Fairy Tail

JAPAN CUP 2010 @ 東体 vol.4


明日から一泊2日で大阪に行ってきます。
いただいたコメントへのお返事、帰ってきてからゆっくり返しますね。

荷造りしながらCS映像の男子個人総合、見ていました。

地上波は航平くんのあん馬と山室くんのつり輪がカットされていましたが
CS映像は2人の演技は全て入っていましたね。
地上波で流れた「ライバル&大親友」なPVも入っていました、よかった!

昨夜の【すぽると!】でNTCでの合宿の様子が流れました。
スポナビにも新しいニュースがたくさん来ているので読んできてください。
航平くん、世界選に懸ける意気込みです。

  「ボクは今回、団体の方が大事だと思っているので、しかっり団体をやることが
   むしろ個人総合の連覇につながっているんじゃないかな、と思います。」


あくまでも足元を見据えて、ひたむきに、冷静に、謙虚に、まずは団体戦を。

その後に続くのは「自分超え」となる個人戦。
ひとつひとつを大切に、丁寧に、ですね。

すぽると内の映像はインタビューと、メディア向けのカメラサービスなのかな?
抱え込みコバチの後に屈身コバチを連続させようとして失敗していました。

航平くんの手放しワザは、直前の車輪の「あふり」が独特なので、手放し連続は
2つ目の捌き方が全く新しいモノに挑戦するような感じかもしれません。
単発でできていても、連続でやるのとはワケが違うようです。

でも彼なら、チョット練習すればすぐ習得してしまうんじゃないかな…って
皆に思わせてしまうところがスゴイですね(^^)

団体戦も個人総合も素晴らしい出来栄えだったのに、地上波では両方カットされてた
山室くんのつり輪の演技構成を書き出してみました。


やまむーファンの方、どぞ。






山室光史選手 JAPAN CUP 2010  「つり輪」 演技構成

・ 伸腕伸身逆上がり中水平            
・ 背面水平懸垂経過、脚前挙十字(ナカヤマ) 
・ (十字懸垂から)伸腕伸身十字倒立      
・ 後ろ振り上がり十字倒立             
・ ほん転逆上がり倒立               
・ 前方屈身2回宙返り懸垂(屈身ヤマワキ)  
・ 後ろ振り上がり中水平              
・ 伸腕伸身逆上がり十字懸垂(アザリアン)  
・ 後ろ振り上がり倒立                
・ 後方伸身2回宙返り1回ひねり降り      

( 価値点 4.2 要求グループ点 2.5 )   Dスコア 6.7
          2日目「個人総合」      Eスコア 9.150  得点 15.850

振動ワザは屈身ヤマワキのみ。力静止ワザのオンパレードで攻めています。
後半にもE難度が織り込まれる国内最高のDスコア。
どこか間違いあるかな?ありましたらコメント欄で突っ込みお願いします。

山室くん、あれだけ頑なにDスコアにこだわっていたのを、ゆかとあん馬に関しては
今年は去年より難度を落とし、精神的にも肉体的にも余裕を持った構成で臨んでいます。

ゆかのラインオーバーなど小さなミスが2~3個あったくらいで、今大会は本当に
2日間!すべての演技が今まで見たこともないくらい安定していましたね。

もうほんと!メチャメチャいっぱい重ねてパンパンに着込んだ洋服!!!
少~しだけ脱いだせいか、身軽に優雅に歩けるようになったカンジ。

今までは着膨れしたまま足元見えず、スッ転んでばかりいたイメージでしたからね。
平行棒も鉄棒も伸びやかに、且つ丁寧に演じていた姿勢がとても印象に残りました。
個人総合 銀メダル!おめでとうございます。

今回の合宿不参加は何だろうね?大事を取ってお休み、、、だといいのですが。
「達人ブログ」でつり輪を練習している写真がアップされてました。顔、見えないけど…
  教えてくださった方、ありがとうございました

あちこち痛めていたという素振りも全く見せず、航平くんの背中が見えるところまで
たどり着きました。大きな自信と確かな手ごたえ!無理をせずに、じっくりと調整して
まずはインカレ、楽しみにしたいと思います。


COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)