Fairy Tail

2013箱根、往路を終えて・・・


去年、一昨年と絶好のコンディションから一転、強烈な向かい風が吹く過酷なレース!
戦前の2強(駒、東洋)+3チーム(早、明、青学)の予想から、まさかのチームが往路優勝!

日体大強かったー。

5区間全てノーブレーキ。初の5区に挑んだキャプテン服部選手の気迫満ちた走り。
日体がこのまま総合優勝できれば彼が金栗杯獲得になるでしょうね。

1区を走った勝亦選手^^静岡出身で中学生時は世代ナンバーワンの選手。
高校3年間はもうひとつでしたが箱根予選会で良いタイムで走って復活の兆し。
今大会もトップから35秒差と、充分役割を果たしました。大きく育って欲しい!

去年、チーム初となる繰上げスタートの屈辱に加えて総合19位と大惨敗。直後の反省会に
当時2年生の服部くんがキャプテンに任命され、繰上げの悔しい想いが込められた2本の
襷が寮の食堂に、日々目にするところに置かれていた映像を見ました。

一昨年、21秒差で敗れた東洋が去年雪辱を果たしたように、日体大もこの1年間泥臭く
地道にレベルアップして予選会を首位で通過。本戦の往路で爆発!
悔しい想いをしたチームが強くなって返ってくる「箱根」に壮大なドラマを感じます。

東洋は4区&5区が誤算。層の厚さからしてもう少しやってくれなきゃダメでしょ~。
それでもライバルの早稲田は強い選手を全部使いきって4秒差。駒澤は9位に沈み
2分40秒離れた日体のみ追いかける展開。早めに追いついて突き放したいですね。


あ~、それにしても持ちタイムなんて関係ないですね>箱根
駒澤の、ここまで失速を誰が予想したでしょう。あんなにオドオドと自信なさそうに走っている
窪田くんの表情も初めてみました。気負い過ぎたか?4区の大撃沈も酷過ぎ↓

法政大はダントツ最下位予想だったのが嬉しい誤算。西池くん、いいスターターでした
5区を走った関口選手がサプライズでしたね。復路も粘ってシード目指して!

順大は3区までいつものパターン、4区の田中選手5区の西郷選手が盛り返す!
田中くんは流れを変えるエースの走りで区間賞。インタヴューが流れなかったのが残念~。
西郷くんは去年の経験を生かしましたね。とりあえずシードは大丈夫そう。

神奈川大は4区まで良かったのに5区が大ブレーキ。たぶん最後の下り&平地は、去年の
農大の選手のような状態だったんじゃないかと。よく完走できたな・・ゴール後も放心状態。
加えて城西大&中央大が5区の最後に脱水症状等が起きて途中棄権。いかに過酷だったか…

明日は気温が上がらず、今日とは逆方向からの強風だそうでまたまた向かい風。
タフなレースを制するのは、はたしてどのチームか???



COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)