Fairy Tail

2014年 高校選抜 @ スカイホール豊田 後篇


パナ相手に2セットGet@東レ。負けたけれど残り2試合、望みある限り全力投球!
金栗記念@陸上。トラックシーズンも幕開けです。兵庫リレカのグランプリも楽しみ^^
マリーンズ@プロ野球。開幕5連敗の泥沼から脱出できました~。ここからですっ!

東京W杯@体操Gymlove さんのサイトで詳細なレポがアップされています。
去年の世選AA表彰台3人が勢揃い!世界レベルの演技を思う存分堪能したいですね^^

そういえば。。。

自慢じゃないけど^^;航平くんの「国内・個人総合優勝」は、彼が高校3年の全Jr.から去年まで
ほぼ全て生観戦で見届けています。できなかったのは高校2年時の選抜大会と、大学1年時の
新人戦と4年時の東インカレ…ぐらいかな?東は確か1&2年時は不出場だったはず。

ロンドン直後でチケット争奪戦だった全社も、関係者の方から直前に招待券を譲っていただき
半ば諦めていた観戦だったのでラッキーでした。
なので主要大会の生観戦はずーっと継続中につき、今大会も「優勝!?」を見届けに行きます。
調子はすこぶる良好なようで期待しちゃいますね(^^)


またまた前置きが長くなりました。高校選抜、まとめます。






4位 千葉 健太選手(清風)  85.750

ほんの少し身体が大きくなっていましたね。クリクリ坊主は変わらず^^
Dスコアを果敢にアップして挑んでいました。

6.2   6.1   5.8   5.6   6.4   5.8
8.70  8.00  8.30   7.80  8.75  8.30

ゆかスタート。
軽い跳躍で美しく。得意のあん馬は上向き旋回の途中で落下。それでもE8.00凄い!
吊り輪の降りがバラバノフ、余裕で。跳馬のドリッグスはお手付き失敗。平行棒でバブサー。
彼の平行棒は背の低さを感じさせない雄大さがありますね。鉄棒は見逃してしまう。

あん馬と跳馬の失敗で表彰台には届かなかったけれど6種目、難度を目いっぱい上げて
挑戦している姿はとても頼もしく映りました。体線の美しさは申し分ないので後は安定感を
養うことでしょうか?それにしても、もう彼も3年生なんですね・・・早いなぁ。
あん馬は通ればDがもう少し高かったかもしれません。こちらも焦らず、少しずつですね。


5位 荒屋敷 響貴選手(鯖江)  84.700

6.3   5.9   5.4   5.2   5.7   5.5
8.65  8.60   8.40        8.45  7.85

去年の秋に国際ジュニアの舞台を経験して飛躍している1年生。彼は佐賀のインターハイで
演技をこなす度に上手く強くなっていった印象があります。まさしく“進化中”の大会でした。

跳馬のEを見逃してしまうもアカピアン、もうひとつだったかな。鉄棒は落下があったかも。
鯖江勢は鉄棒が鬼門でしたね。それでも相変わらず皆さん倒立のキメが美しい。得意なゆかは
自信満々な跳躍で、とにかく高さが素晴らしい!伸び伸びと育って行って欲しいです。


6位、楠川 雄太選手(田辺工) 84.150

彼もインハイでとても目立っていた選手。大過失をしない、安定した演技が持ち味だと思います。
得意の吊り輪は悪くなかったのに思いの他、Eスコアが伸びずに残念でした。吊り輪のE採点は
インハイの時も思ったけど、とても厳しくなっていると思います。他5種目、良かったですね。

7位 岩佐 亮選手(鯖江)  83.900
8位 小宮 修雅選手(埼玉栄)  83.600

彼も去年の秋頃から飛躍してきた選手です。ゆかの切り返しワザがカッコイイ。大崩れせずに
6種目まとめられて8位入賞は自信につながりますね

9位 倉島 大地選手(市立船橋)  83.450

4強に割って入ってくるなら倉島くんかな?と思っていたのですが、全ての種目で細かいミスが
重なってしまい、大変悔しい順位になってしまいました。本当~にもったいない内容ばかり。
次こそきっと!

10位 高橋 一矢選手(中 京)  82.750

彼は市船メンバーの組に入って演技するも全く気後れすることなく、跳馬以外はノーミスでした。
唯一の失敗はローチェに挑戦も尻もち。スタート種目の遅れを盛り返しての10位は素晴らしい!
応援団もたくさん来ていて励みになったでしょうね。自信につながりますように。

11位 立石 卓也選手(関 西)  82.350

色白で体型が先輩の神本くんにそっくりで、顔は弟の将くんに似ていて「神本2世」な立石くん^^
ニコニコと笑顔いっぱいで楽しそうに演技していました。若い関西チームを引っ張る役割りを
頑張ってほしいですね。


他、印象に残った選手は1班で演技をした小松島の府殿 大佑選手。
膝下から爪先までの足のラインが抜群にキレイ!佐賀インハイの時も感心した記憶が…。
得意なゆかも種目別8位に入る高得点でとても良かったと思います。得意種目を伸ばして
上位陣に近づいていけますように。

同じく1班で演技した名城大付属の横井 君宇選手。
平行棒で落下してしまったのですが他5種目をまとめて、特にラストの種目、吊り輪の倒立の
微動だにしない美しさに感心しました。1年生でキツいローテをモノともせず、種目別では3位の
高得点!D得点合計も強豪校の1年生に負けない高さ!今後も注目して行きたいと思います。

名経大付属の大嶽 直也選手、上半身が逞しくなってて驚きました。得意のゆかはD-6.5!
もう少し落ち着いて丁寧さがあればEがもらえると思うのですが、慌てた演技が多かったかな。

洛南や清風の選手が平行棒でモリスエ。2班でバブサーやシャルロもけっこう見た記憶が。
ゆかや平行棒は大ワザたくさん見たけれど、鉄棒が全体的に低調だったかなぁ。
体操の「華」である鉄棒を得意とする選手が少なかった印象があります。。。

この結果、千葉、楠川、小宮、高橋、立石、山川各選手が5月の全日本出場権を獲得!
おめでとうございます。(彼ら以外の上位6名は既に出場資格を持っています)
ひとりでも多くNHK杯へ進めますように!


これから続くいくつもの試合を経験しながら、代々木で行われるインターハイを目標に
フィジカルもメンタルも更に強くなっていけますよう願っています。

選手及び関係者の皆さま、お疲れさまでした。ここまで読んで頂き、ありがとうございました。




COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)