Fairy Tail

続・諫早チャリティーイベント


みきさんから長崎ローカルTV(KTN)で放映された航平くんインタヴューのレポが
届きました。いつもいつもありがとうございます。

その前に!

9~10日に韓国で行われたKOREA CUPレポより

  韓国のYANG Hak Seon選手が、前転とび前方伸身宙返り3回ひねり (D-7.4、E-9.450) を
  着地1歩、2本目をロペス(D-7.0、E-9.450)でまとめて優勝。You tubeの動画50秒過ぎから
  価値点7.4は跳越技の中で最高のDスコアであり、その技を前へ1歩で決めました。


日本でいう豊田国際と同じ種目別競技会ですね。今年が初の開催、、、でいいのかな。
今年のJAPAN CUPに来なかったのは自国の大会にピークを合わせていたんですね。

YANG選手は去年の3月、幕張のアジアジュニア種目別でヨーⅡとロペスをまとめて優勝。
10月のロッテルダムの種目別決勝は惜しくも4位。12月の豊田国際でも2本跳んでいます。
今年の12月に19歳になる、ジュニアから上がってきたばかりの選手です。
去年のJAPAN CUPでも姿勢欠点の少ない雄大な跳躍が印象に残っています。

ヨーⅡに半ひねり加えて前向き着地を前一歩で止められるって素晴らしい!!!
フランスのブーアイ選手もうかうかしてられませんね。東京世界選が楽しみです。

これ聞いて、ウチの世界王者の琴線も激しく弾かれたことと思います。



貴重なレポ、せっかく戴いているのに。ここに航平ファンがどれくらい来てくれているのか?
  わからなくって・・・反応が無くて申し訳ないのですが、どぞ。





さて、諫早チャリティーイベントの続報です。
本日、KTNの「スーパーニュース」内で、航平くんの特集がありました。
女性アナウンサーによるインタビュー形式でしたが、イベントのトークショーの司会も
この女性アナだったようです。

揺るぎなき世界王者 体操内村選手の素顔

Q.演技中、空中ではどんなことを考えている?

 失敗するか成功するか、空中に出た瞬間に分かるので。
 失敗しそうなときは、どうにか修正しようと考えたり、本当に違うことを考えたり。


Q.違うこととは?

 「今、たっけ~(高い)な~」とか(笑)

Q.いま、磨いているのは

 技というより、6種目の安定感を高めている。そして、着地。
 あと、決まった後の「どや顔」!


森泉コーチも参加されていて、航平くんを
「天才とよく言われるが、普段の努力があって磨き上げたものを試合で成功させている。
天才の中にも努力がないとできない。努力のたま物。」と褒めていました。

Q.個人総合より団体にこだわる?

 アテネ五輪で日本が団体優勝してすごく衝撃を受けた。
 団体で(金メダル)取るとインパクトが大きい。
 過去に日本が強かった時代の伝統を復活させなきゃいけないのかなというのがある。


Q.世界選手権に向けて

 跳馬で0.2上げようかなと思っている。
 ロンダート入りから「ヨーⅡ」という技を跳ぶと「リショウホウ」(価値点7.2)
 という技になる。跳べたら、チームに勢いが出ると思うので、挑戦していきたい。


Q.母・周子さんは

 行動力がすごいなと思う。僕も思い立ったら行動派なので、そこはちょっと似ている。

「お母さんが聞いたら喜びますね!」という女性アナに対して、
聞かせなくていいです。面倒くさくなるんで、だいぶ(笑)」と航平くん。

でも、トークショーで「お母さんはどんな存在か」と聞かれ、
社会人になっても子ども扱いされるので、いいかげんやめてほしいが
やっぱりお母さんがいないとこの世に生まれていなくて、体操も出来ていないので、
感謝の気持ちを常に持ち続けている
」とのコメントが!

周子ママは、感激して泣いていましたよ。
航平くんから優しい言葉をかけてもらったのは「初めてです~」とのことで
会場は爆笑でした(^^)

Q.世界選手権への意気込み

 団体で金メダルを取りたい。日本が今こういう状況なので、僕らが元気づけないと。
 元気を与えられたらいいし、そういう演技をしたい。


笑顔がたくさん出ていて、和やかなインタビューでした。
アナウンサーの方も、「よく話すようになられましたね!」とビックリされていましたよ。

「リショウホウ」と「リシャオペン」は、同じ技でしょうか?
このインタビューで、航平くんが挑戦しようとしている跳馬のイメージが少し出来ました。

それから、「Number782」に航平くんの記事がありますね。
一日一食ですか…。相変わらずな食生活ですねf^_^;
あと「試合筋」が出なくなったのは心配ですね。
佑典くんや後輩達が、航平くんをどんどん刺激してほしいなぁと思いました。


     l-star1.gifl-star1.gif


李小鵬とリシャオペンは同じですね~日本語読みと中国語読みの違いだけです。
正式名は「リー・シャオペン」

ロンダートで入って跳馬に手を着く手前で半分ひねって前向きになってからヨーⅡを
跳びます。第一局面が、シューフェルトはそのまま後ろ向きで着手しますが
リー・シャオペンも同じグループV(ロンダート踏み切り技)の跳び方ですね。

だから、もし跳馬の種目別に出るのなら第二局面が同じヨーⅡを2本目として跳べない。
カサマツとびのロペスか、前転とびのドラグレスクになると思います。。。
いつの日か、挑戦する日が来ることも願ってしまいます。

お母さまに対しての「感謝の気持ち」を素直にサラッと伝えられて、本当に色々な意味で
大人になりましたね(^^)
北京五輪直後の取り付くシマのないインタは抹消したいでしょうね~。

体操ニッポンの顔として、今後も揺らぐことのない信念を持って突き進んで行く姿を
応援していきたいですね。
Number782はまだ読んでいないのですが「試合筋」はきっと、年下の選手が見せる
難度の高い、美しい体操を目の当たりにした時にムクムクと盛り上がってくるかと。
刺激を受けて立って、更に銀河系の彼方に跳んでいってしまうのでしょうね…。

みきさん、貴重なレポを本当にありがとうございました。
また地元情報がありましたらヨロシクお願い致します(^^)/


COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)