Fairy Tail

世代を超えて・・・


「壁」を乗り越える

ナビゲーター為末 大氏が理論整然と読み解く、スポーツ・ドキュメント番組!
勝利へのセオリーとして専門分野のマインド・セットに奥深くに踏み込んでいました。

北京五輪の男子4継銅メダル、アトランタの屈辱から北京の歓喜までの長い道のり。
身体能力では敵わなくてもチームで、日本人らしい緻密な作戦で、運も味方して…
そして新世代につながれて行くバトン。物怖じしない若い選手の奮起に期待ですね。

為末さん!その鋭い観察力で是非ぜひ体操競技にも密着してほしいです。
ちなみに次回のズームアップはバドミントンの指導者。

今夏の世界陸上に向けて今、陸上短距離陣営に注目が集まっていますね。
陸上日本選手権は丁度、体操競技のNHK杯とブッキング。。。
地上波で生放送の為、体操は教育テレビにシフトされてしまいました。
代々木に居ながら味スタの短&長距離の結果にもソワソワしてしまいそうです。

2週に渡って開催された関東インカレが終了。
短距離は200M&100Mで慶応の山縣選手が2冠。200Mでは参加A標準も切る!
これは間違いなくジェット「桐生」効果ですね~。
シニア選手の闘争心に火を点けた強烈な高校生の存在が今後も注目されます。

山縣くん、日本選手権はたぶん100Mで勝負でしょうね。誰が勝つのか?10秒のドラマ!

関カレ長距離は山梨学院のオムワンバが無双。1500M、5000M、10000Mの三冠。
ケニア若手の超絶進化っぷりに日本人選手も負けずに追いついて欲しいです。

あとは日体大の長距離陣営が相変わらず好調ですね。箱根は今んとこ優勝候補かな。
早稲田は大迫以外ほぼ撃沈・・・優勝どころかシード権もあやうい状態かも。
順大も同じく↓↓まったくと言っていいほどダメダメで他校の主力とは雲泥の差でした。
東洋大は短&長距離、満遍なく入賞していて健闘していましたね。

2部の駒澤は煮え切らない結果。大東大が1部に昇格できるようです。
そうそう、市船の野々村&今林くんと同期生の、大東大・梨本選手が2部100Mで優勝。
(200Mは3位)来年は1部で見られますね。市船同期で競泳の平井選手も自由形で
バルセロナ世界選の日本代表に選ばれていますね。優秀な世代!次に続いてほしいです。

対抗戦は日大が優勝。フィールド種目が強かったのかな。

  line-bud-r.gif


プロ野球セパ交流戦!

土曜日は西武の投手が完封勝ち^^ヤクルトの小川泰弘投手も新人5勝目!
そしてロッテ快勝でご贔屓がでニマニマロッテは今日も勝って連勝。
で、ちやほやされてる高卒ルーキーの対決を横目にパの順位表を見て再びニマニマ

今のNPBにお客さんを呼べるスター選手が少ないので、甲子園を湧かせた彼らに
夢を託す気持ちもわからないわけではないけれど、、、ちょっと騒ぎすぎってか?

某選手、二刀流でハタシテどこまで行けるのかな?
プロの世界はそんなに甘くないと思うけどなぁ。。。

COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)