Fairy Tail

国体・体操競技@スポーツ新聞 静岡版


新潟国体の成年男子は新潟が、少年男子は京都が優勝しました。

新潟(選抜チーム)は初優勝!!
京都の洛南メンバーは、インハイ&全日本ジュニアに続いての優勝で三冠達成ですね。
瀬島くんの成長に皆が引っ張られ、去年以上にまとまった抜群のチームワークで獲得した
3つ目の栄冠だと思います。おめでとうございます!

観戦に行った友人から訊いたのですが1日の成年の部・Ⅲ班、最終種目のあん馬演技
新潟代表の馬場選手が、いつ落ちてもおかしくない我慢の旋回!のこったノコッタ状態で
地元新潟の熱~い声援にも助けられ、最後まで通し貫いて優勝に華を添えたそうです。

同じく新潟代表の佐野選手は、あん馬と跳馬は失敗したそうですが
他の種目は素晴らしい実施で優勝に貢献し、有終の美を飾ったそうです。

この国体に懸けてきた佐野さんの現役生活にピリオドが打たれてしまったんですね・・・
2度の大きな怪我を克服しての再挑戦、、、本当にお疲れさまでした。

もう一人、徳洲会メンバーの水鳥一輝選手もユニフォームを脱いでしまいました。

地元新聞に体操の記事が大きく載るのも久しぶりですが、内容はとても切なくて
いつかは訪れる「引退「の花道、、、家族の支えや関係者のバックアップなど
色々な想いが一気に込み上げてくる一瞬だったことでしょうね。

新聞記事を4つ、アップしました。





画像をクリックしてしばらくすると右下にアイコンが出ますので拡大してどぞ。

一輝 2       一輝  3
 
日刊スポーツ・静岡版】          【スポーツ・ニッポン・静岡版



一輝 4         一輝 5

スポーツ報知・静岡版】      【静岡新聞


日刊スポーツはwebでも読めます。
静岡チームは去年に続いての連覇を目指し精いっぱい戦いましたが、万全な体調で
臨めない厳しいチーム状況だったようで、大変残念な結果に終わってしまいました。

一輝選手、最後の鉄棒では全社でも成功していたコバチ~リバルコのシリーズが成功!
国内では現在、順大の佑典くんが成功させています。
意地で窮めたリスクの高い演技構成!
点数がどうであれ、最後はやり遂げた達成感の方が大きかったでしょうね。

まだまだ若いし、とてもとても名残惜しい気がするのですが
自身で決めた第二の人生へ。。。長い競技選手生活、本当におつかれさまでした。

今後はご実家の体操館で後進の指導にあたるそうです。
現役バリバリのワザの数々を練習場で披露して、チビッコ選手の憧れのお手本として
お兄さんに続く静岡出身の「未来のオリンピック選手」を育てて行ってくださいね。

--------♪

2016年の東京オリンピック・・・夢が叶いませんでした・゚・(T-T)・゚・。

COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

静岡代表、お疲れ様でした!

こんばんは(*^_^*)

すみれさん、いつも地元新聞ネタを取り上げて頂き、本当にありがとう!感謝感謝!

一輝選手の有終の美をこの目に焼き付けてきました!最後の演技を笑顔で終えられ、
こちらも心温まる想いがしました。寿思・豪敏選手と世界への夢はもう叶いませんが、
静馬監督と兄弟でジュニアの育成という新たな夢を頑張ってもらいたいです(*^_^*)

東京は落選しちゃいましたね~私も1度でいいから、オリンピックを生観戦したいです!



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

新潟国体と2016年

こんばんは。
水鳥選手のブログにも国体のことが書かれてました
。佐野選手と弟の一輝選手の引退。2人の選手が最後までやり切る力強い演技を見て感動した同時に勝負の世界は厳しいと書かれてました。
本当に厳しいですね。
徳洲会は6人になり、選手が少なくなりますね。


私の地元新聞でも新潟国体の記事が小さく載ってますが、体操女子の記事を見つけました。
07年世界選手権代表の椋本啓子選手。内村選手と同じ長崎県出身で成年女子団体で2年連続優勝しました。

小椋選手は、代表主将として北京五輪の団体出場権獲得に貢献しましたが、五輪は右足首のけがで出場できませんでした。代表復帰を期した今年は、5月末にけいついヘルニアで1ヶ月入院。8月末に練習を再開したばかりでした。本調子ではなかったけど
「もう一度、日本代表になりたい」と思いをぶつけた。段違い平行棒では持ち味の高さが戻り、14.500
の高得点をマークし、復帰戦を飾り、仲間と喜びを分かち合ったそうです。
23歳ですがもう一度、日本代表になりたい気持ちがあるかぎりまだ引退はしないと思います。

