Fairy Tail

2013NHK杯 @ 代々木 vol.8


今週末が種目別選手権ですね。なんとかN杯レポは終結できそうです。

公式Blogで出場選手の背番号が発表され(ゆかのシード選手から順に)その差し替えpdfにも
航平くんの名前がなく、先日のJOC最優秀賞受賞の取材でも「種目別に出る予定はない…
とのコメントが出ました。せめて一種目だけでもと、無理を承知でお願いできないのかな?

オープン参加でもいいので、できれば「鉄棒!」観てみたいですね。

えっと。

vol.6のエントリーで、今年度のナショナル強化指定選手がN杯最終順位の10位まで?
などといいかげんなことを書いてしまいすみません。例年通りだと上位12名までがナショナル
入りとなります。(毎年コロコロ変わる選考方法に釣られてしまい、記憶もあいまいになっています^^;)
あとは協会推薦枠でロンドン五輪代表の山室くんが入ると思われます。

内村、加藤、野々村、田中、小林、齊藤、神本、吉岡、田中、植松、山本、瀬島

初のナショナル入りは神本雄也くん、吉岡くん、マサヨシくん!瀬島くんは返り咲きですね。
結局、大貴くんとはユニバとナショナルで明暗が分かれてしまいました。どちらも僅差
KONAMI 4名+1名、順天堂大 3名、徳洲会 3名、日体大 2名
各所属先で今現在、最も強い皆さんが順当に入りました。バランスも良くていい感じ^^


ラストスパートで!




18 18 岡村 康宏選手 (朝日生命) 86.100 (16) 86.050 (17) 170.60022

得意としている吊り輪は2日間とも15.150、安定していましたね。ただ1位ポイントが少ない
分、山室くんの方がリードしているのが厳しいところです。なんとかして報われないものか・・・。
ずっと大きなミスなく来て、2日目の鉄棒で落下があった以外は納得のいく順位につけました。

岡村くんの鉄棒のホップターン、近くに座っていた学生が「おおおお!!!」と感嘆の声を上げてました^^
手放しワザのような彼独特な捌きがステキです。いつも観られることを楽しみにしています。


19  早坂 尚人選手 (市立船橋高) 83.750 (30) 86.850 (10) 170.600 22

初のN杯出場で、高校生としてこの順位につけられたことは十分合格点なのですが。。。
終わってみればホントもったいなかったですね。決して守りに入ったワケではないと
思うのですが8位通過ということを色々意識するなと言う方が無理だったかなぁ。

1日目はあん馬スタートで、頭と身体がまったく違う反応をしてしまい、吊り輪も流れて
しまう部分もあったりで上手くコントロールできず、過緊張からくる不安と焦りが見えて…。

跳馬の着ピタで我に帰ったか?と思ったのですが、最後のゆかまで早坂くんらしくない動きで
いたたまれない結果となってしまう。・・・もしかしたら脱水症状があったのかもしれない。

落ちるところまで落ちた2日目は気持ちも吹っ切れて、のびのびといつものガッツポーズも出て
「いったい昨日は何だったんだろう?」と思わせる、2日目のみだと10位という最高の内容!
今回のこの苦い経験は、これから更に大きく飛躍していくためのプロローグだと思われます。
ひとつひとつの試合をどうぞ大切に、計り知れない可能性に大いに期待しています^^


20  中島 立貴選手 (KONAMI) 84.600 (25) 84.900 (26) 169.500 25

ああ、、、ここにも全日6位から逆噴射してしまった選手が(汗)タツキどうしちゃったんだろ?
1日目のゆかから吊り輪までは全く問題なく、全日と同じように落ち着いた内容だったのに
跳馬のドゥリッグスが空中分解ぽく着地大きく乱れて13点台に沈み、ショックからか?平行棒と
鉄棒は平常心で演技できない雰囲気で、どちらも小さなミスを繰り返してしまっていました。

2日目は吊り輪スタートで跳馬までは上手くまとめるも得意の平行棒とあん馬で大きく後退。。。
ゆかは長身を生かしたダイナミックな跳躍で1位ポイントを獲得するなど、目を見張る演技も
あったのですがどことなく不安定な、いつものタツキくんの姿になってしまいとても残念です。
切り替えられる強さと更なる粘りを身につけて、また挑戦して行ってほしいです。


21位以下の選手を少しピックアップして終わります。
つづく。。。


COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)