Fairy Tail

2015NHK杯を振り返って。 ※追記しました


あと3週間ある~♪とサボっているうちに!あと3日後となってしまいました。
全日本種目別選手権&グラスゴウ世界選日本代表、最終決定大会。

今日のWeb記事に航平くん種目別欠場のお知らせがアップされました。
予想されていたこととはいえ残念です…。8月頭のアジア選手権、9月中旬の全シニアで
調整を兼ねながら、10月の本選は万全な状態で臨んでください

アジア選手権の詳細も発表になっていますね。初日の女子団体の後に男子が1班組まれて
いますがホスト国の日本は2日目(指定席有り)に出場だと思います。
指定席は選べればいいけど5000円も出すのなら自由席(2000円)でも充分OKだと。

グリアリはポディウム組まれるのかな?スカイホール豊田とだいたい同じくらいの大きさで
客席スタンドは豊田より低めなのでけっこう見易いと思います。ポディウム組んでもらえば
更に近いかも。

種目別の代々木も指定席が更に増えてますね。北側の指定席のすぐ上(5列目から自由席)が
狙いどころかもしれません。メディア席の向かい側ブロックも見易い。代々木は前方列よりも
5~6列目以降の方が全体を見渡すことができますね。

代々木で思い出したけど、ここ最近の原宿駅!特に日曜日の混み具合は尋常じゃありませんね。
改札口に辿りつくまで数分かかることがザラ。お昼時までは電車降りてホームから駅を抜けるのも
ノロノロと人の渋滞が続きます。事故が起きないかとヒヤヒヤものです
公園でイベントがある日だったりお天気が良い日はホントたまりませんね。

NHK杯の感想になってしまいます。詳しいレポは協会Blogで事細かに書かれていまして
見逃した選手の演技内容など、とてもありがたいですね。



N杯プログラムを見て。

「学生が多いんじゃ?」と数えたら33名のうち社会人が13名。高校生2名を含む20名が学生!
去年辺りから学生パワーが凄まじいことに^^そして本年度から種目別トライアル上位3名が
6組にそれぞれ組み込まれて演技します。

その、種目別上位3名の演技で2ローテ目のゆか、D-7.0を出した仙台大の五島選手の一本目が
前1回~前3回半という、シライ2をあと半分ひねった大ワザ成功!もう速過ぎてわかんない。
手前を向いた時点で「え?三回半」とビックリ!彼はトライアルの時、後3回半~前1回半だったか
ビッグタンブリングを披露していたので注目していました。種目別はどんな構成で来るのか^^
楽しみですね。

跳馬では早大の小倉選手がロペスハーフ成功!こちらはTVの映像でも紹介されていましたね。
真横で見守っていた習志野時代の恩師、大竹先生が大喜びしていましたね。大竹先生!市船に
転任されたんですね~。全日の時、習志野の選手が出ていないのにフロアにいらして 「
そのうち市船の選手の補助をされていたので納得しました。教え子の大ワザ成功、嬉しさが
伝わってきました。それにしても神田&大竹コンビの指導で市船、更にパワーアップ?!

ここから追記

跳馬は福岡大学の鈴田選手の姿がなかったのが気がかり。トライアルでは期待に応えて見事な
リ・セグァンをきれいにまとめ15.550のハイスコア!週末の種目別にはエントリーしているので
再び大ワザを決めて欲しいですね。

彼の注目度はハンパなく、トライアルでは着地の瞬間に場内に大きな感嘆のどよめきが
響き渡りました。あと、トップバッターで演技した日体大の塚元選手のヨーⅡも、とても
クォリティの高い跳躍で、このN杯でも素晴らしい実施で応援団の声援がMAX^^

日体大応援団といえば!今回のAA、女子と男子が時間を分けて演技したので畠田監督の
娘さん(畠田 瞳選手)への、男子選手の声援がとても新鮮に聴こえました。
総合11位で中学生では唯一、本年度初のナショナル入り!おめでとうございます。

