Fairy Tail

続・2012 全日本ジュニア最終班 @ 横浜文体


今日(20日)は銀座で五輪メダリストによる凱旋パレードがあるそうです。

メディアを通して見ていた選手が目の前を通る!!!
届くかどうかわからないけど、声を大にして「おめでとー!」と伝えられたら^^
笑顔で手を振る選手の皆さん、日の丸を振りながら沿道に群がる人々の光景・・・
真夏のパレードって記憶にないな。熱中症等には充分気をつけてくださいね。

23日はKONAMI所属選手による五輪報告会も都内で開催されるそうです。
メダリストに会いたい方は無料で参加できるそうなので、こちらも楽しみです。
競泳の藤井選手もリレーでメダルが獲れて本当に良かったですね。

行かれる方、思う存分!感動とシアワセを分かち合って来てください~~。


line104-3 hinataline104-3 hinata


雑誌もTVもweb記事も、検索する気力もなく適当に流しててすみません。
はっきり行って五輪は既にお腹いっぱいなので、TVはまあ、映っていたら見るかな~と
いった程度にテンション下がってます。
情報等は他の体操Blogさんや体操ファンのTwitterにお任せします。

今は・・・
生観戦した高校生の体操や、久々に見学したバレーの印象が、私の中では画面を通して
見たモノより何倍もステキに輝いています。
・・・というワケで全ジュニアの感想の続きなど




大会情報の成績&写真はこちらからどうぞ

市立船橋
跳馬スタート、ドゥリッグス跳べる選手は難度を下げて安全策でスタミナを温存。
ラストがあん馬&吊り輪なので体力消耗を避け、堅実で美しい体操を最後まで貫く。
去年に続いて団体2連覇達成おめでとうございます!

市船の選手は特別に難しいワザをたくさんやっている訳ではなく、高校生らしい構成を
ミスなく丁寧に、どの種目も審判にアピールするエレメンツのメリハリをしっかり付けて
自信を持って堂々と演技していて、高校No.1チームに相応しいなと思いました。

1年生の谷川くんがインハイに続いて素晴らしい先鋒役で最後まで良い流れを作る。
大舞台に全く気後れすることなく、安心できる雰囲気をもたらす役割を果たせるって
どこかの某代表チームにお手本として見せたいくらいですよ~^^個人も1年生の中では
3番目に当たる22位。インハイもこの全ジュニも本当に立派でした。

早坂くんは只今絶賛進化中!演技を積み重ねるごとに強くなっている選手です。
15.500を出したゆか!!!ダイビングダブルハーフの捌き方は誰にも真似できませんね~。
真上に高く舞い上がり、忍者のようにクルクル回って開いて下りて来る。ホントお見事です^^
最初のシリーズ、後3回半~前ハーフの精度も見る度に上がっています。
吊り輪の倒立が危なっかしかった以外は文句のない内容で、インハイに続く嬉しい
3位表彰台、2年生でこの順位もすごい!おめでとうございます。

晃司くんも安定感抜群!あん馬の倒立が少し乱れ、ゆかでライン減点があったくらい。
吊り輪に上水平&十字倒立を入れて攻めていました。身体の厚みが増して、力強さが
備わってきています。2年前の1年生の時はこの大会で失敗が続いて、お兄ちゃん達に
うまくつなげられずショボンとしていたのを覚えているので、3年生となりエースとして
チームを引っ張っている姿には感慨深いものがこみ上げてきます。2位表彰台!!!
おめでとうございます。

キャプテンの鈴木くん!Eスコアが最も高い選手に贈られるエレガント賞Get!!
これは嬉しいですね(^^)強い先輩達の後を受け継いでキャプテンを任されて、最初は
プレッシャーもあったと思われますが、自分ができることをしっかりやり遂げようと
苦手種目が見えない安定感抜群な演技を更に磨いて、センバツ~インハイ~全ジュニと
大崩れすることなく入賞できた成果が報われましたね~。5位入賞とエレガント賞受賞!
鉄棒の車輪、今大会は気持ちが前に向いてて良かったと思います。おめでとうございます。


