Fairy Tail

全日本インカレ 2010 @ 秋田 「日体大」


昨日、2週間ぶりに熱々のホットヨガで身体を動かしてみると、思いの他?
サクサクと手足が動いてくれて
「ん?特に楽なプログラムじゃないのにナゼ?」と、ヨクヨク考えたら

連日の暑さと秋田県体の蒸し風呂サウナを2日間、体験してきたせいなのか(^^;
35度前後の気温に対して身体がしっかり順応していることに気が付きました。

70分間のあいだ、休む間もなくポーズやストレッチを続けると最後の方は集中力も
無くなり、できるハズのポーズがキツくなるハズが昨日は余裕かましてできてたわ


---------余計なハナシはここらでおしまい。

インカレは毎年暑さとも戦わなければならないのですが、疲れMAX振り切る
最終日の後半、どの選手も皆さん精いっぱい頑張っていました。

会場内が狭いせいもあってか、学生特有の元気な声援があちこちから響き渡って
例年以上に賑やか学生のみの大会は活気があり、別な意味で観ていて楽しい。

今大会、日体大と仙大の大応援団が隣り同士で女子エリアの平均台&段違いの前に
陣取り、器具の向こう側で繰り広げられる男子エリアに向かって大きな声で
叫んでいたので、女子選手はチョットやり難かったんじゃないかと。

あの配置って学連から割り振られるのかな?
代々木のような大きな会場とは違うので、ちょっと配慮が足らずに「?」でした。

女子といえば羽衣国際大の新竹さん、出場していなかったみたいですね?
西日本インカレAAトップの男子選手も棄権していました

と観光を済ましての観戦となり、あちこち歩き回った疲れが出てオペラも忘れて
暑さの中でボンヤリ観てきたせいか、うまく思い出せませんが。。。

とにかーく!
日体大の床跳、ハンパなく強い!強すぎ!たぶん史上最強!





内村、山室、石井(4年)山本(3年)青山(2年)瀬島(1年)の団体メンバー6名。
アジア大会代表のリョウタカくんが個人にまわるといった層の厚さ!

一種目めの跳馬から全員が着地をほぼカンペキにまとめてスタートからブッチ切り(^^;
Dスコア7.2が1人、6,6が4人で16点&15点台後半を連発!
マサヨシくんがドゥリッグス跳んで着地決めてました。スゴイ!体線ホントきれい。

キャプテンの掲げる「楽しく♪美しく」の精神が皆に浸透していましたね。

で、ゆかが驚異的に皆さんレベルアップ!
特に1年生の瀬島くん。

世界一のお手本を毎日見ているせいか、ひねりのタイミングとか間の取り方とか
キャプテンに少しずつ似てきています。肩の入れ方そっくり!着地の先取りとか。

去年の全ジュニ見た時も航平くん高3の頃と少し被る雰囲気があったので
楽しみにしていましたが、ワクワクするような成長っぷりに嬉しくなってしまいました。

元々床跳が得意で唯一あん馬がネックだったのですが、そのあん馬も見違えるほど
活き活きと回っていてビクッリしました。鉄棒はコバチで落下してしまいましたが
しっかりバックアップ。器具系も更に安定させる事ができたらいいですね。

2年生の青山くんもDスコアがっつり上げてきて元気いっぱい!
笑顔もいっぱい&6種目ほぼノーミスで団体戦に貢献し、AA予選順位も先輩2人に
続いて3位に付けてしまう大躍進!
ゆかの一本目、前転跳び全宙ダブルがダイナミックに決まる。彼のゆかも観ていて楽しい。

山室くんも本当に安定感が増しましたねー。

跳馬の3分アップでドゥリッグスの着ピタを決めることが多く、その時のご機嫌な笑顔が
いちいちカワイイ。たとえひっくり返っても本番のロペスはしっかりまとめられるところが
今年一番の進歩でしょうね。

AA予選順位は航平くんを0.2点上回ってトップ通過!
試合後にテレビカメラや記者さん達に囲まれていました。
あの時の映像やらコメントやら、いったいどこでお披露目されたんでしょ??

