Fairy Tail

2015高校総体 決勝@大阪中央 2班


お昼を食べて昨日までの疲れも出てきたせいか、途中ウトウトしてしまった2班。

洛南、9位通過だったんですね…去年の再現なるか?1、2年生主体でちょっと厳しい内容。
地元、大阪の太成学院は第2代表、予選10位通過で出場。南 亜蘭選手、センバツよりも少し
引き締まった体型で相変わらず力強い演技を見せてくれていました。

去年の代々木では電光掲示板に表示される名前の中ではインパクト絶大で、芸名のような
カッコよさ。今回、掲示板はなかったけれど存在感は更にアップ!見た目とは裏腹に軽快な
動きでした。

鳥栖工、小畠選手。6月の全日本団体種目別ゆか、高得点で予選通過も翌日の決勝は
九州総体に出場の為に棄権。決勝で観ることができなかったゆか、楽しみにしていました。
後三回半などリスクの高いシリーズを連発、着地が少しづつ動くもD6.9 E8.350 15.250で
まとめました。

ん~、何だろ?決して悪くないんだけど「絶対に失敗したくない…」気持ちが全面に出てしまい
もうひとつ突き抜けた演技じゃなかったのが残念。去年の代々木のような、怖いもの知らずの
思い切りの良さ!をもう一度思い出して欲しいな、と思いました。
ラストの鉄棒でまさかの大失速、課題が残ったインハイを全Jr.でリベンジしてください。

智頭農林の松永選手。少々キレのない演技が続いて心配に、、、得意の平行棒ももうひとつ。
どこか怪我をしていなければいいのですが。そう、センバツで思い出しました!1班で演技した
栗東の寺地選手、跳馬で見事、ローチェを立ちました。スタンドから「おお~~」の感嘆の溜め息
大きかったですね。2本目のアカピアンもまとめて跳馬の種目別優勝、おめでとうございます。

個人出場では関西の神本選手。鉄棒スタート、よどみのない高速車輪でグイグイ攻める。
ゆかも丁寧に、あん馬はD5.1E8.400でガッツポーズ!ラストの平行棒、お手本のような捌き
ツイスト、バブサーにモイなどなど自信満々に演じていてD5.9 E8.800 6種目ノーミス素晴らしい!

関西からもう一人、内田選手も堅実な演技を展開。関西の選手は基本がしっかりしていて
大ワザこそないものの大過失が極力少ない印象が強いです。習志野の中川選手、跳馬の
ドリッグスは距離があってダイナミックで着地もピタリ!こちらもスタンドが沸いていましたね。

暁、首藤選手のゆか。ラストに抱え込みサルトを持ってくる力強いタンブリング&シリーズの数々。
着地もきれいにまとめてD6.0 E8.800 東海総体で観た鉄棒も同じように良かったけれど
今大会も雄大なポッゾ(ヤマワキハーフ)を決めるなど持ち味を充分発揮していました。
他の選手とはちょっと違う構成の種目が多く、目を引きましたね。

キラッとひとつでも光るモノを持っている選手の皆さん。その得意種目を更に磨いて、相乗
効果で他種目も着々とレベルアップ!成長を続けている姿を一人でも多く見届けて行きたい。
小さなことから大きなことまで気付いたり発見したり、色々と感心しまくるインハイです。

COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)