Fairy Tail

2014 南寧世界選手権 男子団体決勝 ☆ LIVE


男子団体決勝、TV観ながらLiveレポやりますー!

その前に予選前の会場練習から静岡新聞の記事をまとめてアップ
水鳥寿思男子代表監督井上和佳奈選手が静岡出身ということで、地元ローカルでは
地味に注目されています(^^; 

女子は予選6位通過でしたね^^最後まで崩れることなく、上々の出来栄えでした。

男子会場練習
DSCF2769 (800x660)

男子予選                    ☆女子予選前
DSCF2768 (687x1024)   DSCF2770 (496x800)

女子予選
DSCF2771 (1024x768)

男子決勝展望
DSCF2772 (728x800)

web記事からひとつピックアップ

日本男子、悲願に挑む=終盤のスタミナに懸念

   中国と同じ班で回る日本が心配するのが、終盤のスタミナ。
   日本は平行棒を中国より後に、最後の鉄棒を先に行うため、この間の休憩時間が短い。
   田中佑典(コナミ)ら、この2種目で高難度の演技構成をそろえる選手は多く、少しでも
   間隔を空けたいところだった。水鳥寿思監督は
   「1位通過できれば、問題は解消できたのだが…」と悔やむ。


そう、唯一の懸念がローテーションの微妙且つ繊細な演技間隔なんですよね。
でもそんな不安を吹き飛ばすくらい前半のゆか、あん馬、吊り輪で大きな貯金ができる
はずと信じて!とにかく自信を持って、平常心で、粘り強く演技できますよう祈っています。


スタートリスト次ページの頭に貼り付けます。



か   加藤内村白井   ん馬  亀山加藤内村   り輪  野々村内村田中

馬   白井加藤内村   行棒  加藤田中野々村   棒  加藤田中内村

     「時は来た、JAPAN クォリティ!」  「演技で黙らす!

始まります~~~テレビの前で ワクワク&ドキドキ

各国、若い選手が台頭して来ていますね。初めてじっくり観る選手も多そう。
いよいよ選手入場!会場はブルーで統一されていますね。
あぁぁ、CMが相変わらずうっとおしい。

まず第1ローテは中国のゆか

林超攀…着地、ラストの3回ひねりで一歩大きく動くもまずまず。6.6 8.500  15.100

鄧書弟…エースの登場!キレ味が鋭い!うわー、ラストの3回ひねりを止める!強いわ~。
後3回半~前1回のシリーズも完璧!6.7 8.966  15.666

程然…2本目のシリーズで転倒ーーー。ちょっと慌てたか。その後はまとめています。
緊張感が見えます。6.6  7.400  14.000   一種目めで躓く!  44.766

    ロシア・アブリャジンの吊り輪。半端ないチカラワザ!回転系がちょっと重そうだけど
    15.800

日本のゆか

加藤…1本目、耐えましたー。こちらも負けずにキレがあります。さすがでした。
6.7  8.666 -0.1  15.266

内村…場内から「おお!」と感嘆の声が上がります。問題なくいつも通り。着地もまとめる!
6.6  9.100  15.600 

白井…シライ2で両足が出てしまう。気合が入り過ぎたかな。でもその後は落ち着いて。
18回と2分の1ひねってラスト4回ひねり!止めましたーー!素晴らしい!
珍しいライン減点のみ、でもOKです。  7.4  8.666 -0.3  15.766  46.632

1.866のリード。想定通り^^上々です♪(得点、手動計算につき間違っていたらすみません)

第2ローテ、あん馬は日本から。

亀山…あ!シュピンデルを抜いて安全策で。滞りなく終わりました。トップバッターとしてしっかりと
流れを掴みました。 得点に時間がかかってます。。。選手の御両親が日の丸を振っています。
6.6  8.700  15.300

加藤…ガンバ!予選の失敗箇所を乗り切り、ゆかのキレ味と同じように勢いのある演技!
6.2  8.575  14.775  充分です^^

内村…竹下アナ曰く「抜群の安定感」 ヨッシャー!の掛け声が聴こえました。いつも通りの
しなやかな旋回、危ない箇所はありませんでしたね。 6.2  9.066  15.266  45.341

    イギリス・タロックの吊り輪。18歳だそうです。

中国のあん馬、始まりました。林…19歳、演技の途中で倒立を入れる中国らしい構成。14.558

鄧…Dスコアが高いらしい。はぁ~演技の中盤で倒立2個!あ、最後の降りワザが不完全。
14.233  Dスコアが7.933 やはり減点されてしまいました。

尤浩…さすが3番手、こちらも演技の途中に倒立2個。初の演技なのに縮こまることなくメンタル
強い!3人、とりあえず大過失は免れるも我慢の種目か? 6.4  8.533 14.933    43.724

