Fairy Tail

2015全日本個人総合 決勝&N杯展望


土曜から都内に入るのでPCの前に座れるのは今晩がラスト。
毎日バタバタしていて、なかなかBlog更新できずにすみません。

種目別トライアルのレポは来月の種目別選手権の直前に回します。
切羽詰らないと取り掛かれない・・・小学生の宿題状態^^;

いよいよ17日、NHK杯が開催されます。Newsは寺本選手と内村選手をピックアップ。
お二人とも跳馬のワザを攻めるようです。あすかちゃんはチュソビチナかな?航平くんは
リ・シャオペンに再び挑戦^^超絶技巧の瞬間!をまた代々木で目撃したいですね。

全日本8連覇を成し遂げた内村航平選手。決勝のゆかは跳躍の高さが低くて着地がほぼ
全て前のめりっぽくなってしまい、足元も動いて「らしく」ない演技。表情も冴えず、演技直後
会場全体が「どうしたものかな?」と言った感じで少しザワザワしていました。

が、しかし次のあん馬、吊り輪はいつも通りに落ち着いてたので心配も杞憂に終わった…と
思ったら跳馬以降は難度を大幅に下げて安全運転で。それでも余裕で2位以下を引き離して
危なげなく連覇達成もう、ずーっと前から己との闘いを続けている世界王者。
自身の体調を考えつつコントロールできることで無理のない、大崩れしない術を熟知!
まだまだ、誰も到達できない銀河系レベルはしばらく維持できそうです。

佑典選手。予選のあん馬の降りワザがC難度になったことと決勝の跳馬はアカピアンで
無理せず難度を落としただけで他はノーミス!安定した演技がやっと定着してきました。
世界選AA銅メダル獲得で貫禄もついてきたように思います。

野々村選手。今大会は鉄棒が鬼門となってしまいました。なんかこう、平行棒で良い演技
→鉄棒失敗のパターンがTV中継のある時に限って多くて、悔しい映像が残ってしまう
N杯は気持ちよく着地まで決めて欲しいですね。大学2年時のN杯2日目のように…。

山室選手。予選の失敗をきっちり修正して決勝の追い上げは素晴らしかったです。
大ワザにも果敢に挑戦。予選で大きく着地動いて失敗したロペスも決勝はまとめる。

和仁選手。6種目、あん馬以外はいつも通りの和仁さんの演技が戻ってきました。
長谷川選手。2日間ノーミスでしたね。パフォーマンスがちょっと大人しくなってた。
神本選手。予選の鉄棒落下以外はとても良かったと思います。あん馬は我慢の演技。
他でカヴァーできていました。

白井千葉谷川選手は3人とも2日間ほぼノーミス!自分の演技を貫いていました。
千葉くんのあん馬は肩から胸~爪先まで一直線で減点箇所が殆どない、中国の張 宏涛に
匹敵するレベルだと思います。美しい

選手は決勝のゆかの最初のシリーズでお手付きがあったのみ。トップの演技順で
試合開始直後&緊張感MAXな会場の雰囲気だったので気の毒でしたね。
得意のあん馬でダークホース的な位置につけています。

とにかく新卒大学1年生の安定っぷりには度肝を抜かれる!高難度のプログラムに
思いきって挑戦する勇気、成功させるメンタル&フィジカルの強さ!
次世代の代表候補、本当に頼もしい存在です。

朝日生命の岡本選手、相好の田中選手。一時、勢いがない年もありましたが再々復活!
くじけず凹たれず得意種目を黙々と磨いて食らい付く姿、カッコイイと思います。

日体の選手。。。今年こそ悪くてもユニバ代表に!と願っていましたが、まさかのあん馬で
2日間とも撃沈。苦手な吊り輪や平行棒が伸びているのに本当にもったいない。
苦しい順位となってしまいました。

知紘選手は究極の「平均点は14.850」の2日間。唯一、決勝の鉄棒落下が惜しかったー。
特出した種目はないけれど6種目、ほぼ同じ得点で綺麗にまとめられるのが彼の持ち味。


N杯は去年から1日だけの開催となりました。大きな順位変動はあまり見られないことで
ある程度予測がついてしまう部分があるかな。。。
遠藤先生のSports navi コラムにN杯見どころ記事があります。

    代表選考の「チーム貢献度」に注目、体操・NHK杯見どころ

チーム貢献度。今回、新たな選考方法として試みられる代表決定方式。

数字を組み込んで最高得点を算出してコンピューターが弾き出した結果・・・。
機械が決めるみたいで何だかな~ですね。AAとして6種目演技する選手と種目別の選手
体力的に不利なのに同じ条件下というのもチョット納得出来かねない部分もありますが。

N杯は各種目別上位の選手がローテが回るごとに6組で演技します。
上位選手の集まっている1&2組と共に注目ですね。目がいくつあっても足りない^^;

長くなってしまいました。N杯はさっくり書きたいと思っています。
出場選手の皆さま、今できる最高の演技をお披露目できますように!


COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)