Fairy Tail

国際大会の結果&関東学連新人戦 @ 栃木県体


チェコ国際が終了しました。

瀬島くんがゆかで金メダル、垣谷くんがあん馬で銅メダル、武田くんが鉄棒で銀メダル!
種目別で3個のメダル獲得は嬉しい結果ですね^^

久永くんが吊り輪で5位入賞でした。それでも15点台を獲得できたのは大きな収穫!
1位2位が16点に届きそうなハイレベルな戦いだったので充分満足でしょうね。

皆さん、胸を張って帰ってきてください。おつかれさまでした。
来年は是非ともナショナル入りが叶いますように!

先日のアジアシニア選手権の決勝結果も振り返ります。

健三くんがゆかで金メダル、跳馬6位入賞。古谷くんがあん馬で銀、鉄棒で銅メダル。
小原くんも鉄棒で同点銅メダル!鈴木 湧くんや星野リッキーも平行棒で入賞など。
理不尽な採点方法にもめげず、持っている力は発揮できたのではと思います。

古谷くんは仙台大の2年生。先日の全日団体でもチームの主力として活躍していました。
手足が長くて見栄えのする体型!髪型もアンシンメトリー入ってて目立ってました^^

健三くん、ユルチェンコ3回ひねりに挑戦したそうですね。が、惜しくも認定ならず。
でも試合で跳んだ意欲は評価したいなと思います。ドゥリッグスもお披露目とはすごい!

彼のような、この年齢で床跳に秀でた選手を上手く育てていけないものだろうか?
他種目を強化をすることで、伸びている要素が潰れてしまうようなことがないだろうか?
オールラウンダー育成が第一である日本の、永遠の課題かもしれませんね。

選手の皆さま、おつかれさまでした。
日の丸をつけて戦った経験を今後の試合に活かせますよう、頑張ってください。


日曜日、宇都宮まで行ってきました。
印象に残ったことを少し・・・




アテネ翌年の全社&3年前の東インカレに続いて3度目の栃木県体ですが、新人戦を生観戦
するのは初めて!今年の大1は彼らが高2の春から比較的たくさんの試合を観てきているので
想い入れが強く、一年前に大学進学先が明確になった時から「絶対に行こう」と決めてました。

2010年の全日&N杯の前座で行われたユース五輪の選考会が、彼らを強くしたと思います。
結局、代表に選ばれたのは1学年下の選手で2位以下は追い上げ空しく散ってしまう。

そんな、横一線に並んでいた彼らの3年後は・・・

々しい大舞台で活躍した選手、前年と比べると今年はひたすらえる年となった選手
怪我で思うように演技ができなかった選手、長いブランクの末、漸く復帰戦となった選手
そして大撃沈から立ち直って栄冠を掴み獲り、自信を取り戻そうとしている選手
浮き沈みが激しく、もがき苦しんでいる選手

などなど、過去3年間いろいろな会場で観てきた試合を思い出しながら今現在の、彼らの
成長しながらも、切ない部分も見え隠れしている姿を再確認してきました。

順大は全日団体優勝メンバー3人を含めた鉄壁の布陣で。谷田部選手は2年ぶりの公式戦。
野田選手も今年のインカレ部内選考で怪我をしてしまい、大学に入って初の試合です。
お二人、それぞれ手首や肩の故障明けなので無理できない種目は演技をせず慎重に。

凌平くんが安定感抜群のノーミス演技で引っ張り、復帰組も今できる精いっぱいの演技で
ミスなくチームを盛り立てる。市瀬くんは跳馬のローチェで16点台を獲得して大喜び。
カイトくんも2種目めのあん馬で日本一の演技を存分に披露して流れを呼び込む。

野々村くん、試合前から右鎖骨辺りを気にしていたようで5種目めの平行棒で痛めてしまい
鉄棒を棄権。2位に大差をつけていたこともあって大勢に影響はありませんでしたが
彼にとって今シーズン最後の試合、またしてもホロ苦さだけが残ってしまいました。

あん馬の降りと跳馬の着地失敗以外は彼らしい演技ができていたと思います。
痛めた箇所は安静にしていれば大丈夫だそうですので大事に至らないことを祈っています。

順大の選手は難度を少し落として余裕を持たせた構成で臨んでいました。

凌平くんもトータルで、夏のインカレ個人総合のDスコア合計ぐらいだったと思います。
全日団体であれだけ爆上げしてほぼ通しきったことで、自信が更に倍増になった感じですね。
失敗する気配さえ見えません。身体も絞れていて理想的な状態に感心しまくりです。

野田くんの美しい演技も復活して嬉しい限りです。鯖江のOBは、演技のどこを切り取っても
一瞬の倒立の姿勢が常に決まっていて、本当に基本がしっかりしているな~とホレボレします。
市瀬くんの床跳も期待通り、見応えありました。

それぞれの選手が持ち味を発揮して2位に8点以上の大差をつけて優勝!
日体大の11連覇を拒む、10年ぶりの新人戦団体優勝、おめでとうございます。
嬉しさも半分、表彰式に野々村くんの姿がなくて、ちょっとしんみりしてしまいました。。。

