Fairy Tail

2012インカレ @ 仙台 vol.1


今年のインカレが開催された仙台市体育館は、私が初めて体操の競技会を観戦した
想い出深い体育館です。アテネ五輪の団体金メダルの熱狂も冷めやらぬ、2004年9月に
ここで全日本社会人選手権大会が開催されたのです。

冨田、鹿島、米田、水鳥、塚原各選手の演技。。。鹿島くんが跳馬の踏み切りに失敗して
がっくりと肩を落としていた姿が今でも目に焼きついています。それと、Ⅰ部で出場した
笠松選手のあん馬がメチャ素晴らしくって見惚れてしまったことと、冨田さんと仲良さそうに
お喋りしていた徳洲会の小川選手がスタイル抜群で目を引いていたのを今でも覚えています。

あと、試合後に徳洲会の応援スタンドにやってきた米田さんが、大勢のファンにもみくちゃに
されていたこと。寿思さんはなぜかスルーされていたことなど^^;懐かしいことばかりです。


インカレ・・・というと去年の和歌山、一昨年の秋田といい灼熱地獄(呆)の会場ばかり!
が、今大会は空調がガンガン効いていて天国のような、ウソみたいに快適な環境^^
プログラムが2000円もしまして、、、まあ空調代捻出なら仕方ないか。

木陰のある中庭でお昼ごはんを食べていた時、吹き抜ける風は湿気が少なく爽やかで
気持ちよかったデス。アクセスもそんなに悪くないのでまた訪れたい体育館のひとつ。


23日の個人班から。





23日は1部個人GroupA、1部団体GroupB、GroupCといった3試合が、AM9時50分から
PM7時20分まで!組まれています。選手も審判も観客も長丁場です。

22日に行われた2部は静岡産業大学が優勝。個人はエースの浦野選手が予選&決勝とも
1位で安定していました。静産大は初の1部昇格かな?最近、強化されているチームです。
2位の中京大も3年ぶりに1部昇格、おめでとうございます。

この日の得点で来年春の全日本選手権出場資格と、U-21ナショナル代表も決定します。

日体大1年のくん・・・腰を痛めてしまい無念の欠場。フロアで先輩の補助をしていました(涙)
N杯まで凌ぎを削った同期の演技を、どんな想いで観ていたのかと考えるとホント切ないです。
決して無理をせず、焦らずに治して秋の大会に備えて欲しいなと思いました。

全日本出場ラインは84点台後半から85点台にかけて。ジュニア、大学、社会人の得点が
上から順に並べられます。こちらは全社が終了してから順位一覧表が開示されます。
あ、でも来年はユニバがあるので、もうすこしラインが下がるのかな?
U-21日本代表選手はインカレ1日目の得点順位、3年生以下上位12名が選出されます。

野々村、加藤、大貴くんは既にナショナル強化指定に入っているので対象外。
欠場していた岡くんは推薦枠で、来春の全日本出場は大丈夫だと思います。

まだ発表になっていませんが今年のU-21
瀬島(日体)武田(日体)垣谷(順天)久永(順天)横山(日体)古谷(仙台)
金子(順天)綿崎(早稲田)小原(仙台)市瀬(順天)小山(鹿屋)吉岡(順天)まで。

順天の金子選手や仙台の小原選手は、それぞれ大学で育成されて伸びている選手です。
叩き上げの選手が日の丸を付けて海外試合に参加できるのは本当に嬉しいでしょうね。
あと吉岡くんなど怪我を克服して食らいついてきた選手など、潜在能力の高い選手の復活も
頼もしいです。

Group Aの個人出場班で印象に残った選手など。。。

高校3年の時、全日本種目別決勝の吊り輪で3位に入った日体大澤田選手
全く風貌変わらずで初めて!6種目観ました^^吊り輪以外の種目もしっかり整えてきて
選手層の厚いチーム内で個人出場を叶えた勝負強さが見えました。

去年のこの大会で撃沈していた横山くんも復活!細い身体がますます細くなっていて
パワーはどうかな?と心配でしたが安定してましたね~。跳馬、もうひとつレベルアップ
頑張れ!あん馬と平行棒、相変わらず美しかったです。鉄棒は2種類のトカチェフハーフ!
元気でした^^

