Fairy Tail

ロンドン明暗・・・


男子バレー、ロンドン五輪出場ならず4勝3敗でOQT終了。。。

全体の1位チームとアジアで最上位の1チームしか出られないので、最初から通過は
限りなく難しい現実でしたが、オーストラリアに奇跡のスト勝ちあったりで、なんとか
最終戦まで望みを託すカタチまで持って行けたことは評価したい!
超満員の観客を前に全身全霊でイランに立ち向かい、儚く散ってしまいました。

イラン、攻撃が多彩でしたね~。あの眉毛のくっついたOPすご過ぎ!
あれでまだ21歳??諸外国は20~22歳の若い世代の活躍が目立っていました。

日本にああいう活きのいい若手が居ないのがな…ゴリも福沢ももう中堅ドコロだしな。
選手層の薄さが歯がゆい。スト勝ちしたオーストラリアがアジア枠でロンドンってのも
複雑というか何というか。結果論ですが取りこぼしたセット数と中国戦が残念でした。

選手の皆さま、おつかれさまでした。
でももうこれでウエタの姿を見なくて済むと思うとホッとしています。。。


   linehatohanaline.gif


陸上!男子200M

富士通の高瀬選手が優勝!それも大舞台でA標準記録を遥かに上回るPBで!
元々彼はA標準を持っていたのですが、この一発勝負のレースでPBを出せる調整力!
勝負強さが素晴らしい!ロンドン五輪出場、おめでとうございます
後半も加速しつつ落ち着いていましたね~~余分な力が抜けた理想的なフォームで^^

高瀬くんも江里口くん同様、去年のこの大会で結果を残せずテグ世選の個人出場を
見送られてしまったんですよね。お二人、1年間必死に努力してリベンジ叶いました。
インタヴューを受ける笑顔の八重歯がメチャ爽やか^^いや~、本番も頑張ってほしい!

中大の飯塚くんも100Mの良いイメージそのままで2位に入ってA標準突破!!
嬉しいウレシイ静岡出身選手のワン・ツーです。個人での出場も叶うかもしれない?!
高平さん、3位に入りましたが後半失速でいっぱいいっぱい。。。

短距離も塚原&高平の時代から若い世代に移りつつあります。
今大会は大学生の躍進が目覚しかったですね。下からの突き上げで全体のレベルが
更に上がる相乗効果が生まれていくといいですね。

11日の月曜日、理事会で内定以外の五輪出場選手が決定します。
長距離は悠基くんひとりだけかもしれない。男女のリレメン、誰が選ばれるのか?
なんでもJOCから与えられた陸上の枠は40人もあるらしい。

体操は枠を減らされてしまいましたが、陸上は例年通りなのかなぁ。。。

COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)