Fairy Tail

続いて後半を勝手に展望


んー、疲れてきました あんまりマニアックになってもアレなので簡潔に。

それにしても昨夜から今朝にかけて一気に冷え込みましたねー。
秋を通り越して、いきなり冬が来たカンジ。

今大会の代々木は、たぶん5月のN杯と同じ設置で「初のポディウムで演技!」な選手も
たくさんいると思われます。モチベーションを高めながら、張り切って挑んでください。

夜になって心配なNewsがひとつ入ってきました。

内村、肩痛などで出場制限=全日本団体・種目別

蓄積された疲労からくる痛みだと思います。がむしゃらに突っ走ってきたので、本当なら
ここで完全休養してもらいたいくらいです!半端ない負荷を掛けてきた身体を、しっかりと
オーバーホールして来年以降に備えてほしい気持ちでいっぱいです。
それでも団体戦には出場すると言う航平くん、どんだけ団体好きなん・・・

跳馬、平行棒、鉄棒のpdfを眺めながら。



そういえば今大会の種目別出場資格者名簿、6種目全てにエントリーされてたのは
航平くんと野々村くん、お二人だけでした
。さすが!究極のオールラウンダーですね。

航平くんはゆか以外の5種目を辞退。直前になって種目別ゆか出場は回避しました。
野々村くんは表彰台狙い(吊り輪、平行棒)&シード枠(鉄棒)以外の3種目を辞退。

・・・と言ってもインカレ団体の鉄棒は、他の鉄棒得意な選手達が軒並み撃沈してまして
15.150の彼がトップの得点だったのも、なんだか去年の全ジュニアと同じ展開^^;
一発勝負の決勝!最後の演技は後悔することなく、思いきった挑戦ができるといいですね。


pid_025.gif 跳馬

2本揃えるのはやはり難しく、こちらは7名の辞退者がありました。
エントリーされている選手も2本目は大幅にDが下がる跳躍が多いかもしれません。
シードは仙大の山本収一選手と徳洲会の佐藤 巧選手

シード以外にドラグレスク、ロペス、ヨーⅡのDスコア7.0(+0.2)を跳ぶ選手は予想ですが

早大・小倉選手、明成高・佐藤 光選手、朝日生命の高校生・川井選手、相好・宗像くん
あっ!!!ここにもいました~~日体大の秘密兵器、鈴木康平選手がエントリー。
いやー、何跳ぶんでしょ?怖いわ。
あとはKONAMI・沖口くん、徳洲会・優佑くん、仙大・菊池くんぐらいかな。

この内、2本とも7.0の跳躍を跳べる選手は3~4人に絞られてくると思います。
ディフェンディング・チャンプの小倉くんV2成るか?高校生二人も切れと迫力があります。

あと、日体・勝太郎くんのドゥリッグスは飛距離もスケールも大きくて素晴らしい!
皆さん、2本目を6.6以上で手堅くまとめられれば表彰台は外さないと思われます。


pid_025.gif 平行棒

シードはコバ研くんと日体・瀬島くん。
これは大激戦種目ですね。パッと見ただけでDスコア6点台後半がいっぱい!

高いD&美しいEで勝負は田中兄弟野々村石川神本横山外村さんまで!
ガッツリ難度上げてパワーで押すタイプは植松桑原中瀬くんかな。

個人的に九州共立大・北川くんと早大の綿崎さんの演技も好きです。
外村さんのアームディアミ、くんのテンハイビン、最後まで通りますように。
ちゃん&タツキくん、同期生がんばれ!諦めずに食らいついて行って。
平行棒もゆか同様、ホント誰が表彰台に来てもおかしくないですね。


pid_025.gif 鉄棒

シードはKONAMI・佑典くんと野々村くん。
航平くんが出場しないので、ここは佑典くん!一番高い表彰台を狙いたいですね。

でもって、

まさかの順大・石川大貴くんがエントリーされてないって、ほんっと~~に無念↓↓
インカレ団体は落下ではなく、意味不明なミス連発で失速。Dスコアは7点台に
届かないので推薦ももらえませんー。もうホントざんねん過ぎる!強烈な手放しワザの
仙大・尾崎選手がいないのも悔やまれます。団体戦での一発勝負に懸けてください。

ここもとにかく凄いメンバーが集まっていますね~カッシーナもたくさん見られそう。
日本は伝統的に平行棒&鉄棒は強いんですよね。
それなのに世界では2種目とも中国がことごとく幅を利かしているのが悔し過ぎる!

高校生はもうここは参加することに意義があるということで、新しく構成に入れたワザを
大舞台で通すことができれば大きな自信につながりますね。まわりを気にしないように。

KONAMI・太田さん、日体大・長谷川くんはコバチ、トカチェフ系以外の珍しい手放しワザを
見せてくれます。あとKONAMIのくんも個性的なワザ満載で楽しいです。

セントラルのくん。。。この平行棒、鉄棒を最後に引退されます(涙)
一回でも多く演技できますように、両種目決勝に残れますように。

「簡潔に・・・」と言いながら結局ダラダラ書いてしまいました。
以上、お馴染みの体操ファンの方は全て把握されていることばかりです^^
今大会が初生観戦なファンの方に、少しでも参考になっていただければ光栄です。

五輪yearの締めくくりである国内最後の公式大会が始まります。
選手の皆さま、自身が納得する演技をたくさん見せてください!期待しております。


COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)