Fairy Tail

2013全社@三重 中篇


朝、晩はだいぶ過ごしやすくなったけど日中はまだ少し暑いですね。
でもカラッとしていて湿気が少ないので助かります~。あのベタベタ感は勘弁してほしい。

今日は中秋の名月。窓の外は闇に包まれるも、一番高いところから眩しい明かりが^^
空気も澄んでいたせいか、まるで金メダルのように!輝いていましたね。

月を跨いでベルギーで体操の世界選手権が始まります。
日本代表選手にひとつでも多くメダルが手渡されますように。


全社レポに戻ります^^

Ⅱ班の選手の公式練習が始まる前、戴いたお土産を車に置きに行こうと外に出て階段下を
見ると、お昼時だったので数台のネオ屋台(オムライスが美味しそうでした)に長~い行列!

館内の売店は営業してないしアリーナの周囲は何にもないので、休日やイベント等がある時は
お約束のように車移動の屋台&カフェが並ぶようです。

で、階段の途中で知り合いに会って少し立ち話して駐車場に向かおうとすると、いつの間にか
大型バスが目の前に止まっていて、中からKONAMI御一行様が降りてきた!

丁度、一番端のネオ屋台の脇を通って関係者出入り口に歩いて行ったので、その屋台にズラッと
並んでいた行列が「入り待ち?」のような花道になり(^^)スマホで写真、撮り放題でした。

そういや種目別@東体の時も交番先の横断歩道のところでTAXI降りてきた内村山室青山くんに
出くわしたっけ。なぜか遭遇率が高いKONAMIさん。なぜかいつも一番会いたい人には会えない
切なさそんなモノかもしれませんねー。


演技レポを少しだけ思い出します。





団体メンバー、KONAMIコバ研植松航平白井山室佑典各選手。

徳洲会恭一優佑リョウタカマサヨシ亀山佐藤各選手。

KONAMIの団体にルーキーの白井選手!!これは快挙です。実績のある先輩や、同期との
競争を勝ち抜いてのメンバー入りで大きく成長、得意の床から納得の演技が続いていました。

吊り輪の静止が少し甘かった以外は持っている力を全部発揮できたと思います。
跳馬のドゥリッグスが距離も雄大さも抜群で観ていて爽快!平鉄はまだまだこれからもっと
良くなるような雰囲気です。どうぞこのまま怪我なく順調に伸びていけますように。

コバ研選手。あん馬であと少しの所で落下してしまいましたが、その後の演技は崩れることなく
さすがでしたね。今年は特に鉄棒がとても安定してきたな~と思います。頼もしいチームキャプテン!

植松選手。あん馬は最初の旋回から既に危なっかしく大失速するも、他はきっちりまとめる。
得意の平行棒は少し無駄な動きが多くてEスコアをもらえなかったのが悔しかったですね。
鉄棒はさすがでしたね^^チームのオーラスを任されて期待通りの16.000。直近のN杯~種目別と
この全社まで、ずっと安定しているのでホント世界に挑戦させてあげたかった!

航平選手!
こだわりの着地が鉄棒以外がもうひとつだったことと、ラスト2種目の疲れ具合が少々
気になりました。痛い箇所もまだ抱えて、それでもハイレベルをキープできる、豊富な経験から
くる柔軟な試合運び!!まだまだ世界王者は銀河系空間を、悠々自適に舞い続けています。

山室選手!
床は難度をだいぶ下げて安全運転で。跳馬はドゥリッグスまで戻す。吊り輪はチカラワザの
連続&表現力も更に一段階上がったように見えました。鉄棒は捻りワザの角度で減点されたか
Eがもらえず、ちょっと残念~。久々の6種目で疲労もあったかな?世選ガンバです!

佑典選手。。。
吊り輪まではギリギリ良かったんですー。ただ、床が少しあわてていたように見えて着地もいつもなら
キレイに踵が揃っているのに上手くコントロールできなくて、何か違うな~と若干不安もありました。
そしたら今年はずっと安定していた跳馬でお手付き&大きくマットの向こうに吹っ飛んでしまう

平行棒はシャルロを入れた構成にしてから成功率が低い、、シャルロは横に出てから浮腰上がりに
つなげ、ヒーリーの後でダブルスイング?ぐだぐだになってしまい13.900は穴があったら入りたい…
鉄棒はコールマン~リバルコはつながったものの、まさかのヤマワキ抜けてDスコアが下がってしまう。
う~~ん、後半3種目が問題大ありでした。歯車の狂いはどうか最小限で留められますように。

KONAMIチーム!団体戦はぶっちぎりの優勝。5連覇おめでとうございます。
単独チームで世界と戦ってもOKなメンツです。サッカーみたいにクラブチームの世界大会とか
あれば文句なくトップでしょうね。対抗チームの奮起を期待したいところですが・・・・。


長くなったのでまた明日続けます。


COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)