Fairy Tail

続・2015インカレ@リージョンプラザ上越 男子団体 


もう1ヶ月前・・・いや、まだ1ヶ月とちょっとしか経ってない?
その間に3大会も生観戦したので、この1ヶ月間は長かったような。。。

今回のインカレで競技を引退してしまう選手、成績次第で来年の所属先が決まる選手
既に内定をもらっている選手など、それぞれの立ち位置がある中で、初日は来年の
全日本個人総合の出場が決まる大事な試合でもあります。加えて団体メンバーとしたら
ライバル校に負けられないプレッシャーも懸かってきます。

どの学生スポーツにも言えますがやはり、最上級生がしっかり土台を支えているチームは強い!

今年はプラチナ世代の最後のインカレ。出場が叶わなかった4年生もいましたが皆、自チームを
演技で引っ張る頼もしい存在になっていました。ついこの間、一関インハイの最終班の演技を
観て、大きく感銘を受けた選手の皆さんが既に大4。。。来年は社会人になってしまいます。

4年生それぞれの進路先もほぼ決まり、新しい練習環境&新しい仲間と共に、目標に向かう
日々の練習が待っています。残り少ない学生生活、思う存分謳歌してもらいたいなと思います。


     line-clover1-f.gif

団体戦、途中からもう一度振り返ると・・・

出だしで躓いた順大は3種目めの跳馬、ロペス1人、ドリッグスを4人が成功して応援団もやっと
活気づく(^^逆に日体の応援団の声が、このヘンから次第に小さくフェードアウト気味に…。

日体大、4種目めのあん馬でポイントゲッターの岡選手が落下。長谷川選手が踏ん張るも他4名
あまり得意としてない種目で得点が伸びず、ここで平行棒で軒並み高得点を連発した順大に
一気にかわされてしまう。

日体、次の吊り輪は何とか耐えてラストの跳馬!長谷川選手がここは棄権なので、他5名の
得点が全部カウントされることに。失敗は許されない中、健三選手はシライ/キム 岡選手は
ロペスを決めるも二名が撃沈、、、そのうちの一人の得点が12点台となってしまい万事休す。

順大は平鉄床と続いた後半、全く崩れることなく終わってみれば5点以上の差をつけて
2年ぶり優勝!最初はどうなることかと思いましたが仲間を信じて、ひとつひとつ丁寧に
演技を積み重ねて行った各選手、それぞれのポテンシャルの高さを見せつけての勝利でした。

順大、去年のリベンジ叶いました!去年は…応援団への挨拶もそこそこに、見えない場所で
号泣していた選手の皆さん今年は誰もが笑顔の溢れる試合後の風景でした。
たくさん応援に来られたOBの方々も父兄も、皆さんホッと安堵の表情^^

そして今年は日体のスタンドがお通夜になってしまう勝負の世界・・・
毎年のことなのですが本当に非情で切ないものがあります。。。

3位仙台大、そして4位に鹿屋体大が入りました。鹿屋の選手は大過失がほとんどないと
言っても過言ではないくらい、皆さん粘り強くまとめていたと思います。監督が調子の良さを
見極めて一番得点が獲れるメンバーを組み、選手がそれに応える理想的な試合運びでした^^

6位になってしまった筑波大は信じられないくらい各選手のミスが重なり過ぎて自滅
試合後、スタンドの一角に車座になって監督と選手のミーティング…「全日本でリベンジ」との
言葉が力強く聴こえてきました。こんなハズではなかった忸怩たる想い、きっと晴らしてくれると
期待しています。

あと、翌日の個人総合少し思い出してみます。


COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)