Fairy Tail

事実は小説よりも奇なり


予期せもしないことが数多く降り注いだ男子団体決勝!
判定が覆って逆転で胸に掛けてもらった銀メダルは。。。

最後まで必死に食らいつき、代表に選出されてここまで、いろいろなプレッシャーを
跳ね除けて必死に頑張ってきた5人に対しての「ご褒美」だったのかもしれません。

それにしても。。。

結果だけ見たら宿敵・中国に大惨敗です。
ここ数年、ガチメンバーで戦い抜く彼らに、敵ながら愛おしささえ感じます。
どんな極限に晒されても、ビクともしない強靭なメンタル!!!

決して華やかさはないけれど、泥臭く、最小限の減点に抑えてひたむきにコツコツと
苦しい種目は耐え、稼ぐ種目は確実に得点を重ねていた中国チーム
5人全員が同じ方向を見据えて、仲間を信じて襷をつなぐ集中力の高さ!

こころからの「おめでとう」の言葉は金メダルチームに捧げたい。


片や、肝心なところでミスを連発する日本チームの不甲斐無さ。
スーパーエースひとりの力ではどうすることもできない、遠く届かない金メダル・・・
悔しいけれど、中国チームに見習うところはたくさんあるように思います。

お国柄が違うとか、そんなことじゃなくて。

敗戦をしっかり分析し次へとつなげて欲しい!と願っても、再び同じことを繰り返す
協会&指導スタッフ。
プロ野球やサッカーだったら即行で更迭のブーイングが起こりそう!

予選1位通過を当然と考え、ゆかからの通し練習ばかりって???
技術的に差はない、美しさに於いては当然こちらが上って??
それこそが「おごり」なのではないでしょうか?

根本的に考えを改めない限り、同じことが続くような気がします。
呆れを通り越して、怒りさえ覚えてきます。

COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

観戦お疲れ様でした。なんだか予選も決勝もとても疲れました・・・
中国に完敗ですね。どこかで中国のミス待ちというかあらさがしをしながら
見てたましたが中々落ちない・・・
やっぱり本番でミスしないが一番なんですね。
日本もミスしてなかったらと点数を数えると勝っちゃいますよね・・・
それが一番日本には難しいことなんですね。

山室くんの失敗離脱はその役割を任されてたトコなだけに残念です。
そしてお兄ちゃんメンタル弱すぎませんか?
もう失敗のイメージがつきすぎて・・・
安定感は平行棒だけなんですね((+_+))
すみれさん言ってた通りあん馬・跳馬大丈夫?って的中でしたね・・・
お兄ちゃんのトップバッターは個人的にホント今後簡便です。

コメントで若い二人が航平くんに気をつかったような発言に聞こえました。
やりきった二人にはきっと銀でもうれしかったですよね!
でも大エースの胸のうちに秘めたコメント、忘れられません。
ほんとストレートで・・・
いつも応援してくれるファンの事を口に出してくれてその人のために演技をするっと、
航平くんらしい演技で個人総合は笑顔とガッツポーズが見たいですね。
世界選同様寝て、開き直って好きなように暴れてほしいです。

今年は米田さんラジオ解説なんですね・・・
個人総合もすみれさんのLIVE解説・感想お願いします(*^_^*)

連日、お疲れ様です^^

会場にいる方がなんぼかラクです、私(^^;
もうはがゆくてはがゆくて・・・。

中国、ホントメンタル強いですね~
思いの強さがキチンと心技体に繋がるというか・・・感服しました、さすがに。

佑典くん、凌平くん、役割果たせましたね^^
これは嬉しかったな~

それにしても床からの練習しかしなかったんですか?
えーそれはアカンやろ(--;
一番しんどいローテを難なくこなしてこそだと思うんですけど~

今までになく思いの残る団体予選&決勝でしたね~

おはようございます。
今回の結果はすみれさんのおっしゃる通り、メンタル面が全てだったように思える試合でした。悔しいけれど、認めてしまえるような。
強い精神力と仲間を信じて行う演技への集中力。今のままでは金メダルは中国から離れませんね。

最初に航平くんに目がとまったときは、たぶんアイスかお菓子をおどけない表情で食べている一枚の写真でした。その彼が引き締まった表情で試合後結果への感想を答える姿に4年間を感じました。だからこそ、「どうしても取りたい『団体の金メダル』」首にかけている姿を見たかったです。