鉄棒は相好の尾崎選手、仙台大時代から彼の鉄棒は大好きです。思い切りの良い手放しワザ
ダイナミックで全く迷いのない車輪!全体の4位に当たる15.100!素晴らしかったです。
ただ種目別上位3名の演技は攻めた結果、失敗してしまう選手が多かった事も残念です。

あと、印象に残ったこと。

コナミの植松選手。鉄棒演技に会場の視線を集めるも手放しワザ連続のコールマンで落下…
こちらも「!!!」といった息を呑む溜息が響き渡りました。んー、ちょっと力んだかもしれない。
山室選手のあん馬落下時も悲鳴が聴こえたり…大勢のファンが見守っていた中でしたが
それでもこころ折れず次の吊り輪から盛り返す!

普段だったら失敗しないような、まさかのところでイージーミスをする選手が多かったかも
何故か、成功した演技より悔しい結果に終わった選手&演技を覚えているのが悲しい

日体大、長谷川選手の安定感たっぷりな演技^^去年から更に一段階、レベルアップですね。
高校時代はどちらかというと鉄棒の演技が個性的で、それに加えて仲間を鼓舞する応援
スタイルがとても素晴らしく、いつだったか彼と早坂くんが団体メンバーに入ればムード作りは
ばっちし^^と願ったことがありました。今年、漸くユニバで叶いそうです。
いや世界選メンバー入りの可能性もあるので、まだまだわかりませんね(^^)

順天大、今林選手。跳馬スタート、全日本からのいい流れで滞りなく演技を積み重ねていて
5種目めのあん馬、落下こそなかったものの途中で危ない場面があったりで緊張が見られるも
次の吊り輪は14.650の高得点で(高校時代から観ている者からしたら、涙々な成長)ミスを
引きずらないメンタルの強さは健在。が、故障明けというリスクを抱えながら結局、ナショナル
入りまであともう少し、あと1点足りなかったなんて、なんだかとてももったいない。。。
あそこで、ここで、そんな選手の一人だったように思います。

早坂選手。すっかり1組の常連のようなオーラ振りまいて存在感も安定感も申し分なし^^
ラストの鉄棒、何でもない捻りでもったいないミスがありましたがN杯4位は大殊勲だと思います。
東インカレも上々の内容だったようで、このまま快進撃が続いて行きそうで頼もしいですね。

野々村選手。ゆかからちょっと、いつもと違う縮こまった演技で得点が思うように伸びず、得意の
平行棒では着地でまさかの失敗それでも粘って総合5位に付けるも不完全燃焼気味xxx
種目別では一点集中!思い切りよく諦めずに狙って欲しいですね。

谷川選手。ゆかの着地がもうホント圧巻!水鳥代表監督が
「ねえワタル、どうしてそんなに着地止められるの?」と、舌を巻いてた真骨頂のゆか。
種目別で再び見せつけて欲しいですね。

清風、田中選手。一種目めの跳馬でドゥリッグスに挑戦!尻もち失敗してしまいましたが初の
試みが大きな試合だったことで今後の大会へ弾みをつけられますように。その後、焦りか
体調不良かいつもならありえないミスが目立ってしまいました。上手くリセットして頑張って
ください。

平行棒の降りワザで前方抱え込み2回宙を実施した選手がセントラルの垣谷選手、筑波大の
宮地選手、清風の田中選手。自分が確認できただけで3人いました。
今年から挑戦してくる選手が多くなると思います。

平行棒は皆さんDスコアも高く、Eも若干甘めなような採点だったので高得点が多かったですね。
落下のあるあん馬と鉄棒のミスがどうしても目立ってしまいました。試合の後半は緊張と疲労で
選手の皆さん苦労されてたように思います。NHK杯はそれだけ、特別な舞台なんだなと実感。

いつもながらの間際になって駆け足感想ですみませんでした。
種目別は日曜の決勝のみ観戦なので土曜日、リザルトを見ながらエントリーを
書きたいと思います。土曜日は東海総体@このはなアリーナに行ってきます


COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)