Fairy Tail

続・2015高校選抜@広島グリアリ Ⅰ班


広島グリーンアリーナ今夏開催されるアジア選手権の会場になります。
日本代表トップチームが出場するので注目される大会になりそうです。

アジア選手権は2~4年ごとに不定期開催。前回は2012年、中国・プーティエンで。
3年前の男子代表はU-21とジュニアナショナルから3名ずつ派遣されていますね。
今年の広島は日本初開催となります。選抜大会はリハーサルも少し兼ねていたかも。

でも、あの得点版はだいぶ旧式のやつなので国際大会用のものに変えられるでしょう。
客席も広すぎず狭すぎず、丁度良いかな。

7月末~8月頭の同時期、大阪中央でインターハイが開催中なのでハシゴ観戦予定です。
アジア選手権の男子団体&個人総合を観てからインハイに足を運びたいと思います^^

ちょっと日にちが経ってしまいましたがセンバツの感想など。




Ⅰ班は午前10時20分から。客席は関係者&父兄のみといった静かな雰囲気。
個人戦なので団体戦の試合時のような賑やかな応援はありませんね。

当たり前ですが^^;去年のインハイ時に観た1年生選手たちが大きくなってる!
今までできていたワザの細やかなバランス感覚が難しくなる時期・・・
頑張って乗り越えて、改めて確立して行ってほしいなと思いました。

Ⅰ班で1番多く視界に飛び込んできたのは智頭農林の1年生、松永選手。
鉄棒のひねりワザが美しい。平行棒でアームライヘルト!メリハリのある捌きでキラキラ

関西の前田選手も1年生。とにかく倒立が美しい&体幹が人一倍しっかりしている印象。
彼は1班終了時点でトップにいましたね。全く物怖じしていない堂々とした演技でした。

名城大付の石井選手、スレンダーな体線から繰り出される基本に忠実な演技も複数ミスが残念。
北海道・紅陵の清野選手が跳馬でD-5.6のヨー(抱え込みル・ユーフ)を実施!高さありましたが
着地が乱れてしまう。高崎工の黒田選手は堅実な演技。

鳥栖工の小畠選手!注目のゆかは慎重に丁寧に。前1回~前2回半、ダイビングダブルなど
クオリティの高い内容で種目別1位。でもたぶん、本人比でもう少しできたんじゃないかな~?
全日本の種目別トライアル、更に思い切りのいい演技を楽しみにしています。

明成の釈迦郡(しゃかごおり)選手。がっちりした体格の選手が多いイメージの明成ですが
誰よりも細くて小さくて儚くて、でも名前のインパクト絶大で!近くに座っていた関係者の方も
注目していました。一生懸命、精いっぱい演じている姿に胸熱でした。

吊り輪で十字倒立、中水平を入れてくる選手が多数。平行棒はバブサーをいっぱい観たかも。
ゆかも後3回半~前ハーフとか後1回半~前2回半など、吊り輪もカトウを複数観たような。
降りもD難度に果敢に挑戦!もう当たり前のように実施してて、シニアでも難しいシリーズや
ワザを難なく捌く高校1、2年生たち。本当に感心しまくりでした。

Ⅱ班になると去年から活躍している選手が多数登場。

市船の谷川選手と関西の柚木選手。上位を狙えるお二人ですが怪我のため、それぞれ
一種目のみの演技でした。どうぞ一日も早い完治を、そして夏の本番では元気な姿を見せて
くれることを祈っています。


遅い時間になってしまったので翌日、続けます。




COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)