Fairy Tail

2009全日本学生体操競技選手権大会@ぐんまアリーナ vol.7


去年は北京効果で、親子連れや女子高生が多く詰めかけたインカレ会場。

今年は内村&山室の日体大学生コンビの活躍や、冨田さんが順大のコーチに
就任したこともあって(^^;今までインカレまでは足を運ばなかった体操ファンが
数多く観戦に来ていたと思われます。

モチロン、北京で航平くんに興味を持ったファンも大勢来ていたでしょうね。

トップの大会だけじゃなくて、色々なカテゴリーの競技会を観戦することで
選手の名前や演技スタイルを覚えながら、彼らの成長を見届けて行くことができ
応援していく楽しさが更に増えていくのではないのかな~と思います。

高校&大学生選手達の活躍は、そのようなファン層を拡げてくれる一因もあるので
これからも大いに切磋琢磨し合って、がんばってくれることを期待してます。


そろそろ終わりにしなければ、、、表彰台に上った3選手をどぞ。






        ゆか   あん馬   つり輪   跳馬  平行棒  鉄棒   計    得点

航平    6.8    6.0    6.2   6.6    6.5   6.4  38.5(+0.3)
       9.450     9.100   9.000   9.450   8.550   9.100  54.650   93.150


佑典     5.7    5.4    5.9   6.2    6.2   6.9  36.3
        9.000    8.950   8.700   9.100    9.000  8.800  53.550  89.850

   
恭一     5.8    5.5    6.2    6.2    6.2   7.3  37.2(+0.3)
        9.350    8.950   8.900   8.950   9.000   7.450  52.600   89.700
                            -0.1



インカレ個人総合、上位3選手のD&Eスコアです。( )は内規加点分

Dスコアが6種目オール6点台は、社会人選手も含めて国内は航平くんと山室くんだけ!
山室くんの38.7(個人決勝・内規加点含まず)は、たぶん世界一だと思います。

JAPAN CUPのファビアン37.4

「ロンドンのAAは銀メダルを狙う」と、試合後の会見でファビが早々に白旗を揚げてしまうくらい!
航平くんの安定感は群を抜いています。


恭一くん…3位
あん馬スタート。直前の3分アップの時は開脚旋回を練習していたのですが
本番では外していました。どの種目も力強さが備わってきたように思います。

団体戦で失敗した鉄棒はカッシーナが成功!「取った?!」と思ったのも束の間、
コバチの後のコールマンで落下してしまい、会場中に悲鳴が響く。
「惜しーーーいっ!」一緒に見ていた友人一同(順大ファン)大きなタメ息が漏れる…
再度挑戦して7.3(+0.3)の構成をやり遂げました。

ラストのゆか、気持ちしっかり切り替えてメリハリのある素晴らしい捌きで高いEスコア!
チャレンジャー恭ちゃん!
あん馬を安全策で乗り切って、その代わりに得意の鉄棒を果敢に攻めて、、、
失敗しても諦めなかった最後のインカレ、最後のさいごまで本当にカッコ良かった!

寡黙で物静かな雰囲気は、なんとなく冨田さんに通じるモノがありますね。
公式練習で時々、航平くんに子猫のように纏わりつかれて軽くあしらっている姿とか
微笑ましい仲間関係も見ていて癒されます。

去年までとは比べ物にならないくらい安定感が増したスタイルで
これからも恭一くんらしく攻めの演技を続けて行って欲しいな~と思いました。


佑典くん…2位
安定感に欠けていたあん馬が最初で、うまく切り抜けられてリズムが掴めた印象。
今年から一気に難度を上げたつり輪も我慢して踏ん張り、後は崩れない種目が続くので
「このままミスしないで最後まで行けますようにーっ!」と祈りながら見つめる。。。

鉄棒は公式レポにも書いてあったように、シュタルダーリバルコが片大逆手(D難度)になり
そこで0.1足らない為、内規加点(+0.3)がもらえない。アドラー1回ひねり両逆手(E難度)
コバチ~リバルコ(D+D難度)コールマン(F難度)・・ホントにもうリスクの高いワザばかり!

N杯一日目からシリーズは全部成功しているので、このまま精度を高めて秋の全日本の
種目別では是非ぜひ、鉄棒得意な社会人選手と高いレベルで競いあえますように!

