Fairy Tail

全日本ジュニア @ 横浜文体  男子一部Ⅴ班 前篇


2年に一度行われる国際ジュニアの代表決定戦でもある今年の全日本ジュニア。
横浜文化体育館へ、最終日だけ観戦に行ってきました。

週末の金曜日からはインカレが始まりますね。時程は明日のエントリーに記します。

班編成を見てビックリしたのが、去年はⅡ班だった池谷幸雄体操倶楽部
中3の神本兄弟をエントリーに加え、今年は一部最終班での演技!
強気のユッキイ理事・・・といっても実力は折り紙つきの双子くん達なので当然ですね。

同じく池谷体操倶楽部の女子・中学1年生!村上茉愛選手もすごい!
優勝した虹子ちゃんとは、ゆかの種目別優勝を分け合ってました。
代表クラスの高校生に混じって、中学1年が総合4位に入る大健闘。スエオソロシ…

話、戻しまして…

中学3年生選手の男子一部出場は、特にめずらしいことではないのですが
最終班にいることで、トップクラスの高校生にプレッシャーを与えていたかもしれない。

埼玉栄のAチームが5日目のⅣ班だったのも?ちょっとわからない。
今年は選手選抜が厳しかったのかな?

インハイのリベンジかかる清風と、2冠を目指す洛南との第二ラウンド。

清風は東昇くん不出場のハンデを吉岡横山くんを中心にカバーし合って。
洛南はインハイチャンプの瀬島くん、成長著しい垣谷くん&綿崎くんの安定感で勝負。
関西はエース福尾くんの堅実な演技&スペシャリストの菊池くんで点数を稼いで。

思い出せる範囲ですが、興味ある方、どぞ。





一種目めからかされました!!!

池谷体操倶楽部神本雄也選手。中3って、このあいだまで確か小学生だったのに…
こっちがボンヤリしてるうちに、子供はあっっという間に大きくなっています。

平行棒が無限大にすご過ぎる!

車輪ディアミ~ライヘルト~棒下宙~ティッペルトに屈身2回宙下りって!
シニア選手も顔負けな内容。Dスコアは6.0!
着地でお手付きしてしまってEがもらえませんでしたが、素晴らしかったです。
(ちなみに優勝した清風の吉岡くんもD-6.0)

鉄棒も途中から見たのですが、リバルコやってたかも。大逆手も柔らかそう。
種目別で唯一、上位に入っていましたね。ゆかの十字倒立も3回ひねりも鮮やかに。
あん馬は今回失敗してしまいましたが、まだまだこれから伸びシロがたくさん。
演技直前の集中時に、既に体操選手のオーラを醸し出しているのも素晴らしい。

もうホント楽しみ!怪我に気をつけて大らかに育って行って欲しいです。

で、一番注目していた関西菊池選手の跳馬!

ロペス(伸身カサマツとび2回ひねり)は、一番高い位置からキリモミ状態で軽い跳躍。
馬を突き放す力がそんなにないので距離は出ないのですが、とにかく高さがあって
一番上の位置で超高速で2回捻って、3回目は身体を開いて着地取ってた!

こちら、シニアの大会と同じ採点内規なのでプラス0.2。D-7.2 E-9.250
細身で伸身の姿勢が美しく、日体大のタツキくんに似ている体型。

ゆかがこれまたスゴイ。

一本目、うしろとびひねり前方伸身2回宙(F難度)!!!
仙大の宗像くんが東インカレで、降り際に半分ひねったヤツをやってましたけど
菊池くんは前向き着地で、伸身の姿勢が抜群で、めちゃめちゃ雄大。

二本目に伸身サルト(E難度)←よゆう

もったいなかったのが3個の宙返りシリーズの時、2つ目でバランス崩して3つ目で
尻モチ着いたみたい…(死角でよく見えなかった)前方系のひねりを焦っちゃったかな?

気持ち立て直して、フィニッシュは伸身ドッペル(D難度)←たかいっ

シリーズでワザを取ってもらえず、加点も付かなかったのかDスコアが下がって
しまいましたが、全部通れば6.2~3くらいあったかも…(残念)

体型を最大限に活かした雄大なゆか!
精度を増した、全部通った演技をもう一度観てみたいです。

でもでも、先輩のタツキくんも苦労してたようにつり輪が大変そう。。。(T-T)

今までの、脚力抜群な選手が持つ雰囲気とは一味違う選手といったカンジ。
是非、次の観戦機会に注目してみてください。新潟国体で観られるかな?

後篇へ。。。

COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)