キャプテンは少々へタレ気味でしたが、それでも91点越え…。
体幹を改めて締め直し、最終日は気持ちよく集中できるハズと思われました。

6人中5人が7位以内の通過ということで、鉄棒とあん馬で少々のミスがあっても
2位の仙台大には14点以上の大差をつけての圧勝!!
1988年組最期のインカレ団体優勝、おめでとうございます。

その、華の1988年組の石井くん。
最初で最後のインカレ団体メンバーに入り、他の4年生全員の想いも背負って
大きなミスなく、自分のペースで静かに演技していた姿が印象に残りました。

世界のトップに上り詰めて行こうとする仲間を誇りに、皆で切磋琢磨し合ってきた
彼らにとっては最後のインカレ。
4年間、見届けてきたファンにとっても感概深いものが込み上げてきます。

これから来年の3月まで、いろいろな想いの「最後」があると思われますが
4年生の皆さん、笑顔で楽しく心残りのないよう過ごすことができたらいいですね。
12月の全日本団体戦で有終の美を飾れますように。

COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

暑い中お疲れ様でした

こんにちは。
暑い中ホントにお疲れ様でした。
私も東北・秋田は涼しいと思い団体戦の日、暑さ対策せず出かけて行ったので体育館に入ってびっくりしました。夕方なのに蒸し風呂・タンマがたちこめて真っ白。あり得ない暑さで意識もうろう・回路がぶっ飛んでしまうこともありました。
選手の皆さまも暑さだけで体力消耗してしまっちゃったのではないでしょうか。

日体大ぶっちぎりダントツ強かったですね~。
今回の団体メンバー見ても選手層の厚さがすごいなとびっくりしました。部内選考勝ちぬくだけでも大変なことですね。強いはずです。
今のベストメンバーということなのでしょうが皆遜色なさすぎ。大差で優勝するはずですよね。

1988年組、徐々に最後が近づいてきて寂しくなってしまいます。
冬に審査員資格を取った石井君は東インカレも出たり調子が良いのですね。1番手で演技すること多く落ち着いた演技が印象的でした。

山室君、予選1位通過でサンスポに「対照的な2枚看板」と航平君と比べられていましたね。予選の日は本当に安定していました。決勝の日は平行棒・あん馬技ぬけちゃったのでしょうか?(←意識不明)
意外にもインカレ初の表彰台ですね。とっても暑がりに見えるのですがよく頑張りました。

航平君、カッシーナお披露目したのに意識が飛んでいていつもより低いな~なんて思って全く気付きませんでした。決勝の日に近くの席の学生が言っていて初めて気がつく有り様。アドラー~は流れが悪くなって毎回しっくりきませんね。自称”究極の負けず嫌い”さん、決勝では別次元の演技でしたね。

初日は床・吊り輪の得点板が死角に入ってしまい注目選手の時だけ移動して得点見に行きました。2日目は全種目見れる席だったのですが、隣のブロックの2部校の学生さんが立ったり座ったり繰り返し演技中も中腰にさえしないで立ちはだかって邪魔過ぎ。観ないなら帰るか外に出ていれば良いのに、さすがに内村@鉄棒の時は注意しようと思いましたが他大学のビデオを熱心に撮っている学生さんがやんわり言ってくれました。学生主体だけど一般人も観戦しているしもう大人なんだから・・・と暑さで怒りが増してしまいました。

究極の暑さでえっさっさも観ないで帰ってしまいました。山口行けるかな~。。。

> おっち さん

こんばんは(^^)レポ、ありがとうございます。
今更ですが秋田遠征、ほんっっと~にお疲れさまでした。

私もいくつか熱中地獄の体育館を経験しておりますが、あの県体はありえません!
回路がぶっ飛ぶのももっともです(笑)選手を改めて尊敬してしまいますね…

> 今回の団体メンバー見ても選手層の厚さがすごいなと
> 部内選考勝ちぬくだけでも大変なことですね。強いはずです。


4年生は一人でもたくさん出て欲しかったけど、小野くん稲寺くんが涙を呑みました。
下からの突き上げがチームを活性化していますね。強かったです。

山室くん。サンスポにコメント出てたんですね~。最終日は暑さでキツそうでした。
高得点を稼げる得意種目のつり輪&跳馬の安定っぷりが大きかったですね。
表彰台2位、おめでとうございます。

> 航平君、カッシーナお披露目したのに
> 低いな~なんて思って全く気付きませんでした。


おっちさん!それはいくらなんでも意識が飛び過ぎですってば!(^^;
私はこころの中で「やった・・・」と叫びました。
うん、低くて目いっぱいでしたがキレイな体線でしたね。