跳馬・アブリャジン。高いル・ユーフを片足一歩でまとめる。ラインオーバー有り? 15.100

    日本、2種目終えて中国を3点以上突き放しています(^^)
    森泉コーチ、「ここまで全く問題はない」とのコメント。
 
第3ローテの吊り輪は中国から。

劉洋…予選強かった選手ですよね。十字の輪の中に肩位置、綺麗!倒立も微動だにしない。
伸身サルト、ほんの少し弾む着地で。  6.9  9.000  15.900  うう~ん凄い。

    アメリカ・ミクラックのロペス。強いーー!予選3位のこのチームが不気味です。。。15.166

吊り輪は鄧…おおー、最後は伸身ルドルフで。6.7  8.466  15.166  細かく引かれたか。

   ダルトンの跳馬もロペス。高い!!!力強さとダイナミックさ。こちらもライン減点 14.933

尤浩…静止ワザと回転系のワザの見せ方が上手い!はぁぁ、強いわ中国の吊り輪!
6.9  8.566  15.466   45.565

   ウィッテンバーグのドラグレスク。20歳!!!男版バイルスか?ライン減点有り 14.966
   これからの選手だそうです。いや、日本にもそれ以上にたっくさん控えてますから!

日本の吊り輪。

野々村…ガンバー!日本からの声援が会場に響いています。決勝初登場です。
良かった!チカラワザの静止も充分。降りの着地は片足小さく一歩。落ち着いてましたー!
上々の決勝デビューだったと思います。 6.4  8.266  14.666  ちょっとEスコア厳しい?

内村…全くぶれないメンタル&フィジカル!いつも通りの演技でした。着地は後ろへ少し弾む。
6.4 8.433  14.833  姿勢の部分が減点取られていると米田さん。

田中…さあ、ガンバです。しっかり!新ワザ「タナカ」!脚上挙は脛がおでこに付いてます。
良かった  6.1  8.933  15.033   良い得点です。     44.532

    イギリス・クリスチャン・トーマスの跳馬は屈身メリサニディス!!!着地止めて15.491
    体格の大きな選手の跳躍は迫力満点です!  

      「内村航平を勝たせたい」 体操ニッポン関係者の合言葉

第4ローテは日本の跳馬 

白井…シライ/キムヒフン 綺麗にまとめましたーーー!完璧ですねと米田さん。 6.0 9.400 15.400
加藤…ドリッグス こちらも綺麗!安全策できっちりとバトンをキャプテンに。 5.6 9.366 14.966
内村…ヨーⅡ 着地僅かに横に弾む程度で美しく!! 6.0 9.400  15.400 45.766

      ここまで大きなミスなし、最高の展開です~(^^)/

ドイツの鉄棒はファビアン。今大会はどんな調子なのかな、、、カッシーナ、コールマン、トカチエフ~リバルコ~
ポゴレロフの三連続!!ファビアン綺麗!着地も止めました。攻めの構成、素晴らしいです。
15.366  えーー?8.266のEスコアって何?わかんない。いったいどこで減点???

    イギリス・パーヴィスの平行棒。シャルロを上手く見せつけて。単棒ヒーリー、流行の構成。
    6.5 8.700  15.200  イギリスもひたひたと。

さあ、中国の跳馬。

林…ロペスをまとめる。高いーー!減点はなし。  6.0  9.366  15.366
鄧…ロペス ちょっと低い感じがしたけど両足揃えてまとめる  6.0 9.300  15.300
程然…ロペス こちらは膝が少々緩い。着地はまとめる。姿勢欠点なし? 15.400
46.066 ・・・0.3点、日本に近づきました。まだまだ、ここからです!

   アメリカ・ウィッテンバーグの平行棒。オロスコはどこへ行った? 14.633 少々ミス有り
   ロシア・ベルヤフスキーの鉄棒。14.500 海外の選手、美しさを意識した演技が増えてます。
   アメリカ・リーヴァの平行棒。前方2回宙!今大会から終末ワザ前方系は評価大の対象に。
   6.9  8.766  15.666
   来年、日本も多くの選手が取り入れてくれるかな?