引退といえば女子の上村美輝選手が世界選手権で最後の試合。アテネ代表の石坂選手は国体で引退。こちらはまたあとでコメントします。

2016年の東京は残念でしたね。夜中にNHKが放送していたので見ました。シカゴが1回で落選はびっくりでした。リオとマドリードは今まで3回立候補して国民の支持率が80%。南米発のインパクトが大きいので最後はリオと思いました。
東京の国民の支持率が56%で低かったです。
なぜ東京なのかの部分も弱かった。あきらめないでまた立候補してほしいですね。
今度は国民の支持率や世界の国との外交をしっかりしたり分析などしてほしいです。
ローマはもう20年の五輪に名乗りをあげてます。
長くなってすみません。またおじゃまします。






> たい さん

こんばんは(^^)久々の静岡ローカルネタ、喜んでもらえて良かったです~。

> 一輝選手
> 最後の演技を笑顔で終えられ、こちらも心温まる想いがしました。


ジュニア時代や大学時代の成績を考えると、今でも信じられないのですが
選手のピークがどこに来るのか?もう一度返り咲くことができるのか?
個人差がそれぞれあるようで、、、本当に残念です。


> 静馬監督と兄弟でジュニアの育成という新たな夢を頑張ってもらいたいです(*^_^*)

新しい夢に向かって!心機一転、頑張ってくれることを期待しましょう。
オリンピックの生観戦・・・
国内開催は叶わなかったけれど、ロンドン五輪生観戦が叶うといいですね(^^)

> まゆみ さん

こんにちは(^^)いつもコメントありがとうございます。
選手の引退ニュースを聞くとホロリ&しんみりしてしまいますね。 。。

佐野選手…つり輪や平行棒が得意で力強い演技をする姿をずっと見てきていたので
怪我との戦いで終わってしまった最近の2年間が本当に残念です。

> 徳洲会は6人になり、選手が少なくなりますね。

来年になれば新卒社会人が入団すると思いますので
それまで、練習場は寂しいでしょうね。。。一時12~3人は居ましたからね。

> 椋本選手
> 5月末にけいついヘルニアで1ヶ月入院。8月末に練習を再開したばかりでした。


ユニバも辞退されて、悔しかったことでしょうね。
もう一度、世界の舞台で戦いたい!といったモチベーションを維持しながら
きっと代表に返り咲いてくれることを期待したいと思います。

上村選手も石坂選手も、私が体操に嵌った頃から常に選考会ではトップ争いに
絡んでいた選手なので、やはり淋しいものがあります・・・。

> 2016年の東京は残念でしたね。
> 東京の国民の支持率が56%で低かったです。


福岡、大阪に続いて3連敗でしたっけ?
私自身「ふ~ん、自国開催なら生観戦ができていいかもな…」ぐらいで
特に関心が湧かなかった、残り44%の部類に入りそうですが(すみません)
いざ、2回目の抽選で弾かれた時はガックリきましたね。

支持率の低さは、お国柄の違いもあるでしょうね。
反省点や課題を今後の招致活動に役立てて欲しいなと思いました。

長いコメント、大歓迎です。いつでもいらしてくださいね。

福岡について

こんばんは。
福岡は東京が立候補する前にさきに国内で名乗りをあげて、国内の選考で東京に負けました。私の住んでる福岡は五輪は無理かなと思いました。

01年に世界水泳は成功させているので、世界選手権などの国際大会に期待したい思います。
当時の世界水泳はイアン・ソープ効果で大変盛り上がりました。
私はシンクロの立花さんを生で見ることができました。選手を生で見るは感動します。

> まゆみ さん

こんばんは。

福岡での水泳・世界選手権は8年前だったんですね。
いつもテレビでしか観ることができないアスリートを、目の辺りにできる国際試合は
やはり別格だったことでしょうね。

五輪が無理ならユニバーシアードでもいいかな~(学生スポーツファンとして)
いずれにせよ
スポーツの祭典を肌で感じられる機会が今後、たくさんあるといいですね。

ユニバーシアード福岡

たしか95年に開催されていたと思います。
次はアジア大会あたりならできるかもしれませんね。招致成功しても、アジア大会は四年に一度なので大分先になりますが。94年には広島でアジア大会をやっていましたから。

> asou さん

こんにちは。コメント2つ、ありがとうございます。

オフィシャルブログ、始まりましたね~。見切り発車っぽいですけど(^^:
遠藤先生のコラムも読みました。内村選手をはじめ、他国各選手の力を
十分把握されての分析は説得力があり、大変勉強になります。

> 次はアジア大会あたりならできるかもしれませんね。

こちらも4年に一度・・・そろそろ順番が回ってくるのかな?
来年、中国で行われますね。こちらも楽しみです。

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)