Fairy Tail

「タンブリング」 scene 6


一週間が早いですね。
今日のタイマー録画のチャンネル選びは慎重に…

関カレ@陸上、3日目が終わりました。中央大の4継が学生新記録!
飯塚くん大活躍だったそうで、静岡出身の一年生を是非とも頭の片隅に。
明日の最終日、200Mで江里口くんに食らいついて!

ハーフ・マラソン&5000Mも見どころタップリ。心配はお天気。
暑くなりませんようにー!降るなら小雨程度にほどほどで。

-----------------♪

カネコめがねくんの弄られっぷりが楽しい♪
近所の八百屋?役の佐藤二郎のボケボケっぷりもエスカレート←けっこう美味しい

交差ワザはキャリア組の3人が挑戦(タケナカ、カネコ、ミズサワ)
一瞬でも躊躇すると危険が伴うので常に集中力が必要。
先シーズンの青森山田の究極の三連鎖を思い出しますが、烏森はオーソドックスに。

タケナカがカネコの足に接触!カネコは打ち身で済むが、タケナカにトラウマ発生。
どうだろ?経験者からしたら
「あれしきのことで跳べなくなってちゃマズイだろ?」なのか
「あるある。足がすくむんだよな~」なのか?

体操競技も試合中、たとえば鉄棒の手放しワザで落ちると明日も落ちるかもしれない…という
恐怖心が強く働くことがあるのかもしれない。でも皆、不安を振り払って果敢に挑んでいます。
ネガティブな状況を打破し、ここ一番でメンタルの強さを発揮できる選手になって欲しい。

生まれる前に亡くなったと訊かされていた父親が生きていると知らされるワタル。
自分のことはさて置き、タケナカをバックアップ。

オレには親父なんかいねえ!

突然言われても、ホントどうしていいのかわかんないよね。。。
それにしても火野は何でリングしか練習してないの???他の手具やんなくていいの?

タケナカのトラウマ克服物語でした。
カネコめがねくんの練習に付き合うニッポリもいいヤツだー。
っていうか、半分イジめてる(笑)

苦しんでいるのは自分だけだと思ったら大間違いよ。

祥子先生のステキな道標。
カネコとタケナカが一緒に練習を始める→夜から朝まで一晩中、ずーっとやってる交差跳び。
仲間全員が集まってタケナカを励ます!

よし、いけ!

ミズサワが加わって見事に成功!
トラウマから解放されたタケナカの笑顔に、またチームがひとつになれましたね~。
ちゃんと人数分あるコスチューム着たキューピーかわいいね。あれ欲しい!

ちょんまげ@柏木先生の知られざる過去!?
実際、AKIRAは静岡出身でサッカーやっていた経歴あるんですよね。
孤立する火野を目覚めさせてくれるのかもしれない。

一方、仲間の後押しもあって親父さんに会おうと決心するワタル。
余命いくばくもない父親の存在が今後、何かのキーになるのかな?

予告では新調されたユニでタンブリングしてましたね。
実際、男子新体操のユニは黒地にスパンコールが基調で真っ白とか派手なピンクとか
着てるチームって見たことないんですが、そこは何でもアリなのかもしれない。

次回は火野のコンプレックスが暴かれるらしい。キヤマ、右手に包帯?ってことは
個人から団体に火野がクラ替えるんですかね?何だかんだと話が読めてきました。

COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)