Fairy Tail

2013NHK杯 @ 代々木 vol.4 ※追記しました

Number Web編集室のオリンピック・コラムです。

“安全運転”で体操NHK杯5連覇。内村航平の本当の目標は東京五輪

2020年東京五輪開催決定が、息の長い選手であり続ける為のモチベーション維持に
つながり、それと平行してリオ五輪では理想の演技と融合するように団体戦の金メダルを
手に入れることができれば!太く、長い体操人生を選択しつつある航平くんです。

ただ、団体戦は自分の力だけでは勝てない・・・。どのような育成&選考方法が一番いいのか?
試行錯誤の日々が始まっています。彼を取り巻く改革が少しずつ実を結ぶといいですね。


今夜、追記します。
追記しました。





その前に^^
理恵ちゃんのプレゼン!大成功だったようですね。堂々としたスピーチ、お疲れさまでした。
オリンピアンの皆さんが2020東京五輪への夢を、願いをつないでくれています。
あと3ヶ月後、、、身を粉にした活動の数々が報われることを祈りたいと思います。


  田中 和仁選手(徳洲会)  88.200 (4) 89.100 (2) 177.300

全日9位通過から怒涛の追い上げでN杯だけの順位だと3位!AA枠の2位までは1.675点・・・
2日間のミスは1日目の鉄棒落下と2日間とも跳馬の着地をまとめられなかった、その3つのみ。
う~ん、跳馬はやはり足をかばっていた感じで思いっ切り跳べなかったのかもしれません。

鉄棒は後半、ひねった後の大逆手が掴めず落下↓いつかの世選団体のリプレイのような。
跳馬は1日目がライン減点0.3、2日目が片手お手付き。そこまで順大の2人に肉薄!ラストは
和仁さんも絡んで三つ巴の平鉄かも、、、と観念しましたが、跳馬でキツクなってしまいました。

鬼門のあん馬はD5.8が2日間、キレイに通る通れば高いE(両日8.850)がもらえますね。
東京W杯で痛めた足…時期が悪かったとしか言いようがない。万全な状態だったら、AA枠に
届いていたと思うと無念です。でも平行棒でポイントをしっかりGetしていて種目別選手権で
いつも通りの演技を行えば、代表入りの可能性が高いと思うので一点集中!ガンバです^^

位  小林 研也選手(KONAMI) 86.400 (11) 88.300 (4) 174.700

コバ研くん、跳馬は2日間ともアカピアン。6種目やる時は難度上げると、その後の種目に
色々と響いてくるのかもしれない。無難にまとめていました。

1日目のあん馬、途中から旋回乱れて後半のウ・グォニアンで落下。D6.3 E7.200
つり輪はD6.4 E8.400。平行棒はティッペルトか何かで脚がバーに触れたのかもしれない。
6.7 E7.950で得点伸びず。あん馬と平行棒、得意種目の大過失が痛かった。
2日目はゆかの着地が不安定でE8.250となった以外はノーミスで、しっかりと立て直せた
強さはさすがでした。種目別では平行棒のDスコアをガツンと上げてきそうですね。

 13 斎藤 優佑選手(徳洲会) 87.150 (7) 87.900 (6) 175.050

全日13位通過から6位入賞!超安定のスコアが2日間共並び、2年連続のナショナル入り!
おめでとうございます~。跳馬のヨーⅡでポイントも取りこぼすことなく、納得の2日間だったと
思います。得意な鉄棒も迫力満点社会人になってからも停滞することなく、年々成長して
いる姿に驚かされています。真っ直ぐ、ひたむきに演技に取り組んでいる姿も好感度大です^^
種目別ではチャンスを活かせますように!


つづく。。。
 

COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)