Fairy Tail

ニッッタァ――――――――――イ!ふぁいとぉぉぉ


大会前の恒例儀式は男女全部員が円陣を組んで、男子キャプテンの掛け声一発!
山室くんと優佑くんに挟まれて、一世一代の肺活量を使って。

のぞみから見えてた富士山は熱海と三島の中間地点くらいかな?
あの頃は毎日お天気が良くって、美しさ倍増の勇姿でそびえ立っていました。

  楽しく 美しく 自分らしく

インカレの時から全くぶれることのない、キャプテンが唱えるチームのコンセプト。

日体大は一種目めのゆかから他チームをぶっちぎってトップ独走!
航平くん、肩が痛いなんてそぶりも全く見せずに安定感抜群の内容で。
6種目×3人=18演技中、大過失があったのは鉄棒の落下ひとつのみ。

それまでの16演技ほぼノーミスで来ていたことで、瀬島くんがコバチで落下した瞬間
航平くんと山室くんが「うわっ!」と一瞬天を仰いだけれど、すぐ笑顔に(^^)

いいのよ~瀬島くん。
キャプテンだって1年生の頃はコバチでしょっちゅう落ちてたからね(^^;
思い切ってトライした結果だもの、全くもってノープロブレム!次こそキレイに掴めますように。

オーラス!

補助をしていた指導部部長の細川くんが、航平くんの鉄棒途中から既にウルウルと泣いてて
優勝はもう間違いない点差でしたが最終学年に懸ける想いと、この瞬間に至るまでの色々な
出来事が交錯して感極まっていたようです。。。(T-T)

選手ももちろん、縁の下の力持ち的存在の指導部の仲間に感謝の気持ちを忘れない。
彼らの助言や手助けがあって初めて、何も恐れることなく試合に挑むことができるのだと
思います。
マットに突き刺さる微動だにしない着地!気持ちよく有終の美を飾れて良かったですね。

種目別決勝でお披露目したユルチェンコとび3回ひねり。

そうそう。

体育館の練習風景でトランポリンのタンブリングから抱え込み2回宙4回ひねり!
・・・やってましたね。ナレーションとテロップは「3回」を強調していましたが
あれは間違いなく4回ひねってます。

新ワザは「ユルチェンコ跳び」という不安定な跳び方で伸身姿勢で3回ひねるので
とりあえず「抱え込みで4回ひねる」イメージから入っているということでしょうか???
ナレと映像の内容が、はたして合っているのかどうか?ワカラナイ・・・

表立った試合内容しか知ることができない体操ファンとして、本番を迎えるまでの
裏舞台や葛藤など見せてもらえたこと。。。貴重な映像の数々に感謝しています。


   優勝日本体育大学

   タイトルではない、仲間たちとのこの瞬間が欲しかった。

  「ボクの目指している表現したいのものは、まだまだ、今以上なので

   そういうところが‘まだまだ’じゃないかなと思います。


   もっと高く、そして美しく。

   こらえた着地は夢への第一歩。

   内村航平、走り出したその道の先には、ロンドンの空が待っている。


永久保存版でした(^^)次はNHKの「スポーツ大陸」あたりにお願いしたいですね。
まだ21歳なんですね…人生、まだまだロンドンの先までずーっとずっと繋がってますね。

スポニチフォーラムの表彰式など。





スポーツ振興支援、国民の健康づくりを語り合い、明るく元気な日本を
つくること目標に、官民一体で構成した異業種勉強交流会の表彰制度

「FOR ALL 2010」グランプリ受賞、おめでとうございます。


スポニチフォーラム   スポニチ記事


今日(16日)のスポニチ裏一面。協会公式Blogにも写真、きていましたね。
グランプリに輝いた白鵬関と、ハートフル賞の大日方さんと。

大日方さんは5度のパラリンピックで10個のメダルを獲得したアルペン競技のチェアスキー
選手。さまざまな逆境に打ち勝ち、人々に勇気と感動を与えた選手として表彰されました。

航平くんは白鵬関と共に「スポーツを通じて日本を元気づける顕著な働きをした個人
または団体に贈られる
」といった選考経過を満場一致で評価されたそうです。

体操ニッポン復活の“復活”に違和感あり。
アテネで金を獲って復活は既に果たしているのですが、その後は中国に負けての銀が
続いていることで、何としても来年の東京世選では「金」をの期待が膨らみます。

背中に背負うモノが年々重くなっていますが、エースとしての自覚を持って
また来シーズンも大きく羽ばたいて行ってくれることを期待したいと思います。


------------あと、数日前のエントリーをぶりかえして申し訳ないのですが・・・


種目別決勝の真剣勝負に向かう入場行進で、本部席の来賓や観客から手拍子もらっているにも
かかわらず御本人、リラックスの延長かのような状況で持っていた両手に飲料入り紙コップ。

