Fairy Tail

2016全日本個人総合 お疲れさまでした。


五輪yearの幕開け、代表選考会が始まりました。
個人総合に種目別トライアル。
3日間に携わった全ての選手及び関係者の皆さま、お疲れさまでした。
会場でお会いできた皆さま、ありがとうございました。ご馳走さまでした(^^)

NHKの動画と記事がアップされています。

     体操全日本選手権 男子は内村が9連覇

内村航平選手、全日本9連覇おめでとうございます。9回とも全て生観戦で見届けてます。

が、一番印象に残っているのは9回以前の優勝。大学1年時の北九州インカレ@2007です^^
キタキューの天井に届きそうなコバチの高さ!あの手放しワザに、無限大に拡がる計り知れない
可能性が秘められていたんだなと・・・今、しみじみと思い出されます。

今大会は代表内定選手の特例で決勝からの参戦。正ローテのゆかからでしたが着地が微妙に
まらず、次のあん馬は滞りなくしく、吊り輪はホン転逆上がり倒立が反って静止が
跳馬のリ・シャオペンは前のめりお手付き、平行棒ではマクーツで足首がバーにれるも
ラストの鉄棒は圧巻の演技。全ての手放しワザを絶妙の位置で掴み、その度に会場に
歓声が沸き上がる!

シュタルダー跳び1回半の角度がちょっとアレだった以外は着地まで完璧に決めました!
絵に描いたようなオーラスに会場の拍手がしばらく鳴り止みませんでしたね。
複数の中過失があっても2位以下を1点以上も引き離す91点超え。
まだまだ、銀河系の世界からなかなか地上に降りてきてはくれません。

絶対王者も優勝インタヴューでは反省の言葉ばかり…。他競技で五輪内定が決まっている選手が
どうピークを持っていけばいいのか?初めての事に心技体を崩して、もがている話しなどを聞くと
航平くんの鋼(ハガネ)のようなメンタルの強さに改めて感服してしまいます。

彼に続くAA代表が決まるNHK杯。きっと今回のミスを修復し、本番に備えてきっちりと
仕上げてきてくれると思います。五輪前に6種目を国内でお披露目する最後の舞台。
キレッ切れの演技を期待しています。

2位白井健三選手!去年の世界選、AAで輝いている先輩や同期の姿をスタンドで眩しそうに
羨ましそうに見ていた彼が有限実行!4種目終わった時点でけっこう上の順位にいたので
「これ、鉄棒を無難に通してラスト床の銀河点を加えれば90点近く行くんちゃう???」と^^;

    「練習では、きょうぐらいの内容の演技ができていたので、結果には驚いたが、
    内容には驚いていない。順位よりも自分の演技を出し切れたことがうれしい


高校3年時から少しずつAAの順位が上がっていて、あん馬・吊り輪・鉄棒を凌いで残り3種目。
15点台16点台が出る種目を3つ持っていることで相殺され、いいとこまで行けるかもしれない。
でも、なかなかそう上手くは事が運ばない・・・。それでも彼はやり遂げてしまいました。
恐れ入りました。益々自信を深めていく健三くん、N杯も大いに期待できますね。

3位加藤凌平選手。予選から定番の「ミスター安定感」^^鉄棒は難度を大幅に上げて尚且つ
丁寧で美しい捌きに驚かされました。床も跳馬も足の状態が8割とは思えない着地の上手さ。
失敗する気配がなかった彼も唯一、決勝の鉄棒で組み合わせが取れなかった箇所がひとつ
だけ。それでも15.000ですから後退することなく、でも2位キープから3位になってしまったのは
悔しいかな…。健三くんとは僅か0.300の差なのでN杯で充分巻き返しできますね。


色々と、想う事&驚いた事&悔しい事が多くあった大会でした。。。
また明日、書き止めます。

COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)