Fairy Tail

2014 インターハイ @ 代々木 vol.3


インハイレポが滞っている間に文体の全Jr.も選手権1部が終盤となっていますね(汗

この暑い時期、もう一度立て直して結果を残していくのは本当に大変だと思われます。
先輩方も通ってきた道…。来年の全日本出場権とJr.ナショナルの選考も兼ねているので
もうひとふん張り!頑張ってくださいね。

そう、ジュニアとは関係ない話題ですが、さっき開人くんのツイッターを拝見したら
順大寮で飼っていた黒柴のマロが13日に亡くなったと!

垣谷くんがマロ係りだった頃、病院へ何度も連れて行った話しも訊いてて、その後は時々
順大生のツイッター等で写真見れたり、元気になったようでよかったな~と安心してたのに…。

可愛がっていたペットの「死」は本当にツライ。。。手厚く供養してあげて、そしてOBや在校生
皆のこころの中で、いつまでも生き続けてほしいです。

気持ちを入れ替えてインハイ、つづけます。



予選2日目。

5班はゆかスタートの名城大付属高校がエースの横井選手を中心に「美しい体操!」で
堅実な演技を見せてくれました。2年生2人、1年生2人の若いチームでしたがほぼノーミス。

西村先生が理想に近いチームを自信を持って作り上げてきたように感じました。
倒立のキメ、爪先まで神経が行き届いた演技。難度は低くいながらもEスコアをきっちり稼いで
243点台で11位予選突破!皆、同等のレベルを維持して相乗効果で更に強くなれますように^^

三重の高校。相好体操クラブのコーチ、齊藤さんが監督。久居高校が常連だったのですが
今回は暁がチーム出場。相好のジュニアの強化が進んでいるようですね。皆さん、鉄棒演技が
ユニークで印象に残りました。ヤマワキを半分捻っていた選手、リズミカルで美しい車輪などなど!
こちらも1年生が2人、これから強くなっていくチームでしょうね。

札幌白石は皆さん、背が高くてスタイル抜群。今の高校生、自分が見始めた頃に比べて格段に
手足が長くなっているように思います。

智頭農林は去年のチームと比べると今年はもうひとつ、引き込まれる演技が見られなくて残念。
細かいミスが多かったかな。
洛南!大ワザをたくさん見せてくれたのですが平行棒で大撃沈。大応援団からは悲鳴にも似た
声が何度も聴こえました。ミスを取り返そうとドツボに嵌ってしまった雰囲気。予選の段階でウミを
出し尽くしたと切り替えてガンバです。

6班はすみません。たまたま、会場で知り合った方とお喋りに夢中であまり観ていませんでした。
青森山田は床跳が元気良かった。藤井はこの班の中では一番丁寧な演技が目につきましたが
もひとつ、突き抜けられる勢いが不足していたかな…と思ったら予選、17位で決勝に僅かに
届かなかったのですね。来年、巻き返しです!

7班には静岡代表の浜松城北!エースの近藤選手、最初の吊り輪でいきなりプロテが切れて
得意種目だったのにまさかのアクシデント。動揺がありましたが、その後は落ち着きを取り戻すも
思うように得点が伸びず、チームも18位で予選敗退ざんねん。

常盤大学高校、伝統的に床跳が強いチーム。OBには徳洲会の佐藤 巧選手がいますね。
全体的に元気良く、得意種目で得点を積み上げ他種目もうまくまとめて16位で予選通過。

鯖江!3年生の岩佐選手が補欠登録でしたが横田選手と交代で団体メンバーへ。彼は2年前の
鯖江インハイ時、1年生ながら素晴らしい内容でチームに貢献していました。丁度、今大会の
1年生、藤井選手のような怖いもの知らず&勢いのある演技が印象に残っています。

荒屋敷選手、攻めの演技で大きなミスなく2年生エースとしてチームを引っ張る!佐藤選手が
平行棒でシャルロとピアスキー、2つの単棒倒立!高校生でも普通に構成に入れてきてます。
他にも居たような記憶が。本当に、年々高校生のレベルアップ目覚しい。あん馬で少々ミスが
あり、4位通過。

8班は関西!いや~、とにかくゆかがめちゃめちゃ素晴らしかったです。団体メンバーはもちろん
個人出場の中原選手も抜群の出来栄え。補欠から団体メンバーに入った1年生、前田選手 
を始め、皆9点前後のEスコア!気持ち良く跳ね、見せ方も美しく上手いな~と感心。ただ皆さん
同じような体型だったせいか床跳鉄で得点を稼ぎ、鞍吊平は我慢の種目といった雰囲気。

3年生の立石選手が出られず、団体メンバーは2年生3人、1年生1人といった若いチーム。
来年が集大成ですね。柊澄選手の更なる進化を期待しています。予選6位通過。

高崎工業はあん馬の連鎖ミス多発が全てでした。他は良かったのにとてももったいない。
創成館、いつもソツのない演技をしてくるイメージでしたが、今大会は調整失敗だったのか?
全体的にミスが多く、残念でした。
田辺工業はエースの楠川選手、大車輪の活躍でチーム順位を押し上げていました。8位通過。


予選2日間、気がついた範囲で…跳馬とゆかでそれぞれ1人ずつ、着地時のアクシデントで
演技続行できず、担架で運ばれて病院へ。
跳馬の選手は足の角度がありえない状態になっていて痛々しくあらためて怪我の怖さを思い
知らされました。晴れの舞台、準備に費やした膨大な努力も、一瞬で水に流れてしまう切なさ。
どうぞ皆さま、怪我故障にはくれぐれも気をつけて練習、試合に臨んでください。


決勝へつづく。。。


COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)