Fairy Tail

’11 千葉国際クロスカントリー大会


2年前から行きたくて行きたくて!
うずうずしていた「昭和の森」に今年初めて行ってしまいました。

金曜&土曜の時雨(しぐ)れたお天気から一転、ロードの神様が今シーズンはご機嫌なようで
日曜のこの日は雲ひとつなく晴れ渡り、でもそんなに暑くもなく、難所のクロカンの丘は
無風に近く、サイクリングロード付近は追い風っぽかったり・・・

今シーズンのロードレースは今のところ気象コンディションが半端なく素晴らしい!
良い記録が出たカテゴリーが複数ありました。

案の定、招待選手を含めてDNSの嵐でした。。。
興味ある方、どぞ。




特にジュニア男女トップ選手の西池くんと赤松さんの欠場はとても残念ー。
プログラムの表紙は去年のジュニア8000Mで優勝したガッツポーズの西池くん。

女子ジュニアは興譲館の菅さん!!!軽快なピッチで最初からぶっ飛ばす。
あの細い身体のいったいどこにトップギアで押し切れる強さが潜んでるんだろうね。

筑女の木村さん、ちょっと身体が重たそう。でも3位表彰台、1年生すごい!
都大路や都道府県で観た顔馴染みの選手がいっぱい。

男子ジュニアは那須拓陽の八木沢くんと仙台育英の服部くんのデッドヒート。
早生まれで唯一の大学生、中大の西嶋くんは前半先頭だったけれど垂れてしまう。

鹿実の市田 孝くん有村くんホント強い!作新学院の横手くんなど、元気がいい選手
好調な選手はオーラに包まれていて、内面からの輝きが滲み出ていますね。

そんな、映像からはあまり伝わってこない細やかな部分や独特な雰囲気が生観戦の
一番の楽しみ&醍醐味だと思います。
時間が許す限り、思い立ったらあちこち出かけて観たい!


強くて速い選手に共通しているのは、体幹がぶれない&フォームがキレイ。
それと腰や膝の位置を高く保ちながら、リズムも乱れず常に一定。

「美しいモノ」を観ることが大好きです。ずっと観ていても飽きないフォームで
競い合うスポーツ・・・陸上競技と体操競技は奥の深い部分で似ていると思う。

一般男子はカロキやディランゴの別格なエンジン搭載&ギアチェンジにタメ息。
そんなケニア勢に食らいつく明治のヨロイザカくんがカッコ良過ぎる!

日大で箱根5区を走った田村優宝くん。全体の9位は1年生でトップの順位!
あの5区は本当に気の毒&可哀想過ぎる(涙)
展開といいぶっつけ本番といい、任せた首脳陣のせい!その後の都道府県3区と
今回の千葉クロで汚名返上の好走!さすがです。

2番目の1年生が11位の元村くんで、彼は元々サンショーの選手ですしね。
3番目が14位、東洋の設楽弟くん。お兄ちゃんはDNSでした。

あとトヨ自の松本選手は走っていたけど宮脇選手の姿が発見できず。
駒澤の油布くんイマイチ。彼ってトラック専門っぽいのかな?
箱根不出場の1年生では東洋の佐久間くん17位と頑張ってましたね。

上野裕一郎さま、北村くんはDNS。駒沢の上野メガネくん失速気味。
早稲田の佐々木くん!故障から復活まずまず。やはり関東強豪校の選手が上位に
名前を連ねています。そうそう、早稲田の大迫くんもDNSにが~っくり。

悠基くん、流すような走りで慌てることなく淡々と東海の後輩に抜かれることなく。

その東海の早川くん、ほんっとーにタフ!!!ヨロイに続く学生2番目で7位入賞
素晴らしい!箱根5区に都道府県3区に続いてめちゃめちゃ安定!
1年生の元村くんも強くなってるし、村澤&早川&元村の三本柱で来シーズンは
更に期待大ですね>東海

二人ともちびっこ選手からサイン攻め!

サイン攻めと言えば、早稲田のナベ監督も円座になってサイン攻め!!!!
ちびっこから父兄から中高生から、、、さすが三冠王者の監督です。
両角先生の、選手を見つめる厳しい中にも愛情いっぱいな姿も見かけました。

長距離の選手、稀に高身長がいますが全体的に170cm前後が多い。
体操競技も160cm前後がほとんどですからね~。体脂肪も低目ですしホッとする視界。

コースを3~5周走るのでクロカンの丘付近で見ていると一周につき丘と平地と
ゴール付近が遠目で見えるという、3度の美味しい観戦場所と気付くのが遅れる(笑)
今日、勉強したので来年はもっと効率よく観よう!

スタートを見送った後は観客もクロカン状態でそれぞれ観戦ポイントへ一直線。
そこまで体力ないファンは、ゆっくり歩いてのんびりと。

そう、このスタートシーンがクロカンならではで観ていて壮快!
転んだり靴を踏まれる選手も出てしまいますが…。

初めてのクロスカントリー観戦!とっても楽しめました。また来年も行きたい!
TV録画放送は19日です。

COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)