Fairy Tail

祝☆個人総合金メダル!種目別ゆか銀メダル! ※追記あります


内村航平選手、個人総合2連覇!去年に引き続き金メダル獲得!おめでとうございます。


AA表彰台  朝日新聞/夕刊


跳馬から平行棒までのインターバルが短くて、そこが一番心配でしたが
堪えて耐えてミスなく演じ切りました。本当にほんとうに強い、タフ過ぎる!

鉄棒の着地が止まって安堵感いっぱいでしたね。
嬉しそう&疲れを隠せない笑顔でしたが、安心して観ていられました。
アドラー1回ひねりは宿題として日本に持ち帰って、改めて磨きをかけてくださいね。

そして北京時からずっと惜しい位置で逃していた種目別決勝のゆか!
銀メダル獲得、おめでとうございます。
3回ひねりの着地が止められなくって、アタマ掻きながら悔しそう。。。
その差がメダルの色に現れてしまったけれど、もう充分満足です(^^)

共同通信社のインタを転載↓

疲れて今にも倒れそう 内村、やりきって2連覇

 金メダルを首に下げた内村は落ち着いた表情で2連覇の味を語った。

 -初優勝との違いは。
 「去年は表彰台で日の丸を見て、すごいなあと思ったけど、今日は6種目やりきって
  疲れたなあと思ってた。頭も体も疲れて、今にも倒れそう


 -左肩の痛みは。
 「つり輪の後は痛かった。けがした中での試合は今までにない。そういう状態での
  試合への持っていき方を学んだ


 -個人総合にはこだわりがある。
 「6種目やって当たり前。それができて体操のチャンピオンだと思っている。
  それを2回も優勝できてうれしい


 -2連覇の難しさは。
 「連覇よりも、日本で代表になり続ける方が難しい。日本人がみんな決勝に出たら
  みんな上位に入ってくると思う


 -来年は東京大会。
 「また次も(金メダルを)取りに行きたい。ミスをしないことが一番。
  これから先、何回やっても失敗しない演技を作り上げないといけない


(ロッテルダム共同)

最終日の今日は平行棒種目別決勝があります。
精神も肉体も疲労がピーク・・・。もうひと踏ん張り!
納得のいく演技で最後を締めくくれますように。


新聞記事、追記しました。





今(25日AM1:30過ぎ)、種目別決勝の後半を見終りました。

航平くんの平行棒!疲れを感じさせない、軽やかな捌きでしたね。
銅メダルおめでとう!
美しさも申し分ありませんでした。倒立もしっかり嵌まってました。
本当に・・天井知らずなビルドアップぶりには只々感嘆するばかりです。

植松くん!来年の東京でリベンジですね。


---------------------♪


連覇上
連覇下


プレゼンターのオランダ美女に囲まれて、お二人共いい笑顔です(^^)

2位のボイくんも3位のホートンも植松くんも、今回は出ませんでしたがファビアンも
あん馬とつり輪が、どうしても他4種目と比べると得点を稼ぐことが難しいので
航平くんの上に行くのは彼のミス待ちしぐらいしかチャンスはないかと。

北京五輪、ロンドン世選、ロッテルダム世選といった大舞台の個人総合表彰台。
常に台に上っているのは航平くんただ1人なんですよね。

引退や故障等で選手が入れ替わる厳しい現実、強豪国以外はなかなかオールラウンダーを
育てられない現状、あの中国でさえ今回のAAは低調でした。

3大会連続のAAメダル獲得ということで、もっともっと評価されてもいいように思います。


内村圧巻!


金メダル!ちょっと薄くて小さめ?ですかね。
日刊スポーツに、今大会は文部科学省が特別支援する「マルチ・サポート事業」の
本格始動を受けてJISSから管理栄養士2名が派遣されたと記事が載っていました。

宿舎で温かい日本食が食べられたおかげでストレスも溜まらず、力を快挙に
結び付けられたのかもしれませんね。
親子丼とかハヤシライス、すごいうまい」それはヨカッタですね~(^^)


エレガンス賞!


理恵ちゃん、ロンジン・エレガンス賞を受賞!おめでとうございます。

ご本人もビックリだったことでしょうね。会場内のプレス関係者の投票だそうで
機械的でアクロバティック、且つ繊細な雰囲気の演技が大部分占めるなか
演技前と後の屈託のない爽やかな笑顔と、思い切りのいいダイナミックな演技で
ひとり、年相応な大人の選手に注目が集まったのだと思われます。

楽しそうに演技している姿にはこちらまでシアワセな気分にさせてもらえました。
団体予選、決勝、個人総合と大きなミスなく素晴らしい内容で充実していましたね。

国内トップの虹子ちゃんの総得点を上回ったのは、ここ数年では理恵ちゃんが初めて!
でも「彼女が失敗しなかったら負けていた」と、謙虚な気持ちも忘れない。
勝負の世界、色々と絡んできますので大きな自信になった事は間違いないでしょうね。

来年は弟の佑典と一緒に出たい
もうこうなったら兄妹弟3人で代表入り!是非ぜひ叶えてください!
更なる高みを求めて、これからも進化していく理恵選手を応援していきます。

Gymnastics Tanaka-style

日体大教授の滝沢先生(FIG副会長)と田中ファミリー。
体操一家な田中家を紹介しています。


COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

おめでとうございます!

私は結果しか知らないのですが、航平選手、個人総合2連覇おめでとうございます。試合後のコメントも意欲的で、ますます今後の活躍が楽しみですね。北京五輪の代表に選ばれたころと比べて、本当に頼もしく成長した感じがします。さすが日本のエース!

田中理恵選手はエレガンス賞ですか!これは冨田選手も受賞しましたよね!?日本人の美しい演技が評価されるのは嬉しいですね~。

> マミー さん

こんにちは~(^^)おひさしぶりです。
団体銀メダルは超~~~~悔しいのですが、その後の航平くんの活躍が
とても頼もしく思えた世界選でした。

> 試合後のコメントも意欲的で、ますます今後の活躍が楽しみですね。

ボキャブラリーは相変わらず少ないのですが(笑)常に一貫した内容で
真摯に受け答えしている姿に、意志の強さと自信がうかがえますね。

> 田中理恵選手はエレガンス賞ですか!これは冨田選手も受賞しましたよね!?

そうなんですよ~(^^)冨田さんはシュツットガルトの時ですね。
試合内容はツライものがありましたが、嬉しい受賞だったことを覚えています。

理恵選手は演技前と後の自然体な笑顔がとってもステキで好感が持てて
会場関係者の注目を浴びていたと思います。輝いてましたよ。

冨田さんも代表コーチとして試合中、選手の補助を行っていました。
画面にもチラチラ映っておりましたよ。お元気そうです。

また、日本選手の国際大会の放送がありましたら是非ぜひ、見てくださいね。
冨田さんは殆ど代表選手と一緒に同行されていると思いますので(^^)/

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)