> 隣のブロックの2部校の学生さんが立ったり座ったり繰り返し

自分達の仲間が出てないからって、しょっちゅう出入りされたらたまりませんね。
JAPAN CUPのジャニーズファンと変わんない!関係者がそれじゃマズイわ。
回りの空気を読み取って常識ある行動を取ってもらいたいですね。

> 究極の暑さでえっさっさも観ないで帰ってしまいました。山口行けるかな~。。。

私もとっとと帰路につきました。ホント勘弁してよ~な暑さでしたね。
航平&山室くんは1年生の時から団体メンツなので「えっさっさ」やってないかも。
デジカメ持って、楽しそうに仲間を撮ってたらしいです。
実は毎年、帰りの時間に追われてインカレの表彰式は一度も見たことないんです(^^;

山口・・・行けるといいですね。ここまできたら遠征三昧、がんばりましょ!

お疲れさまでした

すみれさん、こんにちは。秋田のインカレ、すみれさんの記事とおっちさんのコメントからも、うえさんのブログの写真からは選手だけではなく審判の方からも「暑い!」という吹き出しがたくさん見えそうです。観戦お疲れさまでした。

2年前の北京オリンピックではまだ幼い印象だった内村くん。若さと勢いのある演技に加えて美しい演技へどんどん進化していくのが、私のような初心者から見てもわかります。特に足がきれいになっているように思います。

競技会で何度か内村くんのご両親をお見かけしましたが、いつもニコニコと明るくて楽しそうでした。そのためかライバルである他の選手のご家族の方が本当に気さくにご両親に声をかけられていて、「内村くんはいろんな人に応援されているんだなあ。」と思いました。(別記事ですが)日経新聞の「僕が頑張らないと家が危ない」。試合ではプレッシャーを感じるよりも楽しんでいるように見えながらも「こんな事も考えているんだな。」と思ったり、「やっぱり野菜は食べないんだな~。」と思ったり。興味深く読ませていただきました。ありがとうございます。

これからも背負うものはどんどん増えていくと思いますが、それを楽しむくらいの気持ちで、怪我にだけは気をつけて頑張ってほしいですね。

ところで日体大の「えっさっさ」、すみれさんもご覧になってないんですね。私も内村くんと山室くんが一緒に踊る姿を一度見たかったです!

> ありす さん

こんにちは(^^)コメント&労いのお言葉、ありがとうございます。
ありすさんお住まいの所も究極な暑さでしょうね・・・気をつけてくださいね。

> 2年前の北京オリンピックではまだ幼い印象だった内村くん。
> 特に足がきれいになっているように思います。


あれだけ難しいワザをこなして、尚且つ美しくてミスの少ない演技!
どこかに綻びが出てきそうですが微塵も感じさせない強さでした。

競技会をこなすうちに体力の配分も身についたようですしね。
鉄棒の失敗は、あのシリーズだけですのでもう一度修正すれば大丈夫かと。
死角は見当たりませんね~。

> 競技会で何度か内村くんのご両親をお見かけしましたが、
> ライバルである他の選手のご家族の方が本当に気さくにご両親に声をかけられていて


そうですね~。内村先生に限らずご父兄の方々は横のつながりも幅広く
皆さん、ご自分の子供さんと同じように応援されています。
小さい頃から数々の大会等で一緒になり、お顔見知りだと思いますしね~。

> 日経新聞の「僕が頑張らないと家が危ない」。試合ではプレッシャーを感じるよりも
> 楽しんでいるように見えながらも「こんな事も考えているんだな。」と思ったり


大雑把に見えますが、意外と神経が細やかなんですね(失礼)
そこまで考えていることも余裕というか、プレッシャーを別なものに代えられる
チカラに長けているというか、、、
野菜もキライなものは嫌い!と徹底してるところが頑固ですね(^^;

> ところで日体大の「えっさっさ」
> 私も内村くんと山室くんが一緒に踊る姿を一度見たかったです!


1年生はインカレ出場していても強制的に「えっさっさ」参加させられるようですが
二人が1年の時の北九州は、確か人数足りなくてお披露目しなかったような…。
もうすぐ学生生活も終わっちゃいますしねー。見たかったですね(^^)

背負うものがどんなに増えても、彼らしさを失わずに自身のペースで頑張ってくれると
思います。楽しみは尽きませんね。

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)