試合の合間に垣間見えた「冨田コーチ」が懐かしく嬉しく楽しませていただきました。殿は時々某局でコメントを出しているので嬉しいです)^o^(
塚原君はどこかのお国で国籍を取って今回のオリンピックを目指してたそうですね。アテネの6人組は8年後の今別々でもしっかりと自分の選んだ道を歩いているんですね~~

ロンドンでは「アテネのメダリストの教え子たちが表彰台の真ん中に立つ」夢は叶いませんでしたが、きっと4年後には今回の反省を修正して、満面の笑顔と共に一番きれいなメダルをみせてくれると信じてこれからも応援したいと思います。

> ちゃーる さん

こんにちは^^コメントありがとうございます。
寝不足のせいか、一日がやたら長く感じますね・・・。

> 中国に完敗ですね。どこかで中国のミス待ちというかあらさがしをしながら

中国の戦法をこちらがやらなければいけないのに、跳馬大過失が出てしまい
後出に回り、むこうに余裕を持たせてしまってこっちはアップアップ。。。
あげくにミス連発。毎度、お馴染みの団体戦でホント情けなかったですね。

航平くんも、たとえ点数は届かなくても最後まで集中しなければならないのに
あの終末技。。。去年の反省も生かされていませんでした。
予選から6種目連続でキツイところでしたが、耐えてほしかったです。

> そしてお兄ちゃんメンタル弱すぎませんか?

開いた口が塞がりませんねぇぇ(>_<) 終了直後の開き直ったような態度のコメント!
信頼されて任された役割さえ果たせず、自分のことだけでいっぱいいっぱいで・・・
もうほんとガッカリを通り越して呆れかえっています。

> コメントで若い二人が航平くんに気をつかったような発言に聞こえました。

そういった雰囲気になってしまったチームにも問題大ありですね。
声が出ない、暗い、先パイの顔色を伺ってしまう、ムードメーカーもいない。
いろいろ見えてくると、なるべくしてなった結果かなと思います。

> 航平くんらしい演技で個人総合は笑顔とガッツポーズが見たいですね。
> 世界選同様寝て、開き直って好きなように暴れてほしいです。


今大会、心・技・体が乱れているようなカンジで少し心配です。
「オリンピック」に執着し過ぎるのも逆効果ですよね。
いつもの「体操を楽しむ」精神で頑張ってもらいたいです。

Liveレポ、誤字脱字だらけですみません。
たぶんラストになると思うのでお付き合い、よろしくお願いしますm(_ _)m

> 佳苑 さん

こんにちは^^労いのお言葉、ありがとうございます。
この暑さでイライラもMAXですね(苦笑)

> 中国
> 思いの強さがキチンと心技体に繋がるというか・・・感服しました、


勝負に対する執着心や意識の高さがもう、、、日本とはケタ違いですね。
どんな訓練をしているのか…。日本が真似したくてもできないでしょう。

> 佑典くん、凌平くん、役割果たせましたね^^

結果を残せて本当に良かったですね。この自信を次につなげて欲しいです。

> 今までになく思いの残る団体予選&決勝でしたね~

負傷者が出てしまったことや後味の悪さといい、永遠に語り継がれそう^^;
銀メダル獲れてヨカッタでは済まされない状況なのに、危機感を持つ関係者が
どれだけいるんでしょうね~。
とにかく残りの日程、ひとつでも多く明るいニュースを聞きたいですね。

女子は…

女子も同じように失敗があって残念でしたが、こちらはチームの雰囲気がすごくよかったですね。
必死に涙こらえながら仲間の応援する美濃部さん、ミスしてもまるでミスなんてなかったような表情で演技を終える新竹さん、ミスした仲間をハイタッチで迎える鶴見さん。
おそらく身体的にはピークは過ぎ、気力と根性でもっているだろう北京代表組の姿は素敵でした。
こういうのを見ると、例え結果がよくなくても、心の底から「お疲れさま」と思えますね。
すみれさんも、連日の観戦お疲れさまです。観戦も体力・気力戦になってきましたね。
後半戦も、頑張って応援しましょー!

