Fairy Tail

2013インターハイ @ 佐賀 vol.4


本日発売のNumber834
FACEのページに野々村笙吾選手が取り上げられています。
わーい(^^)楽しみですね。明日早々に本屋へGo!ですね♪

ナショナル合宿が再び行われているようです。今回は少し長い期間かな?
東アジアのメンバーも一緒でしょうか?怪我なく滞りなくメニューを消化できますように。

51zyFFObC0L__SL500_AA300_.jpgクリックで目次に飛びます~。

表紙は松井秀喜氏、あの伝説の「夏」!5打席連続敬遠、今でも語り継がれていますね…
陸上の記事も少しありますし久々の購入、じっくり読みたいと思います。


プロ野球も・・・
怖いもの見たさで毎晩ひっそりとチェック(^^;
も~~、7月のロッテは6勝13敗と大失速!貯金も目減りしまくっています。
今は何とか首の皮一枚で耐え忍んでいる状態でして、連勝は無理でも2カード勝ち越しで
浮上するキッカケを掴んで欲しいです。来週は年に一度のQVCで生観戦^^勝てますように!


インハイ体操、つづけます。





4位 埼玉栄 (埼玉) 神津、中谷、檜野、小宮

加藤裕斗選手が直前に指を痛めてしまったようで出場できず、ポイントゲッターの彼の
欠場と、中谷選手のまさかの絶不調が最後まで響いてしまいました。良かった点は
神津キャプテンの復活が頼もしかった事と、3年生の檜野選手が、大きく崩れることなく
2日間共安定していた印象が強かったこと。

神津くんがあん馬のみ棄権したので、残り3人の演技が全て得点になるプレッシャーに
負けてしまったか、予選決勝とも10点台の得点が出てしまったのが大誤算でした。

そんな中、個人枠で出場した2年生の山川選手が楽しそうに、のびのびと演技していました。
細身で裕斗くんに佇まいがソックリだったので最初、見間違えてしまったくらい!
ワザを少しづつ増やして上位を狙って行って欲しい選手です。

何かが足りない、、、と栄の選手を見て毎年思うのですが、一番大事な「丁寧さ」かなぁ。
同じワザを実施していても見栄えや見せ方が、上位3チームの選手達の意識と比べると
少し劣っているかもしれません。3位チームに大きく水を開けられてしまった得点差。。。
全ジュニでは1点でも近づきたいですね。万全のチーム状態で臨めることを祈っています。


5位 関 西 (岡山) 立石、堀内、柚木、米倉

2年生1人、1年生が3人という超若いチーム!難度はまだまだですが皆さん健気な演技。

以前から観てみたかった堀内柊澄選手。予想通り^^ステキな体操をしていました。
雰囲気が洛南時代の瀬島くんに似ているかも。小柄ですが美しい体線をアピールした堅実な
演技。2日目はさすがにパワー不足か、もうひとつな内容でしたが苦手種目のないAAとして
大きく成長していただきたいなと思いました。平行棒、鉄棒がとても良かったです。

1、2年生主体で予選決勝共5位。決勝班を経験したことで来年以降が楽しみですね。


6位 洛 南 (京都) 7位 明 成 (宮城) 8位 創成館 (長崎)

洛南が漸く定位置に戻って来ましたね。大応援団の声援を受けて予選から2つアップの6位。
OBで順大の原田監督や冨田コーチも観戦されていましてホッとされたことでしょう。
3年生の永吉選手のゆかが素晴らしかった!D6.0、E8.750はお見事でした。最近の高校生
ゆか演技はシニア並のレベルでこなせる選手が特に多いように思います。

明成はいつも跳馬の強い選手が出てくるのですが今大会は今までと違い、粘りの演技!
ひとり、床跳ができない選手がいたのに他3選手がしっかりバックアップしていて見事な
チームワークだったと思います。

創成館はAA10位に入った冨岡選手の存在が大きかったですね。
田辺工の楠川選手や高崎工の島田選手のように、エースが盛り立てて仲間が発奮する!
ミスのない演技で引っ張る存在は団体戦には欠かせないなと思いました。


エピローグを書いて終わります。。。


  


COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)