Fairy Tail

2016全日本個人総合 明暗分かれる…


N杯まで10日を切りましたね。選手の皆さま、怪我なく体調万全に臨めますように。

そう、私事ですが最近プチ嬉しいことがありまして^^

ヨガのアーサナにヘッドスタンド(三点倒立)があるのですが、やっとこさ練習の成果が出て
爪先まで姿勢真っ直ぐに立てるようになりました~。逆転のポーズは内臓を元の位置に
戻す効果もあり、身を委ねてしばらくの間(3分程)集中していると血液の循環も良くなり
頭もさっぱり!ハーフベントという、腰から直角に曲げて爪先真っ直ぐキープも難なくクリア。

体操競技では基本中の基本である伸肘倒立(ハンドスタンド)・・・。
ヨガでは上級者レベルのアーサナです。まだまだ道半ばですが、いつの日かできるように
まずは三点からコツコツと体幹力アップです。

そうそう、体操選手のユニ姿を間近でご覧になったこと、ありますか?
上半身の頑固さ&厚みに比べてウエスト部分の何と細いこと!
「内臓、どこにいっちゃったんだろ?」ってくらい細いですよね~。
胃下垂の選手なんていないんだろうね^^;

加えて、以前にも書いたことありますが。

倒立姿勢で脚のラインが一番美しいと思う現役選手はコナミの今井選手ですね。
今回も予選落ちしてしまいましたが毎年、全シニアで復活→春先停滞が続いているので
現状打破&ワンランク上を目指して頑張ってほしいです。

そしてもうひとり、仙台大学の丁子(ようろご)選手も今井くんに負けず劣らず美しい!
鉄棒の車輪や平行棒の倒立などキラキラしてて、練習段階から見惚れてしまいますね。

一昨年から仙大の主力として活躍、観る度に意識の高さと成長が伺える選手です。
ワザの華やかさ、難度の高さなどの話題性はさておいて、日本が誇る「美しい体操」を
キッチリ貫いている選手を応援していきたいなと思っています。

さてさて。

今大会、予選上位→決勝撃沈な選手、予選撃沈→決勝上位な選手。
何人かが極端な結果になってしまう中、予選の得点は関係なくなる後者の選手はラッキー

決勝復活組は山室選手、開人選手辺りでしょうか。

開人くん、予選は撃沈ってほどでもなかったかな。
あん馬で落下があって、それでも14.450獲得してるのでもったいなかったです。鉄棒もカッシーナを
美しく捌いて華やかに^^予選の得点はちょっと辛かった。決勝は6種目、安定してましたね。
決勝7位って過去最高順位じゃなかろうか??飛躍するチャンス、活かせます様に。

山室くんは予選の平行棒辺りから雲行き怪しくなり、ゆかはほぼ全ての着地が潰れてしまう。
12点台という信じられない得点に「予選、通るの??」と、ファンの間で不穏な空気が。
ブービー1歩手前の33位でギリ通過!打って変わって決勝は堅実な演技で9位につける。
怪我等心配されましたが、何ともなかったようで安心しました。山室くんらしい復活劇^^

佑典選手。
予選も決勝もゆかスタートの正ローテで、跳馬までの4種目は息をひそめて二桁順位を
ウロウロ。平行棒&鉄棒で16点に届く得点をGet!捲くり上げて上位につける佑典クオリティ。
特に決勝はあん馬で落下してしまい、跳馬終わっても20位辺りにひっそり隠れていまして。

ラスト2種目の平鉄で16点出して決勝は6位。毎度、終盤での驚異的な追い込みはお見事。
15点台半ば以上の高得点を出せる種目を複数持っている選手は侮れませんね。

急ぎ足で明日も続けて行きます。

COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)