男子団体戦

選手一人一人の丁寧な解説をありがとうございます。こちらでは日本人選手の演技をほとんど観ることができなかったので、大変助かりました。
しかしいつもならまた銀で悔しいと言いたいところですが、今回はとりあえずメダルをとれてよかったという感じでしょうか。しかも観客のものすごいブーイングの中で、後味の悪い団体戦となってしまいましたね。
ボロボロの予選からよく立て直したとは思いますが、それは中国だって同じ。そして彼らは堂々と金をとった。そこが日本とは違う。
問題だらけの団体戦でしたね。すみれさんやみなさんのコメントを読んでいて、うなずけることばかりでした。
団体戦終了後のやつれた航平くんの表情に、彼一人が背負ってきた期待とプレッシャーの大きさを感じました。まだ個人戦があります。ここでいつもの王者航平くんの演技を見せてくれますように。“やっぱり内村は強かった”と世界中の人たちに言わせてください!

> けいこ さん

こんばんは^^コメントありがとうございます。
航平くん、金メダル良かったですね~。

> 強い精神力と仲間を信じて行う演技への集中力。

あわてず騒がず、貪欲に自分たちのスタイルで得点を重ねる中国。
プライドを捨てきれず、きれいごとばかりでは彼らに勝つことはできないでしょうね。

> 航平くん
> 引き締まった表情で試合後結果への感想を答える姿に4年間を感じました。


北京からの4年間の、時の経過が思い出されて色々と感慨深いですね。
ブレない精神で団体金にこだわる彼の胸に、いつになったら一番欲しい色のメダルが
胸に掛けられるのか?来年の世選は団体戦はないので2年後まで持ち越しですね。

アテネメンバー、新聞やTVの解説でそれぞれ活躍していましたね~。
4年ごとにクローズアップされる「栄光への架け橋」はもはや伝説となっています。
そして航平くんは「生ける伝説」として、永遠に語り継がれる存在でしょうね。

4年に一度の特別な舞台。まだ種目別が残っています。
最後まで見守っていきましょう^^

> Sayoko さん

こんばんは^^応援、おつかれさまです。

女子!厳しい試合経過でしたが、声がいっぱい出ていて今年もいいチームでしたね。
自分の演技が終わってもすぐに仲間の準備に動いたり、声掛けを忘れない。
結果は伴わなくても精いっぱい戦っていた清々しさが残りました。

男子チームは・・・具志堅先生から「暗い、声が出ていない」などととダメ出し
くらってしまい、いい流れで戦えなかったことが悔いが残りますね。

労いのお言葉、ありがとうございます。
航平くんAA金メダルが種目別に勢いをつけてくれるといいですね。

> マミー さん

こんばんは^^応援、おつかれさまです。そちらの時差は大丈夫ですか?

> しかしいつもならまた銀で悔しいと言いたいところですが
> 今回はとりあえずメダルをとれてよかったという感じでしょうか。


4位に終わるよりはメダルを持って帰れてヤレヤレですね。
反省すべきところ、敗因をしっかりと分析して次こそ!!!と・・ホント毎年々
同じことばかり言っています(苦笑)何とかしてもらいたいですねー。

> ボロボロの予選からよく立て直したとは思いますが、それは中国だって同じ。
> そして彼らは堂々と金をとった。そこが日本とは違う。


ほんとですよ~!!同じ組で回ったのでなお更、彼らの微動だにしない精神力に
感服でした。日本チームも出だしは良かったのですが、アクシデントが全てですね。
この銀メダルは最高の演技を見せてくれた若手二人の頑張りのおかげもありますね。

> 団体戦終了後のやつれた航平くんの表情に、彼一人が背負ってきた期待と
> プレッシャーの大きさを感じました。


自分ひとりの力だけでは金メダルは獲れない。根本的に何が足りないのか?
いろいろと見直す時期にきているように思います。今のままでは同じことが再び
起こるように思えてなりません。

>“やっぱり内村は強かった”と世界中の人たちに言わせてください!

やりましたね~^^世界中が賛辞を惜しまない五輪チャンピオンの誕生です。
またワンステップ、大人の階段を上って大きくはばたいて欲しいですね。
団体金メダルの強い想い、早く叶えてあげさせたいですね・・・。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)