2位は日体大

スタンド団席には同期や交流戦に出場した選手が大勢詰め掛け、選手の名前入りフラッグを
掲げて賑やかな応援に後押しされ、ムードメーカーの長谷川くんが演技と掛け声で引っ張り
平行棒&鉄棒は上々のスタート。が、ゆかでポイントゲッターが大撃沈、あん馬も失敗演技が続き
団席も次第に元気がなくなる←とてもわかりやすい

吊り輪を粘って最後の跳馬!ドゥリッグスをまとめて16点台を連発!最後の6人目。
それまであん馬のみの演技だったくんが、ドゥリッグスを跳んで立つ!!!!15.850

メンバーも団席も大盛り上がりでした。怪我で苦しい思いをしている彼を、影で支えてきた
仲間全員が跳ばせてくれた跳躍だったと思います。日体大のオーラスは見ているこちらにも
感動が充分に伝わってきました。点数は届かなくても、皆で励ましあうチームワークは
一番だったと^^岡くんも来年に繋がる演技になったと思います。どうぞ克服できますように!

日体の1年生は急激に身体が大きくなる印象がありますよね。去年の横山くんしかり。
池尻くんも長谷川くんも1回り以上大きくなったような気がします。補強の成果でしょうか。
これから伸びていく世代ですので得意種目を磨きつつ、目標を持って頑張ってほしいです。

3位は、たぶん駒澤大学が入ったと思います、またリザルトが出たら追記しますね。

今大会、くんがスーツ姿で鉄棒のE審をしていました。小顔でスタイル抜群なので
スーツがメチャ似合う!が、そんなの脱いでユニ着て鉄棒でゲイロードⅡを見せて欲しい!
と思ったくらいです。もう、ずっと審査する側に回ってしまうのでしょうか。
本当に、とてももったいない。同期はまだまだ、何人も頑張っているというのに。

これから関口さんや星くんがE審にいる鉄棒は選手の皆さん、更に緊張しそうですね^^;

あと、Eスコアの出方が全日本に比べると0.2~0.3くらい甘いかなぁと感じました。
跳馬はアカピアン着地ピタで9.600もらってたし、ドゥリッグスも着地まとめれば
9.25~9.400!ばんばん出ていました。床も滅多に出ない9点台がいっぱいいましたね。

カッシーナもいくつか見たし、平行棒もバブサー見たし(これは駒澤の選手がやってた)
ゆかも切り返しのワザを入れてくる選手が何人かいたし、また来年の新採点法によって
流行りだすワザは何だろうな?とワクワクさせてくれる最終班だったと思います。

同期だけで組む最初で最後の団体戦。それぞれの想いを胸に、また来シーズンも
切磋琢磨し合い、目標を高く掲げて頑張っていただきたいなと思いました。

選手及び関係者の皆さま、おつかれさまでした。



COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

こんばんは!いつも、緻密な分析と文章
凄いなあと思いながら
読ませて頂いています^^

野々村選手の怪我
1週間程で治るようで
本当によかった。
Twitterで、今林選手が報告してくれてました。
胸が開く怪我だそうですね。素人にはわかりませんが、一安心させてくれました。
インカレも今回も、平行棒が鬼門のようですね。
でも、野々村選手の事ですから
きっと、すぐもどってきてくれることでしょう!

星選手も、今林選手情報だと
正式に引退という訳では
なさそうでした。
本当に、全日の平行棒の
足の美しさには、見ほれていました。
もう少し、演技を見続けたい気持ちに
させてくれます。
選手に戻ってくれるのを
待ちたいと思います^^
あ、審判のスーツ姿も
見てみたいですが。。

Twitterに戻ってみたら
内村選手、ご結婚だそうです^^
おめでとうございます〜!!
詳しくは、不明ですが。。
あまりに突然なお話で
びっくりしております^^

> rukkychoko さん

こんばんは~^^コメント、ありがとうございます!
いつも温かいお言葉、感謝しております。

> Twitterで、今林選手が報告してくれてました

カイトくん、ファンが心配しているだろうからって気を利かせてくれたのね。
本当に仲間想いのステキな選手です。野々村くん、大事には至らず良かったです。
平行棒!あの状態でも最後の着地まで完璧でしたよ。耐える強さはさすがです。
来年も是非ぜひ!応援してあげてください。

> 星選手も、今林選手情報だと正式に引退という訳では

そうなんですか。。。もし、まだ迷っているのなら戻ってきて欲しいです。
来年の春も星くんの演技、観られると信じて過ごしたいですね。


そして航平くんの結婚News(^^;
早々のコメント、ありがとうございます。

ビックリでしたが、彼らしい決断&選択だったと思います。
怪我で苦しいときに傍で親身になって支えてくれる人がいると知っただけで、私は
「ああ、よかったな~」とこころからホッとしました。

ひとりぼっちで悶々とリハビリする日々を過ごすのはツライことですよね。
今は動揺しているファンの人達も、きっとわかってくれると思います。

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)