Fairy Tail

2012 ぎふ清流国体 成年男子決勝 後篇


昨夜、ここにたくさん書き込んだのに・・・
うっかりタブ閉じてしまったら、一言も保存されてなくって凹みまくりました

もうユルユル行きます。

帰宅してTVつけて映ったドラマ?映画?に引き込まれてそのまま最後まで>ダブルフェイス
緊迫した場面で容赦なく挿入されるCMに萎える…続編はWOWOWで月末にON AIRって
チャンネルに加入しなきゃ見られないとは非情な!予告だけでドキドキ。

   lineq_05.giflineq_05.gif


全日本種目別の組編成が発表になっています。

うーん、、、国体会場で噂はチラと耳にしたのですが、やはり事実だったようで…
あと、辞退した選手もいれば繰り上がって出場する選手もいたりで顔ぶれが各種目、少々
動いています。こちらもまた日を改めてエントリーします。

成年決勝のつづきです。





班は大阪、新潟、埼玉、北海道、長崎

大阪は日体大の横山くんが完全復活です。ここに来てやっと本領発揮といったところ。
今まで安定しなかった床跳も全く危なげなく、平鉄は本当に美しく舞っていましたね~。
重力を感じさせない軽やかな動き!全日本の団体メンバーに入れるよう祈っています^^

大阪は日体&清風OBチーム。そういえば千葉は順大&市船OBチームでしたね。

埼玉はALL栄OBで。澤田選手ではなく徳洲会の寺尾くんがエントリーしていました。
全社では奮わなかった彼ですが、この国体は集中していたと思います。
6種目ノーミス!これほどの演技がどうして全社でできなかったのか不思議です…。

順大の中出くん、あん馬の倒立で上がりきれず、最後まで通したのに伸びない得点に
落ち込んでいる姿が切なかったです。

大槻くんもインカレ団体で身も心も燃え尽きたのか?痛めている箇所もあって精いっぱいの
演技だったと思います。吊り輪や平鉄でも得点を稼げる彼ですが全日・順大の団体メンバーに
入れるのか気になるところ。

長崎は九州共立大の北川隼太選手が元気でしたね。更に一回り大きく補強されて得意種目で
高得点連発!平行棒、ガンガン攻めていたジュニアの頃を思い出しました~良かったです。
全日の種目別では床跳平の得意3種目、全て推薦出場ってすご過ぎる!!!期待してます^^

新潟は順大の金子選手。去年から今年にかけて安定感が更に増し、順調にレベルアップ
できているいる選手です。大きく崩れないところが素晴らしい!
床跳が強いのでスペシャリストとして全日団体メンバーに入れれば面白い存在になりそう^^

成年男子団体決勝

1位 千葉  268.450
2位 岐阜  265.600
3位 大阪  261.150
4位 埼玉  260.450
5位 三重  260.150
6位 福井  257.300
7位 岡山  253.900
8位 新潟  252.800

千葉チームは2年ぶりの優勝ですね。野々村くん今林くんは高2の少年団体から3年連続
国体優勝メンバーとなりました。成長著しい後輩と、頼もしい先輩と共に成し遂げた快挙!
おめでとうございます。

岐阜チーム!
強いメンバーが揃っている大阪&埼玉を大きく引き離しての2位はお見事でした。
大阪は徳洲会のマサヨシくんが床吊鉄の3種目を回避していたのでポイントゲッターの
調整不足が痛かったかも。それでも表彰台3位を逃さないところはさすがでした。

郷土の顔馴染みのメンバーで構成される国体チームは毎年、顔ぶれが少しずつ変わって
いきますが、「このメンバーと一緒にチームを組むことは2度とないかもしれない」
そんな想いも伝わってくる熱~い戦いが、各所で繰り広げられていたと思います。

来年の国体は東京で開催されます。再来年が長崎。その次が和歌山かな?
何年かに一度回ってくる全日のリハーサル大会はどこか?長崎!行きたいですね~。

少年決勝につづきます。


COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)