Fairy Tail

2012 全日本団体決勝 vol.3


昨日、和歌山で行われた「ロンドンおかえり演技会」を観覧に行ってきました。

アットホームでとても温かい空間でした。田中和仁理恵佑典選手に加えて
羽衣国際大の新竹選手、武庫川女大の荒川選手、大体大の北野選手
女子選手は関西地区からの賛助出演、おつかれさまでした。

そして男子は順天堂大から井村選手&柴田選手。お二人とも和歌山出身です。
先輩と一緒に地元の帰国演技会に出場できたことは一生の思い出ですね^^
3年後の「わかやま国体」の強化選手にも選ばれています。

男女各種目、2~3人が軽めの構成で演技を披露してくれました。
理恵ちゃんのゆか、田中さんの平行棒、佑典くんの鉄棒!
地元の指導者の方が各選手が実施するワザの名前を詳しく解説してくれて
初心者にもとてもわかりやすく、選手も楽しそうに演技していましたね。

後半は地元の小・中学生を招待して体操教室。
ベテランの先生が手馴れた司会進行で子供達のこころをガッツリ掴んだ準備運動。
これがとても楽しそうで「大人も参加させて~!」と思いました。

帰宅時間が迫っていたので途中で帰らなくてはならず、後ろ髪引かれる思いで。
佑典くんの「ただいま!」の元気な声が印象的なプチ演技会でした。

まだまだ続く演技会ツアー。いろいろな地方の体操ファンやちびっこ選手とのふれあいで
リフレッシュできるといいですね。


脈絡なく全日本団体戦、つづきます。




うっかり、書き忘れてますがここまでの順大 vs KONAMIのメンバー。
順大・・・久永 石川 加藤 今林 野々村 中出(ゼッケンNo順)
KONAMI・・・小林 沖口 内村 植松 田中 中島( 〃  )

補欠とのメンバー変更はありません。
4種目終わって、ここまで内村擁するKONAMIが苦戦中。。。

内村&山室が引っ張った去年のKONAMI、一昨年の日体大の場合、最初のゆかから
ドドーンと高得点を挙げて一位に躍り出て、そのまま最後まで突っ走って楽々優勝!
・・・といった、勝敗の行方は全く面白みに欠けていた全日団体でした。

今年は今まで蚊帳の外だった順大が主導権を握るといった行き詰る熱戦が展開中^^


第5ローテ

KONAMIの平行棒
コバ研、単棒倒立の入りがカッコイイ!安定感抜群! D-6.9 E-8.750
植松、バブサー懸垂を雄大に。着地も止める D-6.6 E-8.850
佑典、五輪と同じ構成で。攻めてくれーの願いも空しく… D-6.4 E-8.750
得点合計 46.250 3人ともJAPANの平行棒メンバーと言ってもおかしくない!

順大の平行棒
石川くん、いやもう肩幅&手が長いわ。倒立のキメ姿勢が気持ちいい D-6.3 E-8.950
野々村くん、棒下3/4宙が危なかったけれど素晴らしい修正力で! D-6.9 E-8.550
凌平くん、気合の入った屈身ベーレを種目別予選から入れて D-6.9 E-8.800
得点合計 46.400 JAPANレベルを凌駕する内容!学生最強の平行棒3人!

日体大の鉄棒
今大会の日体は難度を少し抑えて確実に美しく&安定させて通すイメージが強い。
武田くん、無駄な動きがなく洗練された車輪!Dを上げてもどうぞこのままで!スコア見逃す。
横山くん、トカチェフ3連発が安定もひねり系で角度逸脱&停滞惜しい D-6.7 E-8.100
瀬島くん、もっとできるハズなんだけど… D-5.9 E-8.750
得点合計 44.350 うーん、これが精いっぱいかな。

徳洲会の鉄棒
優佑くん、アド半~コールマンのシリーズ決まる!カッシーナ掴むー!去年から鉄棒の
レベルアップが半端なく素晴らしいです。このままドイツでも離れまくって!
D-7.3 E-8.250
桑原くん、いやもう落ちる気配は全然ないね。一時の不安定撃沈な演技は遥か彼方へ
D-7.1 E-8.250
田中さん、最近のコールマンは余裕で掴んでいます。流れもあって減点の少ない演技。
種目別予選のアド1で戻ったのが惜しかったな~。D-6.8 E-8.750
得点合計 46.450 全体のトップはさすが!平鉄でガツンと順位を上げました。

市船の跳馬
谷川くん、初めて跳んだドゥリッグスを立った!すごーーい!ライン減点なんてヘッチャラで。
D-6.6 E-8.800
早坂くん、ドゥリッグスの回転がナゼかユルユル遅くて尻モチ↓ D-6.6 E-7.850
晃司くん、アカピアン安全運転で無難にまとめる D-6.2 E-9.000
得点合計 44.950 ここは我慢か。

関西の跳馬
星島くん横本くん、アカピアン失敗跳躍で14点台は苦しい。それでも神本くんが
シューフェルトをしっかり決めて。D-6.6 E-9.100
得点合計 44.700 市船との差は0.3。ラストどうなるか???

仙大、菊池くんのゆか。3年前の彼が戻ってきた!タマヨも伸身ルドルフもダイナミック!
ラストの伸身ドッペルまで高さがすごい。膝も爪先も割れることなくキレイ!
DEスコア見逃すーー!15.400

日大、小林亮介選手のあん馬。旋回姿勢が腰高くて見惚れてしまいます。
難度は高くないけど好きな演技。故障明けなのこれからですね。D-5.9 E-8.900

上位4チームを追うだけでいっぱいいっぱいですみません。
本当なら筑波大もガッツリ観たいのだけど、たまに目を向けると失敗してて切ない。

ここまで
順大…226.900  KONAMI…226.500  徳洲会…223.350  日体…221.350

5種目終えて順大がKONAMIを0.4差でリード。KONAMIはあの平行棒メンツをしても
上に行けない。。。順大はチームに流れている勝負運をそのまま維持していましたね。
学生特有の、普段では考えられない計り知れない底力を感じました。


第6ローテへつづく。

COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)