Fairy Tail

2014 全日本団体選手権、お疲れさまでした


テンプレをお色直し。久々にカテゴリーの表示がポップアップになっているデザイン。

この作者さんが作成するテンプレはどれもお洒落で使いたいデザインばかり!
素材は大好きな「ふわふわ。り」さんから。ランダムに変わるテーブルのパステルカラーと
アイコンのワンちゃんが可愛くて気に入っています。

さて、前置きはこのくらいにして全日本団体!

予選は攻めの演技が多くみられ、決勝はシードの一角が崩れるまさかの波乱。
そんな中、王者コナミはミスなく滞りなく、メンバー全員が落ち着いて慌てることなく自分の
演技に徹していて、失敗する気配さえみせない!万全な試合運びでした。

もう最初のゆかから高得点連発で、あん馬も3人共大過失なく通ってトップ街道まっしぐら。
3年前みたいに3、4人が自爆してくれない限り、僅差で競り合えない展開に^^;
途中から観戦の矛先が日体vs順大の得点争いにシフトチェンジ。

順大は4年生のエントリー無しという、ここ数年では考えられないメンバー構成。
実質、Wエースが3年生なので致し方ない部分もありますが、力のある最上級生と交替した
1、2年生が突発的アクシデントを乗り越えて役割を十二分に果たす活躍!

日体大はスペシャリストを兼ねた、不動の最強メンバー6名が各種目まんべんなくエントリー。
全員がエース格の演技を見せてくれる中、ポイントゲッターの大過失が最後の最後に響いて
しまい、去年とは真逆なパターンで3位に沈む。

鹿屋体大!!!!初出場で4位入賞、大大大快挙だと思います。徳洲会の自滅もありましたが
予選決勝と2日連続演技のハンデをモノとせずエース小山選手がノーミス演技でチームを
鼓舞し、即戦力となった1年生2人を上手く配置して予選4位通過からの決勝4位。
誰も予想しなかった離れ業達成(^^)

徳洲会。致命的大過失が重なった跳馬&平行棒から流れを立て直せずズルズル後退。
一緒に回った順大が堅実な演技を重ねていたとは対照的な内容で信じられない…。
そんな中、全シニに続いての復活試合となった和仁選手が怪我前と比べても8、9割ぐらい
まで戻して来ていたのが印象に残りました。美しい体操は健在!

とりあえず、上位5チームの一括感想。
予選からゆっくり振り返ります。

試合後のプレゼント抽選や握手会、ほのぼのとしていてファンの皆さん、本当に嬉しそうでした。
また是非来年もこのようなイベントを開催してほしいですね。なかなか、選手に近付ける機会って
ありませんからね~。ほんの少しだけ言葉を交わせることができる握手会、とても良かったです^^


すみません。東レの記事は明日、アップしますね。しばしお待ちを

COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)