団体で失敗したゆかも無難に堪えて、嬉しいウレシイ表彰台2位!おめでとう(^^)
身体のキツイ2日目の6種目を、ミスなく演じきったことに意義があると思います。
自信を持って、前を見据えて・・・

航平くんの背中はまだまだ遠いけれど、いつか追いつくことができる日を目標
少しずつ前進して行ってくれればいいな~と思っています。


航平くん…1位
すでにvol.0でほとんど呟いてしまいましたので、思い出したことを少々。

団体戦の平行棒は非の打ちドコロがないくらい!本当に素晴らしい内容でした(6.5 9.450
なんとなく李小鵬に似てきた…ような気がするのは私だけ?
倒立姿勢を後ろから見るとソックリです。その倒立が再び甘くなってしまったのが個人戦。

ライヘルトと前宙開脚を繋げずに2日間とも一呼吸置いて捌いていたのも、確実に
丁寧に・・・といった気持ちからでしょうか。
着地が大きく乱れた時は観客から「めずらしい~」などと、ザワめきが起こったくらい!
それほど「内村=着ピタ」のイメージは浸透しているんだなと思いました。

安心して見ていられる跳馬は、、、

助走スタート直前に行っていた、両手の甲を前に出して跳躍のイメトレをする姿。
今年からあまり見られなくなってしまいました。
口元動かしながらイメージしている少年の表情、けっこう好きだったのですが。
こうしてだんだん大人になっていくんだな~と、わかっていてもチョット寂しいかな・・・

2度目のインカレ優勝、おめでとうございます(去年の2位が返すがえすも悔しいですね)

得意なゆか&跳馬が常に16点台を計算できるので、ちょっとやそっとのミスがあっても
大きく順位が下がるような展開は、今後あまり考えられない。
理想に近い試合運びができる安定感に加え、強さ&美しさも兼ね備わり、尚且つ
アピールできる「華」も持ち合わせて、ちょっと死角が見当たりません

初めて挑む世界選手権。笑顔いーっぱい見られますよう、祈っています。

COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

世界選手権

本当に楽しみですね~
航平君は一体どこまで進化してくれるのでしょうか。録画予約忘れないようにいないとv-356

こんばんは

インカレレポお疲れさまでした!しっかり見てきたつもりでしたが、そんなこともあったのね~と思うことがいっぱいです・・・。
恭一選手の鉄棒は本当に惜しかったですね。演技後悔しそうに頭を横に振っていたのでラストの床が心配でしたが、しっかり気持ち切り替えてましたね。床のE得点は6種目中1番高かったんですね!攻める姿勢にもですが、なげやりになることなく最後まで自分を崩さない精神的強さにも感動しました。
本番では見られなかった開脚旋回は秋の全日本で見られるのでしょうか?楽しみです。
試合後にすれ違ったので声を掛けようかと思いましたが、勇気が出ずに心の中で「お疲れ様でした」を言っておきました(笑)

> けいこ さん

こんばんは(^^)

シュツットゥガルトから2年経つんですね。世代交代もスムーズに…でもあっという間でしたね。
進化を続けるオールラウンダー!再び世界にお披露目、楽しみです。
テレビ放送予定、CSが映るようなら大丈夫かな?

> ノア さん

こんばんは(^^)コメントありがとうございます。
ノアさんも2日間の観戦、お疲れさまでした。
お互い、アリーナの通路でスレ違っていたかもしれませんね(^^;

> 恭一選手の鉄棒
> 演技後悔しそうに頭を横に振っていたのでラストの床が心配でしたが
> なげやりになることなく最後まで自分を崩さない精神的強さにも感動しました。


強い意志を持って自分の体操を貫く精神力!本当に素晴らしかったですね。
去年から今年にかけての飛躍は胸中を察するものがあり、毎試合万感の思いで
見つめてしまいます。。。

> 勇気が出ずに心の中で「お疲れ様でした」を言っておきました(笑)

その言葉、恭一選手にちゃんと届いていると思いますよ~。
次の機会には是非お話してみてくださいね~。気さくに応えてくれるはずですよ(^^)
全日本でのあん馬演技に注目しましょう!

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)