Fairy Tail

2009全日本学生体操競技選手権大会@ぐんまアリーナ vol.3


新型インフルエンザが再び猛威を奮い始めています、こわいコワイ。

東レさんも練習見学が急遽中止に。
9月一週の東海大学受入合宿の時に行きたい!と思ったのですがダイジョウブかな?
丁度ナショナル組も三島に居るかもしれないしね。どうか中止になりませんようにー!

-----------------♪

ここに来られる体操ファンの皆さんは、既にご存知のことと思われますが
日本健康科学学会 第25回学術大会が、週末の29日、30日の二日間にわたり
東京体育館で行われるようです。

著名な方の特別講演や各大学教授によるシンポジウムなどが組まれているなか
30日)の記念セレモニーでは、オリンピック日本代表選手の模範演技会があるそうです。

メンバーはアテネ五輪代表・男子6名、女子は北京五輪代表から4名が出演予定。

当日のプログラム←pdfが開きます。


漏れ伝え聞くところによると、引退された選手が演技をする確率は極めて低いそうです。
セレモニーには参加されますが、演技は行なわないかもしれません。
男子選手は現役の塚原、中野、水鳥各選手に限られそうです。

前売り券がチケットぴあで発売されているようですが、当日券もあるのかな?
代々木より一回り小さい東体ですが、満席になるようなことはないと思われるので
時間に都合がつく方は是非、足を運んでみてはいかがでしょうか。

体操ニッポン復活!の礎となったメンバーが、こうして揃う機会も久しぶりかもしれません。
観覧される方、楽しんできてくださいね。


ではでわ、順大@団体戦の続きです。





1、2年生は全体的にDスコアは高くはないのですが、順大の持ち味である
美しい体操」を前面に押し出して頑張っていました。

が、

平行棒で歩いてしまったり、鉄棒では組み合せができなかったり、落下があったりで
日体大相手に点差を詰めたい種目で、ポロポロと点数を取りこぼしてしまう。

2年生の北條くんは、去年のインカレゆか演技でアキレス腱を負傷してしまい
約1年ぶりの演技。スタンバイする前まで、本当にとても怖かったと思われるのですが
最初のタンブリングが少しぎこちなかっただけで、後はのびのびと弾んでいました。 
D-6.0 E-8.700

悔しさ&苦しかったリハビリの辛さから、ようやく解放された瞬間でしたでしょうね。
笑顔いっぱいでした(^^)
佑典くん、後2回半~前2回が復活!なのに途中のシリーズのラストで背中から落ちる!
田頭くん、脚に負担がかからないような構成。恭ちゃん無難に。今井くん、もうひとつ。

そんなこんなで、ゆかでも得点が伸ばせず。。。

次のあん馬は、1、2年生のDスコアが5.0~5点台前半
この種目を得意とする選手もいなかったので、最初から高得点は望めない内容でした。
日体のあん馬は出口、タツキ、山室、航平、寺尾くんが5点台後半~6.7←この時点で万事休す
ツインターボの2人がやらかしてもヘッチャラ!

恭一くんが公式練習で、ポメル掴みながら開脚旋回を見せてくれてまして注目の的!
なんか捻ってたような記憶もありますが、本番では失敗↓↓↓ 5.8 7.950
佑典くんも途中、馬に跨ってしまいワザを取ってもらえず想定外の得点でガックシ。

ラストのつり輪は、ポイントゲッターの田頭くんが静止時間が短かかったせいか?
Eスコアをもらえず 6.3 7.800 他の選手も精いっぱいの演技内容。
うーん、チームが若いので仕方ありません。。。

結局、優勝した日体大は遥か遠く、10点以上も離されての 2位。
3位だった日大との差が僅か1.4点とは・・・お尻に火が点いた状態だったんですね(大汗)

でもでも!

恭一くんの攻めの演技はチームを引っ張ろうという姿勢が見えて本当に頼もしかったです。
鉄棒のカッシーナ、伸身の姿勢が抜群だったのに~~惜しかった!

去年の無欲の優勝から一転、厳しい現実を見せつけられた団体戦になってしまいましたが
来年は有望な1年生が多数入ってくるので(内定している高校生が団席で応援していました)
強くて美しい順大の体操を継承して行ってくれることを願いたいです。

その前に秋には全日本の団体戦がありますね。この大会の反省点をしっかり修正し
更なる高みを求めて!日体大や社会人に食らいついて欲しいな~と思いました。

日体大に続く。。。


COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)