Fairy Tail

2016全日本個人総合 謎の失速&不調?


ソメイヨシノも散り始め、次は八重桜。藤やハナミズキも咲き始めていますね。
今はチューリップが身頃です。ハッキリした鮮やかな色彩が花壇を飾っていますね。
自宅の庭では牡丹とカイドウが満開!あとで写真アップします^^

全日本から一週間。記憶もあやふやですが思い出しながら…。

4年前の五輪選考会・・・あと一歩のところで届かなかったロンドンへの切符。

今度こそ!と計り知れない強い想いを込めて挑んだ全日本予選は、ゆか、あん馬
吊り輪のDスコアを上げて、ゆかの最初のシリーズ、後3回半の着地がコントロールできず
手を付くミスがあった以外は概ね、想定通りの内容&得点(89.100)をあげて3位通過。

大過失ひとつでトップとは0.700差、野々村笙吾選手の再度の挑戦は順調にスタート。。。

したのも束の間、決勝での6種目の動きは思い描く表現からはほど遠く、小さく縮こまり
個人総合枠で代表入りを狙うには不可能な順位まで下げてしまいました(涙)

最初のゆか、予選の失敗からか去年までの構成に変えてきた辺りから不安な予感が…。
調子が良ければ失敗したシリーズ、もう一度果敢に挑戦してこそ!のトップ争いなのに。

あん馬は落下寸前になって新しく入れてきたロスを抜いたり?吊り輪は最後、苦しくなって
上げてきた降りワザの難度を戻してしまう。跳馬は捻りの回転がユルユルで尻もち、平鉄共に
何となくぎこちない動きでまさか、、、まさかな結果に。

怪我とか痛みがあったわけではなく、心身のバランスが崩れてしまっていたように見えました。

一番大事なところで代表権争いから大きく後退してしまいましたが、12位までは僅か0.800差。
選考基準を満たす順位に届く可能性は、まだ残されているので最後まで決して諦めることなく
とにかく上を目指してN杯での巻き返しを願うばかりです。

先シーズンはユニバーシアード・アジア選手権・世界選手権の団体戦金メダルを3個も獲得!
国内主要大会は全て出場といったフル回転&タフっぷりを見せ付けていた早坂尚人選手。
予選&決勝共にスコアを伸すことができず、上位浮上ならず。

去年、大きく飛躍したあん馬と吊り輪でもがいていたのが気になりました。こう、いつも
試合の中で気持ちを奮い立たせて乗っていくタイプなのに、最後まで苦しい展開に。

疲労が完全に抜けきれていないところでワザの修正が上手くいかず、自信が持てない中での
不安な気持ちがミスにつながってしまう・・・という悪循環のように見えました。。現状をとにかく
打破して、もう一度切り替えて頑張って欲しいです。

ファンや関係者の注目度がとても高いお二人です。N杯はもちろん、その先の種目別選手権で
もう一度、しっかりと存在をアピールできますように。

COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)