Fairy Tail

’11 全日本個人総合@代々木 vol.4


GW真っ只中ですね。でも、今年はいつもと何か違うヨソヨソしさが。。。
ブログ内だけでも今まで通りに。

体操の世界選手権。課金制サイトが先行予約販売したチケットの引き換えが
5月5日までだそうです(-"-;

「チケットぴあ」でも一般向けに優先予約が始まりました。
開催されると信じていますが、手数料=保険料ということにはなってほしくない!

暦通りの休みなので2日は仕事に行きます。
3日の火曜日はエコパで行われる静岡国際陸上を観戦予定。1年って本当に早い・・・。


全日本総合順位、まずはチャンピオンから順を追って。






1位 内村航平選手(KONAMI)

いつも春先の大会は難度を目いっぱい上げて結局最後はあっぷあっぷしていたので
そんな反省も踏まえたのか?余裕を持たせた熟練した構成で挑んでいました。

ご本人も仰っていましたが「あん馬」!2日間とも素晴らしかったですね。
新しくD難度のロスというロシアン360°転向移動をウ・グォニアンの前へ入れて
スムーズな下向き旋回を見せてくれました。D-6.4

リズムが乱れる事なく、危ない場面が全く無いと言ってもいいカンペキな演技。
2日間とも9点台のEスコア!!!スペシャリストも寄せ付けない強さです(…タメ息)

跳馬は前転跳びのヨーⅡに挑戦。

去年の山口で既に他の7.0跳躍を2本共成功させたのを観たせいか、こちらの感動が
薄れているのも可笑しなことで(^^;
事前インタでも発表されていたので周囲の反応が「当然でしょ」みたいなカンジ。

んー。欲を言えばもう少し距離があれば…とも思います。でも欠点のない空中姿勢で
2日間ともE-9.400もらって、コチラもスペシャリストの上を行く。
進化は留まるところを知りません!

そんな王者も2日目の後半はさすがにキツそう…。

吊り輪の納めが甘くて平行棒は少々詰まり気味、鉄棒の後半は不本意な出来栄え。
静止する倒立姿勢って元々そんなに得意じゃないので、疲れが出てくると特に問題のない
流れのなかでも少々悪目立ちしているような気がします。

鉄棒の着地が止められなかったのもとにかく悔しそうで、その直後のインタも表彰式も
笑顔がなくて全然嬉しそうじゃないし。

ひとり次元の違う領域で、それでも満足せずに更なる高見を求め続ける航平くん。
課題はこの超絶Dスコアのままで、いかに体力を持続させるか?でしょうか。
上限のない神レベルに更に押し上げて行こうとする姿を見守っていきたいと思います。


一日目、サブフロアでの練習中、Ⅰ班が試合しているメインフロアをしばらく覗きこんでて
日体大の後輩が気になるのかな~?とも思いました。鉄棒では丁度中野大ちゃんが
コールマン~コバチ連続を成功させていて、それも見ていました。
いつの日か、鉄棒で手放しワザ同士のシリーズに挑戦していただきたいですね。

KONAMIの赤白ユニは代表ユニで見慣れているせいか違和感ありませんでしたね。
東洋高校のブルーのユニ、日体大の桜のユニ、そしてKONAMIのユニ。

ずっと追いかけてきた年月も瞬く間でしたが、これから先の方がまだまだ長いというのも
ファンにしたら本当に嬉しく思います。社会人一年目となる今年、極め続ける航平くんの
「美しい体操」を、東京から世界へ向けてお披露目できることを祈っています。


COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)