Fairy Tail

わかやま国体 成年男子和歌山チーム!


既に本格的「秋」に突入でしょうか、、、過ごし易い日々はありがたいけど拍子抜け?
あの暑かった日々はいったい何だったんだろう。日照不足で野菜の値段が気になります…。

バレーボール@男子W杯!広島グリアリから大阪中央へ舞台を移して4勝目!
なんとW杯で4勝を挙げたのは20年ぶりだとか!?前回は2勝しかできなくて情けなくって。
でも今大会は今のところ大健闘!イラン戦も今の状態だと勝機は十分ありそうですね。

大阪も東京ラウンドも前売りチケットは売り切れだそうです。強い男バレを応援に行きましょ^^
今回、私はTVで観戦します。

国体のつづき

体操競技で成年男子が日本一 田辺勢が勝利に貢献
写真クリックで紀伊民放サイトに飛びます。

   L3014301.jpg

左から楠川、柴田、井村、田中、田中各選手。

楠川雄太 この国体のために「ミスをしない演技」の練習を続けてきて、それができた。
       優勝できて本当にうれしい。


柴田快輝 優勝できて一安心。これまでいろんな方に支えてもらったので、感謝を伝えたい。

井村太祐 このチームの一員でいられるのが信じられない。優勝という結果を得られて
       「チョー気持ちいい」。


田中佑典 恩返しの気持ちで臨んだ。感動してもらうことができてよかった。知人が大勢来て
       くれた中で演技ができて幸せ。


田中和仁 楽しく(演技が)できた。地元開催の国体に選手として出場できたのは幸せなこと。
       応援も力になった。


5人の選手が6種目、延べ30演技。ミスらしいミスといえばスタート種目の鉄棒で和仁選手が
緊張のあまり?何でもないひねりワザでブレてしまい車輪が止まって台上落下…があっただけ。
他の選手は最後までノーミス!和仁選手もその後はしっかり立て直し、いつもながらの美しさ。
本当に、これ以上にない素晴らしい内容で優勝を飾ったチーム和歌山でした。

理恵さんも応援に来ていましたね。試合後はプログラムの購入者が抽選で選ばれて
和歌山県男女チームとの握手会&田中兄姉弟サイン色紙がもらえるイベントに出席。
参加できたファンの皆様、思いもかけないふれあいタイム&記念品は一生の「お宝」ですね^^

素敵なお写真がアップされている毎日新聞も貼っておきます。

   体操成年 アベックV 田中父子、期待に応える 

   「楽しく、笑って、本気で攻めよう」と息子2人を送り出した章二監督。しかし、和仁選手が
   最初の鉄棒でいきなりつまずいた。ひねりが少し横にゆがんでスイングがとりにくくなり
   演技を中断。「青い顔をしていた」という和仁選手に章二監督は気持ちを切り替えるよう
   優しく声を掛けた。するとあん馬は修正してノーミス。チームに流れを引き寄せた演技に
   「さすがベテラン」と感心した。

   一方の佑典選手は各種目で安定した演技を披露。試合後は「3きょうだいで出た五輪より、
   この日の親子3人の方が不安だった」と苦笑いしながら振り返った。


佑典くん、すっかり余裕のコメントができるまでに成長^^髪型も心機一転!全体的に短め、前髪も
十字倒立でフロアに触れない程度に短く(^^)アレ、ちょっと審判的に印象良くなかったですね(汗
あん馬で15点越えるなんて!!!お祝儀Eスコアがあったとしても初めて!Dは6.0で安定。
跳馬はアカピアン。鉄棒はカッシーナを抜いただけで後はほぼフル構成で臨みました。

20日に行われる全シニア。肩の痛みも癒えて久々、6種目を行う世界王者にどこまで迫れるか?
2週連続の演技になるので無理はしないと思いますが自信を更に深めた今、やれるところまで
挑戦して欲しいですね。



COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

応援ありがとうございました^_^

すみれさん
応援ありがとうございました^_^
和歌山が国体で優勝するのは、田中光&畠田さん以来の快挙みたいなので、嬉しいかぎりです。
なんせ凄い試合でしたね〜
各選手ともこれからもっと頑張ってくれると思います^_^
特に一番手が

> 和歌山応援団 さん

こんばんは^^お疲れさまでした。コメントありがとうございます!

> 和歌山が国体で優勝するのは、田中光&畠田さん以来の快挙

おお~、そうですか^^第50回大会の時なので20年ぶりの快挙ですね。
本当におめでとうございます!関係者の方々の、これまでのご苦労も
吹っ飛ぶ、嬉しさ爆発な成年男女チームでした。少年も頑張りましたね。

各選手の今後のご活躍を心よりお祈り申し上げます。一番手の選手!
きっとやってくれると信じています(^^)/

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)