Fairy Tail

第64回全日本個人総合&2次選考会@代々木 田中和仁


オフィシャルブログや協会レポは2日目を1組で回った選手を主に取り上げているので
ここではできるだけ被らないよう、色々な選手に目を向けていきたいな~と思います。

-------------♪

カタール国際を回避した怪我が、たぶんちゃんと治りきらないまま臨んだと思われます。
それなのに体操の神様は本当~~~~に非情!!

1日目は7組から(1ローテ目が休憩)、2日目は2組から(7ローテ目が休憩)という
ローテの途中に休憩がひとつも入らない!最悪な組に入って回った2日間・・・

演技が全て終わった直後に即行でアイシングしていた足首、一日も早く完治しますように


コンディション不良な中、2種目でポイント1位をGETした強さに脱帽!






1日目は一種目めのゆかの構成がいつもと違っていて、シリーズの最後が後1回半や
前2回、後3回ひねりだった終末ワザが後2回半といった、前向き着地を試みていたので
「もしかしたら後ろ向きで着地すると痛いのかな?」とメチャメチャ心配にー。

いつもよりDスコアを大幅に下方修正(5.5)、、、不安な立ち上がり。E-8.800 ライン減点0.1

次のあん馬、世選のAAと同じところのEフロップで落下っっ(絶句)
最初が休憩ローテだったので、スクリーンに映し出される順位がとんでもなく下位で冷や汗モノ。

つり輪…丁寧&スタイリッシュな捌きで全てをキレイな静止姿勢&倒立に収める
(D-6.1 E-9.275)、15.375でポイント1位獲得←これは大きい!

で、安全策でアカピアンにするのかな?と思った跳馬はドリィッグス(尻もちライン減点0.1)
やっぱり前向き。

平行棒!!!

棒下シリーズの途中にドミトリエンコ(E)を新しく組み込んでいました。
Dスコアを計算すると、棒下宙の最初はテンハイビン(F)だったかもしれない(記憶があやふや)
着地もまとめて(D-6.9 E-9.00015.900←この日ふたつ目のポイント1位獲得。
(平行棒の内規加点がちょっとわからない)

ここまでは何とか耐えることができたので、後は鉄棒の着地のみ。

アドラーハーフ(D)~伸身トカチェフ(D)の加点0.2のシリーズが成功!
田中さんは伸身の姿勢がとても美しいので、デフか伸身トカチェフやって欲しいな~と
以前から思っていた中、Dスコアを上げてきたこの構成がとっても嬉しかったです。

なのにーっ!十八番のアドラー1回ひねり~ヤマワキで、アドラーがちょっと詰まって
腕だけで身体を上に持っていったので奥行き?が足りなくて両爪先がバーを舐めてた。

よく落ちなかったよな~~~と、心臓が止まりそうになりました。(D-6.4 E-8.525
中欠点2つくらいあったのに、Eが思ったほど低くなかったのはさすがです。

2日目は、体力も痛みも究極に限界な状態・・・だったように思います。

平行棒だけでも!と願ったのですが、ドミトリエンコの腕支持でありえない程大きな音が
聞こえ、たぶん腕に相当なダメージを受けたままピータースで崩れてしまい落下(涙)

「早く全種目終わらせてあげて!」

祈るように始まった鉄棒はトカチェフが流れてしまったけれど、最後まで攻めていた姿勢!
とてもステキでした。本当に、ほんとうにおつかれさまでした。

N杯は、もし許されるのなら最善の対策で挑むことができればいいのですが…
決して無理はしないで、とにかく一日も早く痛みが消え去ることを願うのみです。

弟の佑典くんが体調不良で棄権してしまった今、理恵さんの頑張りが唯一の救いですね。
三兄弟に与えられた試練、うまく乗り越えることができますよう心から祈っています。。。

COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)