Fairy Tail

2012全社 @ 相模原 vol.4


昨夜の「グラジオラスの轍」・・・涙なしでは見られませんでした

表舞台で見せる笑顔の裏には、何日にも渡る重苦しい葛藤や歯がゆい想いがあった事。
捲土重来を誓う下級生の存在も目新しく、こころから応援したくなりました。
「団体メンバーに入りたい!」学生アスリートにとって最高の舞台、インカレに懸ける想い!
CXの担当者さんに同じ視点で是非とも男子ver.をお願いしたい

21日、全社vol.2のエントリーに非公開コメントくださった Nさん
鍵コメには基本、レスポンスは遠慮させていただいてますが特例として^^

  「これからも佑典選手の応援、よろしくお願いします。そして・・・
  懐かしいお名前&エピソード、嬉しかったです!ありがとうございました。」


全社レポをつづけます。。。




団体メンバーを書き忘れてました。

KONAMI・・・ 内村、小林、植松、沖口、森、田中
徳洲会…    田中、桑原、斎藤、渡邊、亀山、中瀬
相好…     下田、小泉、佐藤、外村、山口、武内
朝日生命…  塚原、岡村、山崎、久保田、諏訪、佐藤


pph01.gif 5位 田中和仁 (徳州会) 87.900

徳州会は一種目めが吊り輪から。。。ということは、ラストにゆか、あん馬が待っている
田中さんにとって超絶なる鬼門のローテです。ドキドキッ!

5.8 8.600  5.8 9.050  4.8 9.000  6.2 8.950(-0.1) 6.3 9.150  6.7 7.650

吊り輪は振動ワザを全部抜いて難度を落とした構成で、跳馬はそのまま安全策でアカピアン。
平行棒は棒下宙3/4を外して屈身ベーレ&屈身モリスエ!!!チホンキフ抜いただけでのびのび。
鉄棒は滞りなくいつもの捌きでキレイだな~と思ったら、なんと最後の着地でダイビングヘッスラ!

体操クラブの子供達が、ぎゅうぎゅう詰めに座っている目の前での腹這い転倒はバツ悪し^^;
会場内、笑うに笑えないタメ息&どよめいた空気が流れてしまう。。。(冷や汗)

で、注目のゆか&あん馬。緊張が伝わる演技前でしたが全く危なげなく素晴らしかったです^^
ゆかはロンドンで滑りまくったシリーズの前一回を外してたかも。あん馬、良かったです~。
リズムが一定で気持ちよく旋回していました、きっとたくさん練習したんだろうな…。

ロンドンで大撃沈を繰り返した種目のトラウマは、とりあえず一旦振り払いました。
ここで通さないと来年まで持ち越しになってしまうところだったのでホッと一安心です。
順位はともかく、モヤモヤを払拭したことで笑顔いっぱいでした。

体調が万全ではなくてもEスコアをまとめて上位につけられる実力はさすがです。
まだまだ!とにかく凹たれることなく徳州会のエースとして全日本はガンバです^^


pph01.gif 6位 亀山耕平 (徳州会) 87.500

N杯に進めなかった悔しさをバネに、この全社に懸けてきた強い気持ちが伝わってきました。
なんといってもあん馬がすごかった!D-7.1 E-8.600

正交差&逆交差の倒立や、把手と把手の間(馬背)で1080°転向(E)は4月の全日本でも
お披露目していました。ロスやウ・グォニアンもすごいスピードであっという間に移動!
内規加点は+0.2 ダントツ種目別優勝のスコアは15.700!

他5種目の種目別優勝は全部KONAMIに持っていかれた中、亀ちゃんが得意種目で
ブロックしてくれました~。全日本種目別も期待したいですね。
誰も寄せ付けないDスコアで、存在感を見せ付けてもらいたいなと思います。
平鉄でミスが出たので、この2種目をまとめればもうワンステップ上に行けそうです。


以上、入賞者6名でした。もう少し気になる選手をつづけます。


COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)