Fairy Tail

高校選抜@広島グリアリに行ってきました。


0泊3日の弾丸遠征(^^;で初の広島上陸!センバツ観戦に行ってきましたー。
疲労もなく、久々の出会いもあったりでとても楽しかった!

春めいた暖かさが続いた日々から一転、肌寒い火曜日で帰りの高速バスSAでは
雪が舞い散っていました>土山

グリアリは男子バレーボールチーム・JTのお膝元で、いつかvs東レのリーグ戦を観に
行きたいな~と思っていても広島は毎回、北九州や山口へ体操観戦に行く度に素通り。

まさか体操の大会観戦で初広島になるとは!
1月開催の都道府県駅伝も観たいな~、本場のお好み焼きも食べたいな~と
常々、思っていたところでした(^^)

隣接する原爆ドームは全面改装中で足場が高く組まれ、はっきりと見られませんでしたが
あの聖地に足を踏み入れただけで何かこう、胸が締め付けられる切なさを感じ取りました。
何十年経ってもまだ、あの瞬間から時は止まったままなのか・・・

貴重な品々を展示する資料館など、もう一度改めてゆっくり訪れたいな。。。


センバツ、まずは選手及び関係者の皆さま、お疲れさまでした。

そういえばこの3月末までは高校生の白井健三選手がコトブス国際で金メダル2個Get!
ゆかは銀河系レベルの高得点(16.450)驚異のDスコア7.6!!!

2本目にリ・ジョンソンを入れた新プログラム!彼のすごいところはこの、誰も真似できない
構成を、6種目演技しなければならない個人総合でも苦もなくこなしてしまうところですよね。
種目別用とかAA用とか関係なく、6種目のひとつとして演じ切ってしまう!

当たり前のように飄々とやっているので、見ているこちらは既に感覚がマヒ状態です(汗

二人三脚で挑んできた水口先生との最後の試合、最高の結果を残せて良かったですね。
跳馬もシライ/キムとドリッグスをまとめて優勝おめでとうございます。
センバツの感想をアップする時、東京新聞で特集された記事も紹介しますね。


その選抜は毎年春休み期間に開催される1、2年生出場の高体連の大会。
同世代の日本代表&スーパー高校生に刺激されているであろう、下級生選手たちの熱い
戦いに驚かされてきました。

長年に渡る指導者の努力、選手のひたむきな鍛錬も加わり、年々高校生のレベルがアップ!
上位選手は美しさもしっかりと意識しつつ、難度もシニア顔負けな捌きで素晴らしかったです。

優勝は荒屋敷 響貴選手(鯖江)、2位 田中 樹選手(清風)、3位 湯浅 賢哉選手(市船)
おめでとうございます。

荒屋敷選手。
一昨年の佐賀インハイを彷彿させる充実した内容!苦手種目の見えない高いDスコア!
大過失なく最後まで攻めの演技で初タイトル獲得、おめでとうございます。

田中選手。
美しさ、ワザの正確さはピカ一!フロアにいても一際目立つオーラで輝いていました。
身体も一回り大きくなってパワーも兼ね備えてきたので今後が楽しみです。

湯浅選手。
平行棒でマクーツ!?本当にもうさりげなく、難なく捌いていました。演技順のミスか何かで
減点があったようで得点が伸びず残念でしたが、計り知れないセンスの塊りに感動!

他にも色々と思い出しながらサクッと手短に書いて行きます。取りあえず一旦アップ

COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)