Fairy Tail

陸上☆関東インカレ2日目


五月晴れの日曜日、国立@千駄ヶ谷に行ってきました。
開放感いっぱいの屋外スポーツ観戦、たまにしか行かないけれど本当に気持ちいい。

男女100M&400Mの決勝の後にマイルの予選がありました。
1部校の最終組が稀に見る接戦で、ラストの直線までどこが勝つかわからない!
1600Mも全速力でつないだバトンの行方に一喜一憂。

3位までが決勝進出。あとはタイムで2校拾われるのが、途中で何かあったようで
1校(日大)が救済されていました。説明のアナウンスが欲しかったかも。

注目の男子10000M。
2部校は、やはり力のある拓大の留学生や駒大の選手が先頭グループを作る。
留学生の3人、牽制し合ってゆったりとしたペースで記録より順位を確実に狙う雰囲気。

今年の出雲や全日本は拓大の存在が不気味ですね。
駒沢は窪田選手が急成長!去年の駅伝も1年生とは思えない安定感を見せてくれて
この10000Mも留学生にしっかり付いて4位入賞!粘りました。

期待のルーキー村山選手は次第にスピードに付いていけずに脱落。
彼や大東大の市田孝選手、明大の有村選手など
高校時代はエリートと呼ばれた選手が入学早々、先輩選手の壁に跳ね返される中
柏原くん1年時の1部3位入賞は、とんでもない快挙だったんだな~と改めて納得!

4年目…最後となるこの大会も、しっかり3位表彰台に上がり4年連続のメダル!
1年時の勝ちっぷりがあまりにも強烈だった為、他の選手なら賞賛される成績でも
物足りなさを感じてしまうのは致し方ないところです。

前半は積極的にトップグループを形成していましたが、後半は置いてかれてしまう。
それでもズルズル後退することなく持ち味の「泥くさい粘りの走り」でまとめる。
あまり高い望みを要求せず、今できる範囲では最大限に表現できていると思うので
温かく見守って行きたいなと思います。

1部10000Mは東海大の早川くんが日大ベンジャミンの揺さぶりに動じず
後半に追いつき追い越して堂々たる完勝!
ラスト3周でトップに立つと彼がメインスタンドを走る度に自然と大きな拍手が
沸き起こりました。留学生以外の1部日本選手優勝は7年ぶりだそうです。

去年の箱根予選会での日本人1着といい、駅伝もクロカンも実力を存分に発揮してて
崩れることなく上位入賞という抜群の安定感は村澤くんと双璧ですね。

伊達くん悠基くんがいた頃と比べても遜色ない活躍です。後は彼らに続く選手が
一人でも二人でも多く出てきてもらって早稲田東洋駒沢の一角にくい込める戦いに
持っていけたら、駅伝シーズンの楽しみが増えますね~。

4位に入った日大の田村くん、著しく進化真っ只中ですね。ヨロイザカくんみたくなりそう。
5位は早稲田の矢澤くん。そして6位7位が設楽兄弟!
彼らも柏原先輩にくっついて前半は飛ばしましたが後半は垂れてしまい、後ろから
きた田村矢澤に先着されたのは今後の課題。それでも最低目標の3人入賞は東洋大の
強さを誇示してくれました。8位は山梨学院の松枝選手。

順大はエース的場くんが11位とまずまずでしたが層の薄さはどうしたものか。
今から箱根予選会が限りなく心配・・・。とにかく奮起を期待してます!

明大の合宿所で食中毒が発生し、ほとんどの選手が棄権に追いやられてしまったのは
あまりにも残念でした。10000Mの優勝候補だったヨロイザカくん無念。。。
来週の5000Mは出られるとしても上位は望めないかもしれません。がんばれ明治!

一日経って思いついたことだけツラツラと。
そうそう、高橋モモちゃんが応援に来ていました。TVで見ると人一倍大柄なのに
私服姿はスタイル抜群&ほっそり見えます。相変わらずオトコマエでした。

来週は関カレ後半、その次はGG延岡。
長距離ファンにはドキドキする週末が続きます。お留守番で悲しいケド。

COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)