中嶋くんの背番号4をつけて演技していたのが長谷川くんとは最後までわからず、翌日の
決勝で初めて認識する(汗)髪型が変わっていたので気がつきませんでした。いつもの
イケイケなアクションもクレームが入ったのか?抑え気味だったので尚更わからず。

順大今林くん。鉄棒から調子良く、あん馬は長い手足を最大限に生かして15.300の高得点!
無難に5種目終えて最後の平行棒で何があったのか?最初のホンマで詰まってリズム崩す。
ちょっと考えられない内容でありえない得点に終わってしまい、U-21を逃したのは悔しい。
これを乗り越えれば大丈夫といった油断なのか、プレッシャーだったのか…
挽回できる試合はまだまだ、たくさんあるのでスパッと切り替えられますように。

吉岡くんの膝のテーピングが痛々しくて、床跳は大幅に難度を下げて他4種目を美しい体線で
8点台後半のEスコアをもらいながら必死に頑張る姿にウルウルしてしまいました。

井村選手も佑典くんの後輩(和歌山北出身)で順大に入ってから着実に伸びている選手。
惜しくも決勝には進めませんでしたが得意種目のDスコアを上げて挑戦する姿に胸アツです。

市瀬くんの顔つきがシュッとしていて、ゴツゴツした体型も順大生っぽくなってた!!!
たぶん観るたびに美しさが増してくるだろうと思われるので次の試合が待ち遠しい^^

仙大山本選手の床がテンポ宙を絡めた個性的な構成で面白かった。ロペス素晴らしい。
どちらかと言えば床跳のスペシャリストですね。全日本の団体戦が楽しみです。


つづく。。。


COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

なつかしいですね

仙台の社会人大会・・・私も体操生初観戦でしたので、色んな事を思い出しました(笑)
米田選手が歩くだけで、満員の観客席の女の子が大移動でしたもんね~
寿思選手の鉄棒をみて、何でこの選手が五輪決勝に出られなかったの?
など、素人ながらにダイナミックな寿思選手の演技に魅了されました!

これからも色んな選手が、活躍され、どんどん体操界が活発になるといいですね。

> たい さん

こんにちは~^^コメント、ありがとうございます。
仙台全社、ホント懐かしいですね~競技観戦の原点ともなった会場ですね^^

> 米田選手が歩くだけで、満員の観客席の女の子が大移動でしたもんね~

民族の大移動!
あれ以降、米田さんはスタンドに上がってくることを暫くの間、控えてましたね。
寿思さんといい「徳洲会の選手は皆キレがあって上手だな~」と、素人ながら感心して
後で日本屈指のメンバーが揃っているチームと初めて知ったりね(汗

> これからも色んな選手が活躍され、どんどん体操界が活発になるといいですね。

新しい試みが随行されるようですので色々な意見を取り入れて、閉鎖的な社会から
脱皮してほしいですね。選手のやる気を最大限に引き出せる改革を望みたいです。

仙台は、体操観戦の原点でした。
まさか、仙台くんだりまで自分が行くなんて、夢にも思ってなかったですよ。でも、行って良かった~な初観戦だった。あの感動は忘れない。

米田さんと言えば、5月のNHK杯の時、人混みの通路でばっちりすれ違ったんだけど、だれも騒ぐ人が居なくて、気がついてる人もいないようで、ああ、ヒーローが移り変わるに充分な時が過ぎたんだなあ、と感慨深かったです。

> ヨコヨコ さん

こんにちは~^^コメントありがとうございます!

> でも、行って良かった~な初観戦だった。あの感動は忘れない。

8年も前のことなのに、今でも色々と覚えているの初の生観戦だったからでしょうね。
TVの中のヒーローが目の前に居る!見るもの全てが目新しくって感動いっぱいでした。

> 米田さん
> ああ、ヒーローが移り変わるに充分な時が過ぎたんだなあ、と感慨深かったです。


アテネ直後の人気のすごさを知っているから尚の事、寂しい気持ちもありますね。。。
「充分な時が過ぎた…」確実に、時代は移り変わっています。
あの頃よりメディアでの扱われ方もネット社会も確実に進歩しているので、体操人気が
良い方向性を保って、このままずっと続いてくれたらな~と願っています。

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)