椅子の下に置いてこぼさなければいいや…じゃなく、私の友人はあれ見て激怒していました。

一緒に行進していた選手に対しても失礼だと思いますし、フロアに持ち込んではいけない
規則はないとしても、見ていた子供たちから「内村選手がやっているならいいんだな」と
世界チャンプが振る舞う「?」と感じる仕草が許されてしまうということが
彼にとっても不本意じゃないかと。

ほんの数秒の入場行進の出来事。内村選手ファンの方からもメールいただきました。

 『 体操競技は、代表となると所属を越えて先輩も後輩もなく一緒に練習する…
  その姿は微笑ましく思いますが、先輩に対する礼儀や後輩に対する指導が
  「なあなあ」になってしまってるところがあるのかも知れませんね。
   誰かビシッ!と注意してくれる人がいてほしいと思います。



傲慢と捉えられてしまうことのないよう、ほんのちょっとの些細なことでも
全く悪気がないことでも、公の場では「人に見られている」という意識を
常に持った行動をしていただきたいなと思いましたね。。。



COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

情熱大陸 いい番組でしたね

すみれさん、こんにちは。
すみれさんに教えていただいて、私も情熱大陸の放送を楽しみにしていました。ありがとうございます。

「左手添えて」「自転車は頭から」。私も同じ事を呟きながら見ていましたよ~。あと「脱いだ靴は揃えて!」とか。物怖じせず、自分が見られていることを気にしないのが、この年代の良い所でもあり、また気になるところでもありますよね。

大学での練習の様子も、内村くんにあんな大きな掛け声が出ることも初めて知りました。また「マイペース」と言いながらも本当は仲間をとても大切にしていることもすごく伝わってきました。演技の後の内村くんのガッツポーズは、自分だけじゃなく仲間のためのものでもあるんだなと思いました。

あと…北京オリンピックの映像が映った時には真っ先に「やっぱりこの時の冨田選手はカッコよかったわ。」と思ってしまいました。すみません。

番組の中で内村くんは「体操は宿命」と話していましたが、痛みやケガもまた体操選手の宿命なのかと思うと見ている方も辛いです。これからも内村くんが、そして他の選手の皆さんも、少しでも痛みの少ない状態でずっと演技ができるように願っています。

> ありす さん

こんばんは(^^)おひさしぶりです~。コメントありがとうございます!
「情熱大陸」突っ込みどころ満載で、楽しい映像ばかりでしたね(笑)

> 物怖じせず、自分が見られていることを気にしないのが
> この年代の良い所でもあり、また気になるところでもありますよね。


そうなんですよね~。自分がどう思われても意に介さない…といった性格も
社会人になったら少しずつ改めていかなければならない部分があるでしょうね。

> また「マイペース」と言いながらも本当は仲間をとても大切にしていることも
> すごく伝わってきました。


良い演技ができたらスタンドの仲間と共に喜ぶ姿などから、普段の練習もチームメイトの
手助けがあってこそ成り立っているのでしょうね。
切磋琢磨しあう同級生の存在も、彼の成長理由に欠かす事はできせませんね。

>「やっぱりこの時の冨田選手はカッコよかったわ。」と思ってしまいました。すみません。

いえいえ、今でも充分カッコイイですよ~。
ただ、選手としてのオーラがなくなってしまったので、私はフロアを見ていても
全く目に入ってこなくってすみません~(元々ファンじゃなかったこともありますが^^;)

> 痛みやケガもまた体操選手の宿命なのかと思うと見ている方も辛いです。
> 少しでも痛みの少ない状態でずっと演技ができるように願っています。


どの選手も何かしら小さな故障や痛みをかかえて試合に臨んでいると思われるので
今後も長く続く競技生活、痛みとうまく付き合って、悪いなりにも力を常に最大限に
発揮できる感覚も養って行ってほしいですね。

これからも体操競技に携わる全ての選手を一緒に見守って行きましょう(^^)
他の選手も色々なメディアに取り上げられて体操競技がもっともっとメジャーに
なっていけるといいですね。

はじめまして

過去の記事にすいません!

すみれさんのブログはとても見やすくわかりやすいのでちょくちょく拝見させて頂いています(^o^)/


初めてこの記事を読み、とてもこの番組が見たいと思いました。


無理なお願いかもしれませんが、録画などをしていましたら、ダビングをお願いしたいです(;-;)


突然の書き込みですいません!

> はるか さん

こんにちは^^はじめまして。ご訪問&コメント、ありがとうございます。

去年放送された情熱大陸ですね…。
誠に勝手ですが、ダヴィング等のお願いは御遠慮いただいております。

以前、北京五輪の年にプレゼント企画などを行いましたので
また来年にでも機会があれば計画しようかな・・・とも考えています。

その時期が来たらお知らせしますね。
ご期待に応えることができず、申し訳ありません。m(_ _)m

そうですか!
突然無理言ってしまってすいません!

是非その機会によろしくおねがいします^^

これからもブログを購読させて頂きます♪

ありがとうございました!

> はるか さん

御承諾されたコメント書き込み、わざわざありがとうございます。

本当に申し訳なく思っています、ごめんなさい。

こちらこそ、これからもどうぞヨロシクお願い致します。

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)