洋大で調整していると訊き、不調の原因を何とか打破しようとしていたのか…?
弟の悠太くんは3位に食い込むも、代表に選ばれるかは厳しい立ち位置。

優勝した大迫、ずっと2位が続いていて本当に・・「やっと」の言葉は感無量でしょうね。
表情が全く変わらず、余裕を持たせたストライドでロングスパート。お見事でした。
五輪代表内定、おめでとう!

大迫、悠太、村山謙太の3人が凌ぎを削る姿、紛れもなく!近年の箱根強豪国のエースが
日本一目指して命、懸けていました。

2周目辺りに上野選手がトップに立って後輩エースくん達を引き連れて走る姿も感慨深い。
村澤早川も頑張ってた!各世代の、それぞれの大学のエースがそこにいました。
そして旭化成メンバーの充実ぶり。あと、住友電工勢も多種目まんべんなく決勝にコマを
進めていて勢いがあるなぁと感心。

100Mはケンブリッジ飛鳥選手優勝!
スタートからフィニッシュまで完璧に走った山縣選手を0.01秒差でかわした勝負強さに拍手!
山縣、悔しい2位。そして桐生選手は走っている最中にどこか痛めた??

それにしても短距離走のフォームは美しい^^とりわけ山縣選手の股関節の動かし方!
美しくて力強くて速い!どことなく体操競技にも通じるものがあります。

レベルの高いレースでした。ケンブリッジ選手、高校時代の走りが強烈に印象に残っていて
個人種目より4継の2走で爆走していたイメージ。東京高校、ホント強かったです。

日大時代は怪我もあったりで、このまま埋もれちゃうのかな?と思っていたところで去年の
織田記念で桐生くんを破って注目され、今年社会人になって大ブレイク!大学時代、あまり
消耗しなかった事が今後に活かせるといいですね。

あと男子400Mで早稲田の修也選手が45秒台で2位に入ったことが嬉しい♪
もしかしたらマイルのメンバーに選ばれるかもしれない?五輪、行けますように。
去年一年間、本当に苦しんでいたから今季の復活が尚の事、嬉しいです。

優勝した東洋大のウォルシュ・ジュリアン選手。伸び盛りの19歳は大舞台で参加標準記録突破!
こちらも勝負強い!11連覇中の金丸選手の牙城を崩して新チャンピオンに^^
体操の健三選手と同世代。まだまだ本番まで大きくステップアップしそうですね。

ケンブリッジもジュリアン選手もお父様がジャマイカ人。昨今、スポーツ界は混血選手の
活躍が目立っていますが陸上競技も流れに乗っています。お二人とも2~3歳の頃から
日本で暮らしているそうです。物心ついた時から既に日本人ですね。

明日は男子200Mと5000M。良いコンディションで競い合えますように。

COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)