第5ローテの平行棒は中国から

尤浩…あ、バブサーで足がぶつかったかも?途中もちょっと倒立ぶれる。フロントダブルハーフ降り。
まさか中国、降りは全員前方系?  7.1 8.533  15.633  ほぉー。

林…去年の世界チャンプ!爪先まで本当に美しい。見せ方も素晴らしい!屈身ダブルを止める!
いや~、ちょっとこれ強いわ。中国の応援が騒がしい。 6.8  9.100  15.900 へぇぇ。

    リーヴァの鉄棒。伸身コバチが相変わらずダイナミック。すっごい迫力、ガッツポーズ!15.100

鄧…うわー、アームモリスエ!うそ、バブサーで失敗。その直前のリズムが怪しかった。それでも
最後までまとめる。うう~ん、バブサーは高さが足りなかった。その前にだいぶ上腕にキテたかも。
でもあそこで落ちずに粘れるところが中国です。 6.8 7.991  14.791  46.324

ただ観てるだけなのに・・・
ここまでキーを打ち続けてヘタヘタに疲れました。演技している選手の消耗度は計り知れません。

日本の平行棒

加藤…小さい停滞があったけれど滞りなく。着地は後ろへ一歩。大丈夫! 6.6 8.633 15.233
田中…ああ、単棒ヒーリーで腰が折れるもその後はうまくまとめてました。ホッ。耐えた!
中欠点ですみますように。 6.3 8.566  14.866  なんとかセーフ。
野々村…シャルロ決まった!屈身ベーレで攻める!ぜ~んぶ倒立に綺麗に納めました。
予選の得点を上回りますように。。。  6.7  8.933  15.633  やったーー! 45.732

     日本、中国と0.991点差でトップで最終種目です(^^) 3位とは4点差以上離れる。
     金か、それとも銀か? 


第6ローテは日本の鉄棒から。

加藤…アド1で戻るも着地までまとめる。でも他は印象の良い実施でした。どうか許容範囲で!
今大会、鉄棒のEスコアが超厳しくなっているようです。  6.3  7.900  14.200
米田さん曰く、出ている方だと。
田中…手放しワザ全部成功!最後までーーーーー!!!やった佑典!減点も最小限。
気持ちが、車輪の勢いが前へ前へと向いていました。 7.0  8.266  15.266
ちょっと何、このEスコアは・・・。

内村…いつもと同じ、航平くんらしい演技!まだまだ、高みを目指す鉄棒でした。
あとはひねりワザの角度減点、最小限でお願いーー!! 6..9 8.500 15.400  44.866

日本の総得点は273.269 36年ぶりの金メダル成るか?

中国の鉄棒は1人平均、15.200だそうです。厳しいEスコアの中、これは至難の技だと。

鄧…モズニク!!!このプレッシャーの中で高い難度をまとめました。着地は片足半歩。
ひねり姿勢とか足割れの減点がどうか。。。(航平くんニコニコなショットが抜かれる)
「追いつけるかい」     14点台(すみません、見損なう) 

林…Dスコアを予選から落としてきたそうです。足割れ目立つも着地は止める。 
(日本のスタッフ、笑顔が見えます)  .6.9 8.333  15.233
他チームの演技が全く映らなくなってしまいました。。。

ラストは張成龍!

アドハーからモズニク!!!ひねりの角度がどうかな。15.866はさすが無理だと思うけど。。。
最後まできっちり決めるところがさすが、中国だと思います。え??E8.366で同点なの?
やだ!お願い、神様ーーーーー!え、、、ウソ~~~~~  7.5  8.466  15.966

差はなんと0.1点・・・・。信じられない。あちゃー。

何も、誰も悪くない、全力は出し切りました。中国の底チカラにはっきり言って脱帽です。
0.1って何ー?ここが中国じゃなかったら。。。最後まで粘ったのに、執念で落下はなかったのに。


Liveレポ、お付き合いいただいてありがとうございました。
ちょっとまだ信じられません(涙)体操ニッポン男子チーム、どうぞ胸を張ってください。





COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

残念すぎる(>_<)

こんばんは~

10年前を思い出しながら、応援しましたが、残念でしたねv-496

この悔しさをばねに、さらにパワーアップしてもらいたいですv-360

> たい さん

おはようございます~応援、お疲れさまでした。

10年前・・・あの金メダルに届かないこの現実が本当に悔し過ぎます。

今までの団体戦で一番良い内容だったのにね。兎にも角にもDスコアです!

メンタルもフィジカルも中国以上の底力を蓄えて、再度挑戦ですね。

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)