Fairy Tail

2014 種目別選手権、お疲れさまでした。


南寧世界選手権&仁川アジア大会日本代表・最終選考会@千葉ポートアリーナ2日間。
選手及び関係者の皆さま、応援されたファンの皆さま、お疲れさまでした。
会場でお会いできた皆さま、おめでとうございます!ありがとうございました(^^)

例年行われていたポイント制システムを変更、「チーム貢献度審査」という少々複雑な
選考基準が設けられ、各種目の派遣標準得点はそのまま世界チャンピオンに
匹敵するレベル!突破者が3名出れば、そのまま異議なく代表入り。

去年の世界チャンピオン2選手、さすがでした。誰もが納得する演技内容!
ほんの少しも曇りなく、見事な派遣得点突破となりました。

   Gymnastics Newsより、決勝結果速報クリックどぞ

亀山選手の研ぎ澄まされた集中力!素晴らしかったですね。
健三選手!足首の怪我を感じさせない、いつも通りの異次元な表現。
そして6人目はチーム貢献度最上位ということで佑典選手が選ばれました。

   協会HPより世界選&アジア大会代表選手&選考内容のpdf

結果的にN杯AA上位4名、2013世選種目別チャンピオン2名という、今現在考えられる
一番最強&最適なメンバーが揃ったといっても過言ではないと思われます。

アジア代表はALL日体大の在校生&OBとなり、去年のユニバ順大の逆パターン^^
うう…岡くんも一緒に連れて行ってあげたい種目別決勝、あんなに頑張ってたのに。

代表入りされた選手の皆さま、おめでとうございます
本番を迎えるまで、思い描く練習&調整ができますよう祈っております。

世界レベルの演技がたくさん披露された種目別決勝!男子も女子も多くの新戦力が
台頭し、見応えたっぷりな2日間でした。
また少しずつ思い出しながらエントリーしたいと思います。

COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)