関 西
神本くんが、あのDスコアでまとめてきたら個人総合はチョット誰も追いつけないな…
期待に違わず、インハイ以上の安定感を見せてくれました。あん馬で少し詰まった以外は
ノーミス演技で90.050のハイスコア!去年の野々村、加藤、岡のレベルと何ら遜色ない
充実した内容に感服です。平行棒がとにかく素晴らしい!ホンマで握りを持ち替えた以外は
着地までカンペキ。ゆかもコンパクトなひねりで切れ味よく着地もまとめてE9.300スゴイ!
距離が出ていたシューフェルトもとても良かったです。

1年生の時、ユース五輪で世界チャンプになり、がしかし去年は環境の変化や怪我の影響で
もうひとつな内容が続いたもの、今思えば今夏に懸ける充電期間だったのかもしれませんね。
インターハイに続いての2冠達成、個人総合優勝、おめでとうございます。

関西は2番手の堀野くん失速が誤算だったかな。スタートのあん馬は降りワザで崩れてしまい
たぶんワザを取ってもらえず、稼げる種目で他の選手のミスも重なり苦しい出だし。
片肘のテーピングが痛々しかったのでコンディションが悪かったのかもしれません。
それでも星島くん井口くんが神本くんに引っ張られ、それぞれミスを最小限に留めて粘る。
仲間の不調を皆でカヴァーし合って2位死守!やりきった満足感で笑顔が見えました。

あと、目立っていた選手は清風千葉健太選手!
インハイは個人出場でしたが今大会はチームの一員として。それも1年生エースとして堂々と
先輩たちを引っ張っていて素晴らしかったです。中学生の頃から海外試合など、大きな舞台を
たくさん経験しているせいか、立ち居振る舞いに既にオーラがあります。
身体は本当に小さいんですけど腕が長いので演技も大きく見え、決して見劣りはしません。
9位&得点が85点台に乗ったのでギリギリ、来年春の全日本に出場できるかもしれません。
シニアと一緒に競い合う健太くんの姿が今から楽しみです^^


◆個人総合順位

優勝 神本 雄也   (関 西)    90.050
2位  野々村 晃司 (市立船橋)  86.450
3位  早坂 尚人  (市立船橋)  86.150
3位  宮地 秀亨  (鯖 江)    86.150
5位  鈴木 大介  (市立船橋)  86.050
6位  神津 源一郎 (埼玉栄)   86.000
7位  鈴木 湧 (K・R・M体操ク)  85.900
8位  星野 力維  (埼玉栄)    85.250
9位  千葉 健太  (清 風)    85.150
10位 白井 健三(鶴見ジュニア体操ク)84.900


選抜で川本(鯖江)、鈴木、神本
インハイで堀野(関西)、早坂
そして全ジュニで野々村、宮地、神津、鈴木星野、千葉、白井、各選手が
  すみません。全Jr.は上記を除く総合上位4名まで…だそうです(現時点で)
  確か10位以内だった記憶があったのですが、今年度から変更されたようです。
  平成24年度男子ジュニアナショナル選考基準
本年度のジュニアナショナル強化指定に入りました。おめでとうございます^^
未来の五輪選手を目指して!頑張っていただきたいなと思います。


試合の中で成長している選手、大舞台をひとつ経験するだけで急激に伸びる選手など
この世代はメキメキと著しく力をつけてくる選手が多いので、観戦する度に感動したり
新しい発見があったりで、足を運ぶことを毎年楽しみにしている大会です。

次のカテゴリーで更に飛躍できるよう、基本をしっかりと身に付けて応用が利く土台を
少しずつ作っていく!地味な練習を根気強く、丁寧にコツコツとこなす!
ワザに溺れることなく、怪我にも打ち勝って、粘り強い精神力も養っていく!

学ばなければいけないこと。。。体操競技を通じて色々と大切なことを教えられました。
皆さんに負けないよう、目標を持って過ごして行きたいなと思いました。

COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)