Fairy Tail

新ワザブーム?!


ちょと乗り遅れました。健三選手が昨年末の豊田国際でお披露目した
伸身リ・ジョンソンが「シライ3」と命名、認定されました^^

   DSCF2971 (1024x932)

写真がカラーじゃないのが残念です。会場はスカイホール豊田ですね。
「後方伸身2回宙3回ひねり」・・・抱え込みで行うのも至難なワザを伸身姿勢で!!!

健三くんのゆかは助走から他の選手とは違うかなぁと、いつも思います。
踏みしめられる足の裏で、蹴り上げるゆかからのパワーを徐々に集めていく感じ。
音も独特ですよね。今度、是非ナマで聴いてみてください。
シライ3という跳躍はアプローチから始まっています。

同時に山室選手の棒下マクーツも「ヤマムロ」と認定されました。

こちらは去年夏のアジア選手権で成功したワザ。それまでは国内の大会で見せてくれて
いました。振りあがりではなく逆懸垂からのマクーツ。矢内氏の記事では足を負傷して
いた為、着地を伴わない練習に力を注いでいた間に習得したそうです。

シライ3、ヤマムロ、ツカハラ3…新技ブームなぜ?  written by 矢内由美子

   大けがにも心を折らずに、次なる戦いを見据えて這い上がってきた男は
   「自分の名前がついた技がG難度という高難度に認定されたことを光栄に思う。
   この先も格下げにならずに高難度のまま残って欲しい」と力強く言った。


シライ3はH難度(0.8点)ヤマムロはG難度(0.7点)
数すくない高難度ワザに日本人の名前がいくつも付くのは本当に誇りですね。
認定対象の条件を満たす大会が増加したことも新ワザブームの追い風になっています。

昨年から
   「FIGに申請されている国際大会であり、なおかつその場にFIG技術委員会の
   メンバーが大会役員として参加していれば認定の対象になる」と規約が改正


気になるところの世界王者は、、、「今はそれどころじゃない!」^^;
とにかく今はリオ五輪に集中するのみですね。ファンが待ち望む「ウチムラ」は、今後の
楽しみのひとつとして、ゆっくりまったり期待して行きましょう。

記事内にアップされている写真、選手の御家族が作った応援グッズ。
可愛い体操キューピーが6個、愛情いっぱい詰まった応援で獲得した世界選金メダル。
次の舞台、五輪でも金奪取の縁起モノとしてスタンドで見守られていることでしょうね。

   キューピー (768x426)

COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)